差押え!?延滞金?分割納付?自動車税が払えないときの対応策4選

自動車税

車を購入したら毎年かかるのが自動車税。

軽自動車でも約1万円、普通自動車であれば、3万~4万円は当たり前にかかります。

自動車税を払わないと車検に通りませんし、期日までに払わないと延滞金もかかるので、なるべく払いたいものですが、手持ちのお金がないときに数万円の出費は痛いものです。

今回は、自動車税の支払いに頭を悩ませている人向けに自動車税の基礎知識や自動車税を滞納した場合の流れ、自動車税が払えないときの対応策について説明します。

そもそも自動車税とは何?いつ徴収されるもの?

自動車税とは

自動車税は毎年4月1日時点の車の所有者に請求される税金のことで、車を持っていれば、使用の有無を問わず必ず取られます。

税金の納付先は都道府県税事務所で、その年の4月から翌年3月までの1年間分の税金を5月末日の納付期限までに払う必要があります。

4月下旬から5月上旬にかけて納付書が車の所有者宛に届き、コンビニや銀行などの窓口で払うことが出来ます。

また、自治体によってはクレジットカード払いに対応しているところもあります。

自動車税はいくら?

自動車税いくら

自動車税は車の排気量によって変わります。排気量ごとの自動車税は下記の通りです。

なお、表中の営業用車というのはタクシーやバスなど人・貨物を運搬するために営業している車のことで、いわゆる緑ナンバーの車のことです。

基本的には自家用車の方を見てください。

排気量 自家用車 営業用車
1リットル以下 29,500円 7,500円
1リットル超1.5リットル以下 34,500円 8,500円
1.5リットル超2リットル以下 39,500円 9,500円
2リットル超2.5リットル以下 45,000円 13,800円
2.5リットル超3リットル以下 51,000円 15,700円
3リットル超3.5リットル以下 58,000円 17,900円
3.5リットル超4リットル以下 66,500円 20,500円
4リットル超4.5リットル以下 76,500円 23,600円
4.5リットル超6リットル以下 88,000円 27,200円
6リットル超 111,000円 40,700円

例えば、トヨタのヴィッツ・アクア・シエンタ、ホンダのフィット・フリード、日産のノート、マツダのデミオなどは排気量が1.3~1.5リットルなので自動車税は年間34,500円です。
トヨタのプリウス、ホンダのステップワゴン、日産のセレナ、排気量が1.8~2.0リットルなので自動車税は年間39,500円です。

なお、軽自動車の場合は自動車税は10,800円(自家用車)です。

これらの金額は毎年かかるものですから、車の維持費も結構かかるものですよね。

自動車税を滞納するとどうなる?

自動車税滞納

自動車税は毎年5月末を納付期限として払う必要がありますが、これを滞納するとどうなるのでしょうか?

自動車税を払わなかったときのリスクとしては下記があります。

  • 車検に通らない
  • 延滞税がかかる
  • 給料・口座・車などが差押えとなる

それぞれ詳細を説明します。

車検に通らない

自動車税を滞納すると車検に通りません。

車検の添付書類として、車検証、自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険の証明書)とともに、自動車税納税証明書が必要です。

自動車税納税証明書は納付から2~3週間程度経っていれば、税事務所で確認してくれるので不要となることもありますが、いずれにしても滞納した場合は、車検に通りません。

車検を受けずに車を運転した場合、下記の罰則を受けることになります。

  • 車検切れの車の運転:6カ月以下の懲役又は30万円以下の罰金&違反点数6点
  • 自賠責保険切れの車の運転:90日の免停と1年6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金&違反点数6点

合計すると最大80万円の罰金に加え、違反点数12点で90日以上の免停もしくは免許取消となります。

また、自賠責保険や任意保険に加入することが出来ませんから事故を起こしたときの賠償額が大変なことになります。

延滞税がかかる

自動車税を払わなかった場合、延滞税がかかります。

  • 納付期限から1ヶ月以内の場合:年率2.8%
  • 納付期限から1ヶ月経過した場合:年率9.1%

ただし、延滞税は1,000円未満は切り捨てとなるため、例えば、日産セレナの自動車税を8月末まで3カ月延滞した場合でも延滞税はかかりません。
(39,500円×2.8%×30÷365日+39,500円×9.1%×62÷365日≒701円)

1,000円を超えたときから延滞税が請求されます。なお、1,000円を超えた場合でも100円未満は切り捨てです。

少しぐらいの延滞であれば、延滞税はかからないのでこの点はそこまで気にする必要はありません。

給料・口座・車などが差押えとなる

自動車税の滞納で怖いのが差押えです。

自動車税を滞納し続けると、差押予告書が来た後、口座や給料、車の現物が差押えられます。

実際に差押え(もしくは予告書)が来た人は何人もいます。

差押えまでの流れとしては下記の通りです。

  1. 7月末ぐらいに再度納付書が来る(2回くることもあります)
  2. 8月~11月ぐらいに差押予告書が来る
  3. 予告書から1週間~数カ月で銀行口座・給料から自動車税を差押え
  4. 銀行口座に現金がなく、無職の場合、車の現物を差押え

差押えの前に都道府県から催促の電話やはがきが来ることもありますし、税事務所の職員から訪問されることもあります。

また、差押えの時期は都道府県によりまちまちです。法律的には、納付期限から1カ月経てば(6月末)差押えが出来るため、悪質と判断されれば、早期に差押えがあることもあります。

なお、差押えの前には給与等の調査が入りますので、職場にも滞納の事実が知られてしまいます。銀行口座に残高がなく、給与から差押えとなる場合は、税金や社会保険料、通勤費を差し引いた額の4分の1までが差押えの対象となります。

自動車税が払えない。どうする?

車検費用借りる

自動車税は3~4万円程度必要ですが、納付期限が決まっていますのですぐに用意しなくてはいけません。

ここでは、自動車税を払うお金がない場合の対応策を紹介します。

カードローン・キャッシングを利用する

自動車税を払うお金が足りない場合は、カードローン・キャッシングを利用するのが一番手っ取り早く、おすすめです。

当サイトでは即日融資できる金融機関を紹介していますので、まずはお金を借りて免許取得費用を支払い、お金が用意出来たら返済すればよいのです。

例えば、プロミスであれば10万円を1ヶ月間、最大金利の17.8%で借りた場合でも、利息は1,463円で、さらに30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)を実施していますので、負担は全くありません。

50万円までは収入証明書の提示が不要で、申し込んだ当日中にお金を借りることも可能です。

30日間無利息サービスを利用するのも賢くやり方ですし、スマホやパソコンから簡単な手続きで申し込めますから、とても便利ですよ。

クレジットカードで払う

一部の都道府県では、自動車税はクレジットカードで払うことが出来るのです。

東京都であれば、東京都自動車税お支払いサイト、その他の自治体ではYahoo!公金支払いで払うことが出来ます。

ただし、手数料がかかります。Yahoo!公金支払いは自動車税の納付1件につき324円、東京都は自動車税の金額により異なりますが、2万円以上3万円未満であれば157円、3万円以上4万円未満であれば315円です。

クレジットカード払いに対応している自治体は下記の都道府県です。

地方 都道府県
北海道・東北 北海道/青森県/宮城県/山形県
関東 東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/茨城県/栃木県
信越・北陸 新潟県
東海・近畿 岐阜県/静岡県/奈良県/和歌山県
中国・四国 鳥取県/岡山県/広島県/香川県
九州・沖縄 福岡県/佐賀県/長崎県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

もちろん、クレジットカードですので分割払いも可能です。

上記都道府県に住んでいる方で、手持ちのお金がない方はクレジットカード払いを試してみてください。

車を売る

そこまで車を使わないのであれば、車を売ってしまうのも一つの手です。

都市部ならば電車やバスで十分移動できますし、レンタカーやカーリースを使うことも出来ます。自動車税を一つの機会として車を売ってみてはいかがでしょうか?

車を売って、廃車の手続きさえ踏めば以降の自動車税は払う必要がないので、自動車税を少し安くすることが出来ます。現金も手に入るのでそのお金で自動車税を払ってしまいましょう。

なお、車は車検が切れた場合でも売ることはできます。出張査定が出来る車買取店で契約すれば、車をわざわざ店まで持っていく必要はないので、車検が切れたら車買取店に依頼して出張査定に来てもらいましょう。

都道府県税事務所に相談する

都道府県税事務所に電話もしくは直接訪問して、自動車税の支払いについて相談すれば、分割での支払い対応にしてくれて、差押えは待ってもらうことが出来ます。

現に自動車税を分割で納付(分納)している方は何人もいます。

どうしても支払いを待ってほしいという方は、都道府県税事務所に相談してみてはいかがでしょうか?

お金がなく、支払を待ってほしい旨を切実に訴えれば分納に応じてくれるはずです。

まとめ

自動車税の金額と自動車税を滞納したときの流れ、自動車税が払えない場合の対応策について説明しました。

自動車税は毎年かかるものです。少しぐらいの滞納なら延滞税も掛からず問題ありませんが、2~3カ月滞納すると、差押えに合う確率が高くなります。

手持ちに自動車税を払うお金なく、支払いに不安がある人はカードローン・キャッシングを利用するもの賢いやり方です。

多くの人が利用していますし、ネットからすぐ申し込めるので楽ですよ。