Paidyを滞納!ブラックリスト入り・裁判を避けるためにするべきこと

Paidy滞納

通販でとても便利なのが『Paidy(ペイディ)』

スマホさえあれば、欲しいものが今すぐ買えて、支払いは後で良いので、手元にお金がない人やクレジットカードを使いたくない人におすすめのサービスです。

便利なPaidy(ペイディ)払いですが、期限内にお金を払わなかったらどうなるのでしょうか?

『Paidyで買ったは良いけど、お金がなくて払えない。。』
『Paidyの代金払うのすっかり忘れていた!』

こんな方も多いですよね。

でも、実はPaidyの滞納を続けると裁判で訴えられてしまい、大変なことになるのです。

今回はPaidy(ペイディ)が払えないときの対処法や払えないときの流れをご紹介します。

ヒロ
Paidyを滞納すると、度重なる嫌な督促から始まり、ブラックリスト入りして家族にバレるうえに、最終的には裁判で訴えられて悲惨な目に会うことも。

滞納から最短2カ月程度でブラックリスト入りするため、早めの対応が必要です。

Paidyが払えない方、今現在滞納している方はぜひ参考にしてください。

Paidyの滞納をサクッと解決したい方へ

プロミス

今すぐPaidyの滞納を解決したいなら、年会費無料・最大30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要)のプロミスがおすすめです。

嫌な督促の電話や家族バレの悩みから今すぐ解放されて楽になります。

プロミスなら月々1,000円~での返済が可能で、自分のペースで返していけるので少しの利用ならば安心です。

Paidyの滞納が続きブラックリスト入り・裁判となる前にするべき行動

Paidy 滞納時にやるべきこと

Paidyカスタマーサポートに電話・相談する

滞納が続きそうになったら、まずはPaidyカスタマーサポートに相談をしましょう。

確実に払える日を連絡出来れば、ブラックリスト入りや裁判のような“おおごと”にならずに支払い期日を延長してもらえる可能性があります。

特に滞納から2か月立つとブラックリスト入りとなる可能性が高いので、すぐに電話しましょう。

滞納から2~4か月たって、弁護士に委託されてしまうと、相談先が弁護士になります。

その場合、確実に払える日を連絡出来ればよいですが、払えないようだと即裁判に訴えられる場合がありますのでご注意ください。

キャッシングでPaidyの代金を払う(無料で使える!)

Paidyを滞納すると生活に様々な悪影響が出る恐れがあります。

Paidy滞納に伴う悪影響

  • Paidyを利用できなくなる
  • 毎日のように何度も督促の電話やはがきが来る
  • 月1,000円以上の延滞手数料がとられる
  • ブラックリスト入りする
  • 親や家族に滞納やブラックリスト入りしていることがばれる
  • 裁判に訴えられる
  • 弁護士費用を含め高額な費用を請求される

手元にお金がない場合は、こうならないためにもキャッシングでPaidyの滞納分を払いましょう。

特に、既に滞納が続き、ブラックリスト入りが近い場合は、キャッシングでサクッと払った方が楽です。

キャッシングであれば、初回最大30日間無利息サービスがあるので給料日などにお金をすぐ返せば、ただでお金が借りられます。

Paidyの支払いに困った人でも今すぐにお金が借りれるので安心です。もちろん、申込手数料、年会費、入会金は一切かかりません。無料です。

月々の支払は2,000円から(5万円借りた場合)。これなら返せそうですよね。

『Paidyの支払いのために今すぐキャッシングしたい!』という方に特におすすめなのが、プロミスです。

プロミスの特徴と申込み方法

プロミス

まずおすすめしたいのが、プロミスです。

最大30日間無利息サービス(※)でお得
最短1時間融資!すぐに滞納分を払える
郵送物なし、カードなし。家族や友人に絶対ばれない
はじめての方に多く利用されており手続きが簡単

※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要

初めて利用する方であれば、30日間無利息でお金を借りることが出来るのが大きな魅力です。

テレビCMで宣伝している通り、初めてお金を借りるという方に多く使われているサービスですので、手続きが簡単でスマホからすぐに申し込めるのがポイントです。

Paidyの支払いのために急ぎで借りたいという人も、すぐに対応してくれます。

スマホだけですべて完結しますし、気を使ってすべて秘密にやり取りしてくれますので、親や友人にバレることはありません。

下記から簡単にプロミスに申し込めますので是非試してみてください。

\ 今すぐ滞納が解消できる! /

プロミスならば誰にもばれない

プロミスならばスマホだけで誰にもバレずにキャッシングできます。

全ての手続をスマホひとつで完結できるので、誰にも会うことはありません。

郵送物が一切ないので家族にバレることもありません。

さらには、手続きが完了すると、最短10秒で自分の口座に入金できますし、いつでも近くのコンビニから出金することもできるので、急いでいる方も安心です。

誰にもバレずに借りることができて、さらには初回最大30日間無利息サービスがあるので、給料日にすぐに返せば一切利息がかからずに使えるのです。

一番安心して利用できるのがプロミスです。

ヒロ
困ったときに頼りになるのがプロミスです。

主婦や学生でも収入があれば借りられて、スマホひとつでキャッシングできる優れものです。

さらに、初めてなら最大30日間無利息で使えます。お得ですね。

\ 誰にもバレずに借りられる! /

Paidyを滞納したときの督促の流れ

Paidy滞納時の流れ

Paidyは購入後の翌月指定日払いとなるので、支払日までは特に督促などがありません。

支払日を過ぎてから嫌な督促が始まります。

Paidyの滞納から裁判までの流れ

  1. 支払期日から数日後:初回の督促が来る
  2. 支払期日から約2週間後:定期的な督促が始まる&延滞手数料が取られる
  3. 支払期日から約2か月後:ブラックリスト入りする
  4. 支払期日から約3か月後:「法的措置」をとる旨の督促が始まる
  5. 支払期日から約4~6か月後:弁護士から督促がくる
  6. 支払期日から約6ヶ月後以降:裁判に訴えられる

次からそれぞれの詳細をご紹介します。

① 支払期日から数日後:初回の督促が来る

支払日を過ぎると、PaidyからSMS(ショートメール)で督促があります。

内容は『Paidyの支払期日を過ぎています。お支払いをお願いします。』という旨のものです。

最初はSMSだけで、電話もはがきも来ません。

② 支払期日から約2週間後:定期的な督促が始まる&延滞手数料が取られる

支払日からしばらく時間がたつと、更なる督促が行われます。

週1回程度、SMSやはがき・電話での督促が続きます。

支払いが終わるまでは何度でも督促が続きます。

さらには、督促の度に延滞手数料がとられます。

一ヵ月あたり1,000円以上の延滞手数料がとられることもざらですので、滞納が続くと損します。

③ ブラックリスト入りする

支払日から約2か月後になると、ブラックリスト入りしてしまいます。

ブラックリスト入りの影響

  • 携帯が契約できない
  • クレジットカードが作れない
  • 住宅ローン、マイカーローン、カードローンの審査落ち
  • 現在利用しているクレジットカードの利用停止
  • 部屋を賃貸する際の審査落ち

しかも、ブラックリスト入りすると、最低5年間は何をやっても消えることはありません。

ヒロ
ブラックリスト入りすると、生活がとても不便になります。

クレジットカードが利用できず、ローンの審査に落ちて、家を借りられない。。

何をしてでもブラックリスト入りだけは避けましょう。

④ 支払期日から約3か月後:「法的措置」をとる旨の督促が始まる

支払期日から3か月後になると、SMSやはがきに「法的措置」の言葉が登場します。

払わないと裁判に訴えるぞと脅してくるのですね。。

自宅に電話がかかってくることもあります。

ここまで来たら急いで対応した方がよいです。

⑤ 支払期日から約3~6か月後:弁護士から督促がくる

支払日から3~6か月後になると、Paidyから弁護士に委託します。

弁護士から直接督促の連絡が来るようになり、払わないと裁判を起こすように通告されます。

家族にも連絡がいくことがあり、家族に迷惑がかかります。

⑥ 支払期日から約6ヶ月後以降:裁判に訴えられる

さらに滞納を続けると、最終的には弁護士から裁判に訴えられます。

弁護士指定の簡易裁判所まで出廷を求められます。

利用者に非があるのは明白なので、裁判に訴えられると必ず敗訴します。

さらには、裁判費用(弁護士費用を含む)を負担させられるため、当初の商品代よりもかなり高く請求されることになるでしょう。

裁判になる前にお金を工面して払うことをおすすめします。

ヒロ
裁判になるとお金的にも負担が多くなりますし、ストレスが半端なくかかります。

「裁判」「法的措置」などの言葉が出てきたらすぐに払うようになんとかしましょう。

Paidyの滞納がすぐに解決できる

プロミス

今すぐPaidyの滞納を解決したいなら、年会費無料・最大30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要)のプロミスがおすすめです。

嫌な督促の電話や家族バレの悩みから今すぐ解放されて楽になります。

初回最大30日間無利息サービスがあるので給料日などにお金をすぐ返せば、ただでお金が借りられて安心ですね。

まとめ

ヒロ
Paidyを滞納すると、督促のメール・はがきから始まり、最終的には弁護士から裁判に訴えられてしまいます。

裁判に訴えられると、手間がかかるだけでなく、裁判費用を含めた当初よりも多くの金額の請求されますし、周りにバレてしまう可能性もあります。

督促の連絡に『法的措置』の言葉が出始めたら、お金を借りてでも代金を払った方が良いでしょう。

その場合、スマホ1つですぐにお金が借りれて、初回30日間利息が付かないプロミスを利用してみましょう。

滞納が長引く前に手を打つのが正解です。本記事を参考に、あなたに合った良い手段を検討してください。

\ 今すぐ滞納が解消できる! /