自動車保険が払えない!滞納時の流れと損しない対策とは。滞納2か月で強制解約へ

自動車保険滞納

『自動車保険の保険料が払えない。滞納してしまった。。』
『今月の自動車保険の支払い忘れていた。でも、口座に残高がほとんどない。。』

自動車保険を月払いにしている方はついつい支払いを忘れがちですよね。

事故にあったときの備えとして加入した自動車保険。

でも、『うっかり滞納してしまったけど、払うお金がない』、という方も多いのではないでしょうか?

自動車保険を滞納したままにすると、滞納中に起こした事故に対する保険金は払われませんし、次回保険を契約するときに等級が継続できず、保険料が信じられないほど高くなってしまいます。

さらに滞納を続けると、自動車保険が強制解約となり、以後自動車保険に加入できなくなる恐れがあります。

今回は、自動車保険の滞納から強制解約までの流れ、強制解約を回避するために取るべき行動などを紹介するとともに、滞納に関するよくある疑問についても回答します。

ヒロ
今回は自動車保険の支払いを滞納してしまって困っている方向けに、『滞納したときの流れ』『強制解約(解除)を回避する方法』を紹介します。

自動車保険を滞納すると、保険が強制解約されて保険料が大幅に高くなる上に、以後自動車保険に加入できなくなる場合も。

滞納から最短3カ月程度で裁判に訴えられるリスクがあるため、早めの対応が必要です。

自動車保険が払えない方、今現在滞納している方はぜひ参考にしてください。

自動車保険の滞納から強制解約までの流れ。猶予期間は2カ月間

自動車保険滞納流れ

事故のための備えとして加入するのが、自動車保険

万が一の備えの保険なので、滞納したとしても影響がないと思っている方もいるかもしれません。

しかし、自動車保険を滞納すると、事故を起こした場合に補償が受けられないことに加えて、今後の自動車保険の契約を断られる場合や契約できても保険料が倍以上の金額になる場合があります。

ここで、自動車保険を滞納後、督促を受けてから強制解約(解除)になるまでの流れをご紹介します。

自動車保険の滞納から強制解約(解除)までの流れ

  1. 滞納1カ月目:「猶予期間」で2ヶ月分払えれば保険は継続
  2. 滞納2カ月目:「猶予期間」で保険は継続。保険料を一括請求される
  3. 滞納3カ月目:自動車保険を強制解約(解除)される。以後、復活は不可能
  4. 滞納4カ月目~:債務不履行で裁判に訴えられる

それぞれの詳細を説明します。

① 滞納1カ月目:「猶予期間」で2ヶ月分払えれば保険は継続

自動車保険の保険料支払いは、月払の場合、通常払込月の当月末日が期限です。

払込期日である月末までに保険料が払えず、自動車保険の保険料を滞納すると、保険会社から郵便で督促通知(解約予告通知)が届きます。

そこには、滞納している金額や再振替の期日などが記載されています。

ただし、保険料を延滞してもすぐには解約となりません。

滞納分と当月の2か月分の保険料を払えば自動車保険は継続できます。

例えば、3月分の保険料を期日である3月31日に払えずに滞納した場合、4月30日までに2か月分の保険料を払えば、自動車保険は継続できます。

② 滞納2カ月目:「猶予期間」で保険は継続。保険料を一括請求される

滞納2カ月目になっても、まだ強制解約とならず、保険の契約は継続されます。

滞納後2カ月間は猶予期間として、保険は継続されるのです。

ただし、保険料は一括請求されて、滞納分に加えて、1年契約の期限までの残りの保険料を一括で払う必要があります。

また、この期間内には、督促状に加えて、電話での督促があります。

先ほどの例だと、3月分の保険料を期日である3月31日に払えずに5月まで滞納した場合、滞納した3月・4月分に加えて契約終了日までの保険料を一括請求されます。この金額を払うことが出来れば、自動車保険は継続できます。

③ 滞納3カ月目:自動車保険を強制解約(解除)される。以後、復活は不可能

それでも保険料の滞納を続けていると、滞納3か月目の月初(滞納してから2カ月後)に強制解約(契約解除)となります。

強制解約となった場合は、保険会社から強制解約を知らせる通知が届きます。

一方的に手続きが行われ、こうなると止めることはできません。

先ほどの例ですと、3月分の保険料を6月1日をもって強制解約となります。

④ 滞納4カ月目~:債務不履行で裁判に訴えられる

強制解約になってもそれで終わり、というわけではありません。

強制解約の後も、保険会社からの滞納分の保険料の請求が来ます。

滞納の回収は無理と見て諦める保険会社や滞納期間分の契約をなかったことにして請求しない会社もあれば、とことん回収を続ける会社もあります。

滞納分を回収する会社の場合、債務不履行で契約者を裁判で訴えて、最終的には給料や預貯金の差押えまで行う場合もあります。

自動車保険を滞納しそう!滞納した!損をしないために取るべき行動とは

自動車保険滞納取るべき行動

自動車保険を滞納しそうなときに取るべき対策を紹介します。

自動車保険の見直し

一番のおすすめは、自動車保険を見直し、割安な別の保険会社に変更することです。

月々の保険料を安くすることで保険料の支払い負担を減らせればよいですよね。

特に、インターネットで見積・契約するダイレクト型の自動車保険であれば、保険料が安く済みます。

有名どころだと、チューリッヒ、アクサダイレクト、イーデザイン損保、SBI損保などがあります。

昔ながらの代理店型自動車保険は、フォローサービスが充実している一方で、保険料はどうしても高いです。

自動車保険一括見積もりを使えば、自分自身で各社に連絡しなくても、最大20社から見積結果がメールで届くので、とても楽です。

その中から一番安い自動車保険を選べば、今加入している自動車保険から2~3万円安くなる可能性が高いです。

自動車保険を少しでも安くしたい方は自動車保険一括見積もりに申し込んでみましょう。

スマホやパソコンから5分程度で簡単に手続きできますし、完全無料なので、やらないと損しますよ。

\ 自動車保険が2~3万円安くなる!無料!! /

自動車保険の解約(中断)

支払いまでに時間がない人や手持ちのお金がない人におすすめなのが、現在加入している自動車保険を解約することです。

滞納する前に解約をすれば、督促状も届きませんし、督促の電話もありません。

保険会社から強制的に解約されるのと自分で解約をするのとでは、その後の対応に大きな違いが生まれます。

自分から解約して中断証明書を取得すれば、自動車保険の等級を引き継ぐことができます。

解約後にお金をためて、次の割安な保険を探せば良いのです。

ただし、現在の保険を解約してから次の保険に加入している間、事故を起こしても補償は受けられないので注意が必要です。

車を売る

そこまで車を使わないのであれば、車を売ってしまうという手もあります。

レンタカーやカーリースで間に合わせる方が安い場合が多いですし、都市部ならば電車やバスを使えば生活に困ることはないでしょう。

車を売って、廃車の手続きさえ踏めば、自動車保険は払う必要がありませんし、多額の現金が手に入るので生活が潤います。

車の一括査定を申し込めば、自宅で待っているだけで査定してくれますし、複数の業者が査定をしてくれるので、競争させてより相場より高い値段で売ることが可能です。

査定だけならば無料ですので、買取金額を教えてもらってから本当に売るかどうか検討しても大丈夫です。自動車保険が切れた車でも全く問題なく売ることができます。

下記のリンクから簡単に車の一括査定に申し込めますので是非試してみてください。

\ どこよりも高く売れる!無料で査定!! /

お金を借りて自動車保険を支払う

既に保険料を滞納している方や期日が近い方は、お金を借りて自動車保険の滞納料金を払う方法もあります。

自動車保険滞納に伴う悪影響

  • 自動車保険を強制解約(解除)される
  • 事故を起こしても保険料が払われない
  • 滞納分の督促の電話が鳴り響く
  • 自動車保険に永久に加入できなくなる
  • 裁判に訴えられる

このような事態を回避するために、お金を借りてでも自動車保険を払った方良いでしょう

特に、既に滞納してしまって強制解約が近い場合は、お金を借りてでも保険料を払い、強制解約を回避した方が良いでしょう。

親や友人など頼れる人がいれば、お願いしてお金を借りてみましょう。

身近に頼れる人がいない場合は、カードローンを使ってみましょう。

最近のカードローンは最短30分で審査が完了し、初回最大30日間無利息サービスがあるので自動車保険の支払いに困った人でも今すぐにお金が借りれてサービスが良いのが特徴です。

『保険料の支払いのために今すぐお金を借りたい!』という方には、『アコム』『SMBCモビット』がおすすめです。

アコムの特徴と申込み方法

アコムの特徴としては下記の3点です。

初めての方は最大30日間無利息サービス
最短30分で審査完了!夜間・土日休日、即日融資も可能
スマホのみで来店不要!自宅・外出先で手続きOK

アコムを初めて利用する方であれば、30日間無利息でお金を借りれるのが大きな魅力です。

『すぐにお金を借りたい』という方に評判が良く、スマホやパソコンから簡単に申し込めますし、申し込みからお金の借入れまでスピーディに対応してくれます。

下記のリンクから簡単な手続きでアコムに申し込めますので是非試してみてください。

\ 最大30日間無利息サービス!! /

アコムの特徴と申し込み方法を下記のページで解説していますので参考にしてください。

最短1時間スピード融資!アコムのおすすめポイントと審査の詳細

SMBCモビットの特徴と申込み方法

SMBCモビット

『家族や職場にばれたくない』という人や『一切電話をかけてほしくない。』という人におすすめなのがSMBCモビットです。

SMBCモビットの特徴としては下記の3点です。

わずか10秒で簡易審査結果表示!スピード審査
WEB完結なら電話連絡なし・郵送物なし
スマホ・パソコンで簡単申込み

SMBCモビットの一番の特徴は電話連絡がないことです。WEB完結申込を使えば、電話連絡や郵送物がないため、家族や職場に全くばれずにお金を借りることが出来ます。

10秒簡易審査機能で審査手続きがスピーディーで申し込んだ当日にお金を借りることも可能です(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の借入れとなることもあります)。

申込みも簡単でスマホやパソコンから数分で申し込むことが出来ます。

下記のリンクから簡単にSMBCモビットに申し込めますので是非試してみてください。

\ 絶対にばれない!! /

誰にもばれないSMBCモビットで今すぐ借りたい人向けに、SMBCモビット 即日融資の方法を下記の記事にまとめています。是非参考にしてください。

SMBCモビットで即日融資を受ける方法は3つ!申し込みの流れは?何時までに申し込むべき?

自動車保険を滞納し続けたときのリスク

自動車保険滞納時のリスク

自動車保険を滞納し続けた場合、保険が強制解約(解除)となるだけではありません。

今後の生活に悪影響を及ぼすようなリスクがあるのです。

事故を起こしたときに多額の賠償金が請求される

自動車保険に入っていなくても自賠責保険に入っているから大丈夫と考えている方もいることでしょう。

自賠責保険とは、車を持っている人に加入が義務付けられている保険で、車検時に車検費用と一緒に自賠責保険料を払います。

自賠責保険の補償条件は下記の通りです。

  • 死亡事故:上限3,000万円
  • 後遺障害が残る事故:上限4,000万円
  • 障害事故:上限120万円

※参考:国土交通省 自賠責保険ポータルサイト

自賠責保険の上限金額が少ないため、交通事故を起こしたときの補償が全く足りません。

億単位の賠償が求められるような事故(死亡事故や相手に後遺症が残るような事故)を起こした場合には、補償が足りず、今後の生活の全てを返済に充てる必要があるでしょう。

また、自損事故には保険が適用されないため、自身で事故を起こした場合には今後の生活が成り立たなくなります。

交通事故を起こしたときの備えとして、必ず任意保険に加入した方が良いです。

次の自動車保険に再契約できない

自動車保険の保険料支払いを滞納した挙句に強制解約をされた場合、新たに自動車保険に再契約するのが難しくなります。

強制解約された保険会社との再契約はまず不可能

強制解約された保険会社との再契約はまず不可能です。

再契約をしたことで同じことになるのは目に見えているからです。

保険会社内で要注意人物としてリスト化されているため、門前払いを受けるでしょう。

別の保険会社との契約もハードルが高い

強制解約された会社とは別の保険会社であれば、自動車保険の契約ができる可能性があります。

ただし、契約を断られる保険会社が多いですし、契約できても一括払い(年払い)しか受付けない可能性が高いです。

まず、自動車保険の申込書には前に契約していた自動車保険が強制解約されたかどうかを記す箇所があります。

強制解約された事実を告知した段階で、契約を断られる保険会社もあるでしょう。

また、強制解約されると、これまで積み上げてきた等級がご破算となり、再び6等級からスタートしなければなりません。

このため、自動車保険の保険料が驚くほど高くなります。

高額な保険料ならば月払いを希望する方もいるでしょうが、まず断られます。

月払いという負担の少ない支払方法でさえ滞納した人ですので、信用はがた落ちです。

年払いでしか保険料の支払いを受け付けてくれない場合が多いです。

滞納分の支払いを求めて裁判に訴えられる可能性がある

滞納を続けて強制解約になった場合でも、滞納分の自動車保険料の請求が来ます。

契約解除になった場合には滞納分を請求しない保険会社も多いですが、一方でとことん回収を続ける保険会社もあります。

滞納分を回収する会社の場合、契約者を裁判で訴える場合があります。

裁判となったら大変な事態となりますので、そうなる前に払った方が良いでしょう。

自動車保険を滞納した場合に良くある質問

自動車保険滞納良くある質問

自動車保険滞納時に事故を起こした。補償は受けられる?

滞納時に事故を起こした場合、猶予期間(滞納後2カ月間以内)であれば補償は受けられます。

ただし、滞納分の保険代を払うことが条件です。

猶予期間(滞納後2カ月間)を過ぎて強制解約となると、一切補償を受けることはできません。

なお、自動車についている自賠責保険については、任意保険の滞納があっても補償を受けられます。

しかし、自賠責保険の補償は全て相手方に対する補償であり、自分の損害については補償されません。

また、自賠責保険の補償金額は最高でも4,000万円で、1億円も珍しくないほど高額化した賠償金にはとても対応できません。

自動車保険を滞納した場合、ブラックリストに載る?載るならどの時点で?

自動車保険を滞納した場合、『クレジットカードやカードローンの滞納と同じようにブラックリストに載るのでは』、と心配する方もいるかもしれません。

しかし、ご安心ください。自動車保険の保険料の滞納でブラックリストに載ることはありません。

一般的にブラックリストというと、クレジットカードや住宅ローン、カードローンなど、お金の借入に関するものです。

保険契約は借金とは異なるため、借金に関するブラックリストに掲載されることはありません。

自動車保険を滞納してもクレジットカードや住宅ローン、カードローンの契約はできます。

ただし、自動車保険業界内では、無事故・事故確認制度と呼ばれる利用者の等級や事故歴、解約履歴のデータを共有する制度があります。

保険料滞納で強制解約となった場合、履歴が残りますので、保険会社は強制解約となった事実を簡単に調べることが出来るのです。

このため、強制解約を理由に自動車保険の申し込みを断わられる可能性はあります。

まとめ

ヒロ
自動車保険は滞納後2か月間で強制解約となります。

強制解約となった場合、等級が下がり、保険料が大幅に上がります。また、次の自動車保険に加入できなくなる場合があります。

保険料の滞納で損をしないためにも、自動車保険一括見積もりを使って自動車保険の見直しを行いましょう。

思い切って自動車保険を解約したり、車を売るのも一つの手です。

ただし、既に滞納してしまっている場合は、お金を借りてでも強制解約を回避した方が良いでしょう。

その場合、スマホ1つですぐにお金が借りれて、初回30日間利息が付かないアコムSMBCモビットなどのカードローンの利用も検討してみましょう。