学校の給食費が払えないときの最悪な結末と給食費を払うための対応策

給食費払えない

学校の給食費は月々4,000円~6,000円程度が一般的です。

月々の費用はさほどでもありませんが、積み重なると結構な負担です。

特に家賃、電気・水道代、保険代、スマホ代、税金、自動車ローンなどなど、支払うべき費用が多い月にはどうしても給食費の支払いを後回しにしたくなるものです。

給食費であれば、少しぐらい滞納しても大丈夫と思っている方もいると思います。

しかし、給食費を滞納すると、裁判に訴えらえたり、子どもがいじめられることもあり得るのです。

そこで今回は、給食費が払えなかった場合にどうなるかとともに、どうしても給食費が払えないときにとるべき行動についてもご紹介します。

また、実際に給食費を滞納してしまった方が給食費を払えるようになるまでの体験談も掲載します。

給食費が払えないどうなる?

給食費払えないとどうなる?

かつて、給食費の支払いは子供に持たせて学校で支払うのが一般的でした。

しかし最近では、給食費の支払いを口座引落にしている学校がほとんどです。

そのため、うっかり口座の残高不足でも給食費未納となることもあります。

給食費が払えなかった場合、最悪のケースでは、給食が出ない、裁判で訴えられる、子どもがいじめられるということが起こりえます。

もちろんいきなりそのような状況になるわけでなく、通常は以下のような流れをたどっていきます。

  1. 先生から連絡が来る
  2. 先生・教育委員会から家庭訪問される
  3. PTAや学校懇親会などの会合の場で催促される
  4. 給食が支給されなくなる
  5. 裁判に訴えらえれる

1.先生から連絡が来る

給食費を払っていないと、まず先生や学校の事務員(会計担当者)から連絡があります。

電話やメールで親に直接連絡が行くこともあれば、子どもに「給食費未納のお知らせ」の手紙を持たせることもあります。

2.先生・教育委員会から家庭訪問される

それでも給食費を支払わないと、『うっかり入金を忘れた可能性は低い』と判断されます。

先生や学校の事務員、教育委員会の人から家庭訪問をされます。

家庭の経済状況を把握するとともに、給食費の支払いを再度依頼されます。

3.PTAや学校懇親会などの会合の場で催促される

家庭訪問をしても一向に支払わない場合、先生は次の手を打ちます。

PTAや授業参観、学校懇親会などで親が学校を訪れる際、先生から給食費未納の人がいる旨を言われます。

多くの親がいる中で給食費未納者の存在をアピールすることで、滞納者にプレッシャーをかけるのです。

4.給食が支給されなくなる

それでも給食費を支払わないと、親だけではなく被害は子どもにまで拡大します。

「まさか」と思う方もいるでしょうが、子どもに給食が支給されなくなるのです。

実際に埼玉県北本市では、3か月以上給食費を滞納する家庭の生徒に対しては、給食を提供しない方針を取っています。

参考:【ニュース】埼玉・北本市の公立中学、給食費3か月未納で提供停止へ

5.裁判に訴えらえれる

しかし、全ての自治体で給食費未納による給食停止を行なっているわけではありません。

その代わり、支払督促の裁判を起こされる可能性があります。

兵庫県三田市では、給食費滞納に際して実際に裁判を起こしています。

参考:学校給食費の滞納がある人へ法的措置を開始しました

給食費が払ってないことは周りにばれる?子どもはいじめられる?

給食費払えないとばれる?

給食費を払いたくても払えない親が最も心配するのは、周囲にばれることではないでしょうか。

周囲にばれると、周りの親との関係が気まずくなるのはもちろんのこと、子どもがいじめられることもあり得ます。

基本的にはばれないように配慮してくれる

プライバシー保護もあり、基本的には給食費未納の事実はばれないように配慮してくれます。

未納の連絡も、他の保護者や児童にはばれないような方法で行なってくれます。

未納期間が長引くとばれる可能性もあり得る

ただし、未納期間が長引くと周囲にばれる可能性は高くなります。

先生や教育委員会による家庭訪問、学校での親の集まりの場で未納者がいることの発表などにより、他の親から推察されてしまう可能性があります。

周りの親にばれることを契機として、子どもがいじめられる可能性も否定できません。

どうしても滞納してしまった場合には、滞納期間をなるべく短くした方が良いでしょう。

給食費が払えない。どうすればよい?

給食費払えないときどうする?

給食費が払えないのをそのままにしておいてはいけません。

先ほど説明した通り、滞納が長引くと、周りにバレたり、子どもがいじめを受ける可能性が高くなるからです。

ここからは、給食費が払えない際の対策を紹介しましょう。

先生に相談する

まずは、学校の先生に相談しましょう。

できるだけ早い段階で相談するのがベストです。

先生に相談をすると、まず後ろめたい気持ちがなくなります。

そして、給食費支払いの猶予をしてくれる可能性が高いです。

相談する際には、家庭がどんな状況でいつだったら払えるのかを明確にしておくと、先生も様々な対策を取れます。

就学援助制度を利用する

収入が少なくて支払える目途が立たない場合は、就学援助制度を活用しましょう。

就学援助制度は、学校教育法第19条(経済的理由によって,就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない)に基づき、実施されています。

生活保護を受けている人や家族全員の収入が自治体が認める基準以下の人が対象で、自治体が学校にかかわる様々な費用を援助してくれます。

給食費以外にも文房具、体操服、修学旅行費、クラブ活動費、PTA会費など細かな費用まで全て自治体が補助してくれるのです。

援助を希望する方は、就学している学校経由で申し込んでください。

申請書(各小中学校にある)、収入証明書類、児童扶養手当証書(児童扶養手当を受けている人のみ)などが必要です。

カードローンを利用する

『先生に相談したものの、払う目途がつかず、滞納期間が長くなってきた』

『就学援助制度の対象になれなかった。』

こんな方はカードローンを利用して一旦給食費を払ってしまうのがおすすめです。

カードローンを使えば、ある程度まとまった金額を借りられますし、毎月の支払いはきつくありません。

スマホで申し込めば、最短30分で審査が完了し、すぐにお金を借りることができます。

特に滞納期間が長くなってきて、先生や事務員からの督促が苦になっている方、給食を止められそう方、裁判を起こされそうな方などはカードローンを使って払ってしまって楽になりましょう。

給食費の支払いのために、お金を借りたい人には、アコムSMBCモビットがおすすめです。

アコムの特徴と申込み方法

アコムの特徴としては下記の3点です。

初めての方は最大30日間無利息サービス
最短30分で審査完了!夜間・土日休日も即日融資受付
50万円以下ならば本人確認書類のみで借入れOK

アコムを初めて利用する方は最大30日間無利息サービスで無料でお金を借りることが出来ますし、スマホやパソコンからすぐに申し込むことが出来ます。

『すぐにお金を借りたい』という方に評判が良く、申し込みからお金の借入れまでスピーディに対応してくれます。

下記のリンクから簡単な手続きでアコムに申し込めますので是非試してみてください。

アコムの特徴と申し込み方法を下記のページで解説していますので参考にしてください。

最短1時間スピード融資!アコムのおすすめポイントと審査の詳細

2016.05.24

SMBCモビットの特徴と申込み方法

『家族や職場にばれたくない』という人や『一切電話をかけてほしくない。』という人におすすめなのがSMBCモビットです。

SMBCモビットの特徴としては下記の3点です。

わずか10秒で簡易審査結果表示!スピード審査
電話連絡なし・郵送物なし
スマホ・パソコンで簡単申込み

SMBCモビットの一番の特徴は電話連絡がないことです。WEB完結申込を使えば、電話連絡や郵送物がないため、家族や職場に全くばれずにお金を借りることが出来ます。

10秒簡易審査機能で審査手続きがスピーディーで申し込んだ当日にお金を借りることも可能です(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の借入れとなることもあります)。

申込みも簡単でスマホやパソコンから数分で申し込むことが出来ます。

下記のリンクから簡単にSMBCモビットに申し込めますので是非試してみてください。

誰にもばれずにお金を借りるたい人は、SMBCモビットでばれずに借りる方法について下記の記事にまとめていますので是非参考にしてください。

絶対にバレない!SMBCモビットを内緒で借りる方法とは

2016.10.20

【体験談】給食費を滞納してしまった方が給食費を払えるようになるまでの実体験

給食費払えないときどうする?
年齢 性別 子どもの学年 年収
20代後半 女性 小学2年生 270万円

私はシングルマザーなのですが、給料が安く、いつも生活はギリギリで貯蓄はできない状態でした。

支払いが多い月にはどうしても給食費にまでお金が回らなく、1度給食費を3か月間払えず15,000円を滞納してしまいました。

まずは、滞納2カ月目に子どもが学校から封筒を頂いてきて、督促を受けました

しかし、それでも本当に払えなくて、その後先生に会いに行き、『今は払えないが、再来月には払える』旨を説明しました。

少し嫌な顔をされましたが、なんとか理解してくださいました。

そこから猶予があるうちになんとかお金を工面しなければと思いました。生活費を切り詰めて節約したのですが、それでもわずかに足りなかったので、家のそばにあったアコムに頼ることにしました。

30日間利息がつかないと張り紙があったので、一旦お金を借りて30日以内に返そうと思ったのです。

実際は少し利息がかかるくらいにはなってしまいましたが、なんとかお金をためて返せました。

給食費の滞納で子供に恥ずかしい思いをさせたので、以後は生活を切り詰めて期日に払うように調整しています。

まとめ

給食費を滞納すると、様々なデメリットがあります。

給食停止や裁判に至るケースもあるほか、ばれてしまいお子さんがいじめられる可能性もあります。

期日通りに支払えない場合は、まず先生に相談をして猶予してもらい、制度の活用やカードローンの利用も念頭においてください。

特に滞納が2~3カ月にわたってしまった場合は危険です。すぐに先生に相談しましょう。