結婚式のご祝儀が払えない!金欠でご祝儀のお金がないときに今すぐできる対処方法

ご祝儀借りる

友人や同僚、親族などの結婚式に呼ばれたら準備しなければならないのが『ご祝儀』

相手との関係や自身の年齢にもよりますが、数万円程度を用意しなければならず、給料日前や出費が重なる時期だと準備に困ることもありますよね。

特に、同時期にいくつかの結婚式が重なるととても困ります。

『金欠でご祝儀が払えない、でも大切な友人・親族の結婚式に出席したい』
『結婚式間際で今から断わるのは難しい』

こんな方に向けて、ご祝儀が払えない場合の今すぐできる対処方法をご紹介します。

ご祝儀で悩んでいる方へ

プロミス

結婚式に気持ちよく出席したいなら、年会費無料・最大30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要)の大手のカードローンを使ってみませんか?

ご祝儀の悩みから今すぐ解放されて楽になります。

プロミスなら月々1,000円~での返済が可能で、自分のペースで返していけるので少しの利用ならば安心ですよ。

まずはアプリで詳細を見てみる方はこちらへ

ご祝儀を用意するお金がないときの対策

ご祝儀 払えない

給料日前や結婚式が重なり、手持ちのお金がないときはどうすればよいのでしょうか?

ここではご祝儀のお金がないときの対応策を紹介します。

  • 結婚式を欠席する(前もって連絡する)
  • 2次会だけ出席する
  • 親・兄弟(姉妹)に借りる
  • カードローンを利用する

結婚式を欠席する(前もって連絡する)

事前にお金がないとわかっているときは、結婚式のお誘いが来た時点で断りましょう。

ただ、新郎新婦との関係性を損なわないように、欠席の理由をきちんと考えておきましょう。

『当日どうしても外せない仕事の予定がある』
『親戚の結婚式と重なったしまった』
『身内の法事法要がある』
『自身(家族)の体調不良』

これらの理由であれば、相手に不快に思われずに欠席することができるでしょう。

今後も新郎新婦と仲良くしたいのであれば、招待された以上、ご祝儀だけ1万円包むプレゼントを渡すなど何らかのお祝いをするのがおすすめです。

ただ、親戚や親友など関係性が高い場合は、欠席はなかなか難しいですね。その場合はなんとかお金を工面した方が良いでしょう。

キャッシングでご祝儀を払う(無料で使える!)

大事な友人・親族の結婚式を欠席したり、ご祝儀を渡さなかったりすると後々の人間関係に悪影響を及ぼすことがあります。

結婚式欠席に伴う悪影響

  • 新郎新婦に後からネチネチと文句を言われる
  • 新郎新婦との関係性にヒビが入る。最悪縁が切れることも
  • 新郎新婦との共通の友人との集まりに呼ばれなくなる
  • 将来自身の結婚式に呼べる友人・親族がいなくなる

手元にお金がない場合は、こうならないためにもキャッシングでご祝儀を払いましょう。

特に、親友・親族の結婚式の場合、キャッシングでサクッと払った方が今後の人間関係で損をしません

キャッシングであれば、初回最大30日間無利息サービスがあるので給料日などにお金をすぐ返せば、ただでお金が借りられます。

結婚式の日が近づいていてご祝儀の支払いに困った人でも今すぐにお金が借りれるので安心です。もちろん、申込手数料、年会費、入会金は一切かかりません。無料です。

月々の支払は2,000円から(5万円借りた場合)。これなら返せそうですよね。

『ご祝儀の支払いのために今すぐキャッシングしたい!』という方に特におすすめなのが、プロミスです。

プロミスの特徴と申込み方法

プロミス

まずおすすめしたいのが、プロミスです。

最大30日間無利息サービス(※)でお得
最短1時間融資!すぐに滞納分を払える
郵送物なし、カードなし。家族や友人に絶対ばれない
はじめての方に多く利用されており手続きが簡単

※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要

初めて利用する方であれば、30日間無利息でお金を借りることが出来るのが大きな魅力です。

テレビCMで宣伝している通り、初めてお金を借りるという方に多く使われているサービスですので、手続きが簡単でスマホからすぐに申し込めるのがポイントです。

ご祝儀のために急ぎで借りたいという人も、すぐに対応してくれます。

スマホだけですべて完結しますし、気を使ってすべて秘密にやり取りしてくれますので、親や友人にバレることはありません。

下記から簡単にプロミスに申し込めますので是非試してみてください。

\ 今すぐご祝儀が用意できる! /

まずはアプリで詳細を見てみる方はこちらへ

プロミスならば誰にもばれない

プロミスならばスマホだけで誰にもバレずにキャッシングできます。

全ての手続をスマホひとつで完結できるので、誰にも会うことはありません。

郵送物が一切ないので家族にバレることもありません。

さらには、手続きが完了すると、最短10秒で自分の口座に入金できますし、いつでも近くのコンビニから出金することもできるので、急いでいる方も安心です。

誰にもバレずに借りることができて、さらには初回最大30日間無利息サービスがあるので、給料日にすぐに返せば一切利息がかからずに使えるのです。

一番安心して利用できるのがプロミスです。

ヒロ
困ったときに頼りになるのがプロミスです。

主婦や学生でも収入があれば借りられて、スマホひとつでキャッシングできる優れものです。

さらに、初めてなら最大30日間無利息で使えます。お得ですね。

\ 誰にもバレずに借りられる! /

まずはアプリで詳細を見てみる方はこちらへ

2次会だけ出席する

2次会であれば、会費制で数千円で済むので大きな出費とならないでしょう。

結婚式のお誘いが来たら、結婚式は予定があるため出席できず、2次会だけ出席する旨を伝えましょう。

ただし、せっかくのお誘いを断ることになるので、今後の人間関係に影響がでないかをきちんと確認しましょう。

結婚式を断る理由も絶対にバレないものを考えないといけません。

親・兄弟(姉妹)に借りる

頼れる親、兄弟(姉妹)がいる場合は、親・兄弟(姉妹)にご祝儀のお金を借りましょう。

ご祝儀の金額3万円だけ、給料が出たらすぐ返すなどと約束すれば借りることが出来るでしょう。

結婚式が重なって今月だけお金が足りない、と話をすれば、怪しまれずに借りることが出来るのではないでしょうか?

ただし、『手持ちに数万円もないのか?』と生活に怪しまれたり、『こんなことでお金を借りるな』親・兄弟(姉妹)から説教をされる場合がありますので、ご注意ください。

金欠でご祝儀が払えない!こんなときにやってはいけないこと

金欠でご祝儀が払うお金がない。こんなときでもやってはいけないことが3つあります。

  1. ご祝儀なしで結婚式に参加する
  2. 直前に結婚式の欠席の連絡をする
  3. 少額だけど出せる金額だけ包む

ご祝儀なしで結婚式に参加する

ご祝儀なしで結婚式に参加するのは一番やってはいけないマナー違反の行為です。

新郎新婦側は、会場費、飲食代や引き出物など出席者1人あたり2万円以上のお金を払っています。

ご祝儀なしに結婚式に参加するのは、無銭飲食と同じ行為なのです。

新郎新婦側から後で請求される場合もありますし、非常識な人とみなされて、今後の縁を切られる場合があります。

ご祝儀なしに結婚式に参加するのは絶対にやめましょう。

夫の友達(と思って披露宴に招待した人間)1名だけどう確認してもご祝儀を出してくれてなくて、本人の前に共通の友人に聞いたら『実は俺の時もご祝儀袋が中身カラで…確認したら濁されてそのまま…』と。常習犯らしいことが判明。

私、怒り心頭。
なんで来るんだよ、そんなんなら出席自体断ってくれよ。
(中略)
数万円で友人との関係を永遠に失うこともわからないなんて馬鹿なやつです…

直前に結婚式の欠席の連絡をする

結婚式場によって異なりますが、結婚式の2週間前ぐらいまでには人数を確定しなければいけません。

2週間を過ぎると、相手方が結婚式に来れなくても、新郎新婦側は会場費、飲食代や引き出物などのお金を払わなくてはいけないのです。

直前の欠席の連絡は、新郎新婦側に負担をかけてしまうだけの最悪な手段です。

新郎新婦側に絶縁されてもおかしくはないでしょう。

なお、理由があって直前にキャンセルをする場合は、お詫びとともに、別途ご祝儀を渡すのがマナーです。

少額だけど出せる金額だけ包む

出せる金額だけご祝儀に包むのは避けた方がよいです。

例えば、1万円だけ包むという意見を良く耳にしますが、それでは新郎新婦側が赤字になってしまいます。

新郎新婦からご祝儀が少なかったことを契機に悪口を言われたり、関係を切られたりすることもあります。

どんなに少なくても2万円は出したほうがよいでしょう。

親友2人からのご祝儀が1万円でした…。

家に帰りご祝儀を開けると1万円だけ入っていました。
普通3万じゃないの??と思いました。
(中略)
結婚式から今日まで2人とは連絡を取っていません。

ご祝儀とは?ご祝儀を渡すタイミングについて

ご祝儀とは?

ある程度の年齢になると友人や同僚、親族の結婚式に招待されることが多くなるのですが、結婚式に出席したことがない方や結婚式に出席するのが久しぶりという方もいるかと思います。

結婚式のご祝儀に知識がない方や忘れている方もいると思いますのでここで紹介します。

ご祝儀とは

結婚式のご祝儀とは結婚式のときにお祝いの意味を込めて新郎新婦に対して渡す金品のことです。

ご祝儀袋と呼ばれるご祝儀を入れる封筒に入れて持参します。

結婚式のご祝儀には出席者が受けるもてなしの費用を出席者自身が負担するという意味があり、ある程度の金額は必ず包む必要があります。

会場の規模にもよりますが、結婚式にはとてもお金がかかり、都市部であれば一人当たり3万以上のお金がかかります。

ご祝儀を渡さず結婚式に参加するのは失礼でもありますし、新郎新婦に金銭的に大きな負担となることから、今後新郎新婦との縁が切れるかもしれません。

結婚式に呼ばれたら必ずご祝儀を持参するようにしましょう。

結婚式の流れとご祝儀を渡すタイミング

通常、結婚式では挙式と披露宴の2つを行います。挙式の後に披露宴という流れです。

挙式とは、新郎新婦が結婚を誓い合う儀式のことで、例えばキリスト教式であれば、ウェディングドレスを着て神父の前で結婚を誓約し、指輪を交換します。

他にも神社で和装で行う神前式や列席者の前で新郎新婦自ら結婚を誓約する人前式などがあります。

披露宴は友人や同僚、親族など親しい人に結婚した姿を披露するパーティです。食事やお酒をふるまい、スピーチや余興などを行い、新郎新婦と出席者が共に楽しみます。

結婚式は、挙式と披露宴をセットにして同一日に行うことが多く、挙式を30分~1時間程度行った後に、披露宴を2時間~3時間程度行うというのが一般的です。

ご祝儀を渡すタイミング

ご祝儀は挙式終了後、披露宴の前の受付で渡すものです。

披露宴の会場に入る前には必ず受付を行います。新郎新婦の家族や友人が受付係をしていますので、「この度はおめでとうございます」と声をかけてご祝儀を渡します。

ご祝儀を渡した後は自身の名前を記帳します。

小規模な披露宴で受付がない場合は、新郎新婦のご両親、または新郎新婦に直接手渡します。

ご祝儀の相場

ご祝儀相場

ご祝儀は新郎新婦との関係性や本人の年齢により異なります。下記に相場を掲載します。

これらはあくまでも相場であり、新郎新婦との親密度によって金額は変えても構いません。

ただし、あまりにも少ない金額だと結婚式の費用の足しにならないので(食事代や引き出物代などで赤字になる)、考慮した方がよいです。

4万円や9万円など4や9の不吉な数字がつく金額は厳禁です。

また、4万円、6万円、8万円など偶数の金額も割り切れるということで別れを意味することから避けた方が無難です。

本人が20代の場合

友人・知人 3万円
同僚・同期 3万円
上司・先輩 3万円
部下、後輩 3万円
兄弟・姉妹 5万円
いとこやその他の親戚 3万円~5万円

自身が20代である場合は、3万円を基本として、兄弟・姉妹の場合に多く包むというのが一般的です。

親族の結婚式の場合は失礼にあたらないように親兄弟と良く相談してお金を包むようにしましょう。自分が先に結婚している場合には、自身の結婚式で頂いた額と同額を包むのがよいでしょう。

また、遠方からの出席の場合や事前にプレゼントをしている場合などは2万円でも問題ないでしょう。その場合は、1万円札1枚と5千円札2枚を入れて2万円とするのがマナーです。

本人が30代の場合

友人・知人 3万円~5万円
同僚・同期 3万円~5万円
上司・先輩 3万円
部下、後輩 3万円~5万円
兄弟・姉妹 5万円~10万円
いとこやその他の親戚 3万円~5万円

30代になると結婚式のご祝儀の相場も上がります。3万円から5万円を基本として新郎新婦との関係で決めましょう。

本人が40代以降の場合

友人・知人 3万円~5万円
同僚・同期 5万円~10万円
上司・先輩 5万円
部下、後輩 5万円~10万円
兄弟・姉妹 5万円~10万円
いとこやその他の親戚 5万円~10万円

40代以降になると、さらに相場が上がります。5万円を基本として、自身の会社での地位や新郎新婦との関係性に応じてご祝儀を包むようにしましょう。

特に、主賓として招かれている場合やスピーチを頼まれた場合には5万円から10万円を基本としてご祝儀を包む必要があります。

その他の場合

夫婦で参加する場合は、20代~30代であれば5万円、40代以降や親族の結婚式であれば、7万円~10万円を包むのが相場です。

また、子連れで参加する場合は、20代~30代であれば7万円、40代以降であれば10万円程度包むことが多いです。

20代の中には5万円プラス1万円程度の品物という意見もありますが、新郎新婦との関係性を踏まえて決めるとよいでしょう。

まとめ

ヒロ
結婚式はお祝い事ですし、久しぶりの友人・知人に会う機会でもありますから招待された以上は参加したいものですね。

しかし、自身の年齢が上がるにつれて、ご祝儀の金額も上がりますし、会社関係で結婚式に呼ばれることも多くなります。

その場合、スマホ1つですぐにお金が借りれて、初回30日間利息が付かないプロミスを利用してみましょう。

少しだけ借りて、給料日などでお金が入ったときに返すようにすれば、安心して結婚式に出席できますね。

\ 今すぐご祝儀が用意できる! /

まずはアプリで詳細を見てみる方はこちらへ