交通違反の罰金・反則金が払えない!逮捕・起訴を避ける方法は

交通違反

『罰金が高い。お金が足りない。払えない。』
『交通違反の反則金って払わないとどうなるの?逮捕される??』

スピード違反や駐車違反、飲酒運転などによる交通違反で捕まってしまうと、待っているのが罰金反則金です。

でも、罰金・反則金は意外と高いですし、買い物や飲み会、旅行などでお金を使った後や給料日前だと、払えないこともありますよね。

しかし、罰金・反則金を払わないと警察から何度も電話や呼び出しがきて、さらには最悪の場合、逮捕されるのです。

2020年1月23日…「逃げ得、許さない」交通違反の長期未出頭、60人逮捕(神奈川新聞)
2019年12月7日…反則金支払いや出頭要請応じず211人逮捕「ながら運転」などで摘発(朝日新聞)

そこで今回は、交通違反の罰金を払えないときの対処法をご紹介します。

ヒロ
交通違反の罰金・反則金を滞納すると、警察に逮捕・起訴されます。実際に逮捕されると生活が崩れ去って大変な目にあいます。

滞納から半年程度で逮捕されるリスクがあるため、早めの対応が必要です。

交通違反の罰金・反則金が払えない方、今現在滞納している方はぜひ参考にしてください。

罰金・反則金の滞納分をすぐに払いたい方へ

プロミス

今すぐ罰金・反則金の滞納を解決したいなら、年会費無料・最大30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要)の大手のカードローンを使ってみませんか?

警察からの嫌な電話や逮捕・起訴の悩みから今すぐ解放されて楽になります。

プロミスなら月々1,000円~での返済が可能で、自分のペースで返していけるので少しの利用ならば安心です。

※19歳以下は収入証明書類の提出が必須。高校生は利用不可。