銀行と消費者金融、結局どっちから借りるのが良い?

銀行と消費者金融の違い

消費者金融と銀行、どちらとも簡易な手続きで保証人や担保が不要でお金を借りることが出来ますが、消費者金融から借りる方が良いこともあれば、銀行から借りる方が良いこともあります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、今回は消費者金融と銀行、どちらから借りるべきなのかについて説明していきます。

消費者金融と銀行の違い

消費者金融からお金を借りる場合と銀行からお金を借りる場合の違いについて説明します。保証人や担保、保証金が不要で来店することなく、WEBから申し込むことが出来るなど、どちらも便利にお金を借りることが出来るのですが、借りれる金額、金利、審査の内容など大きな違いがあります。

総量規制

消費者金融は貸金業者であるため、貸金業法で制定されている総量規制に基づき、融資を行います。総量規制とはすなわち、『年収の3分の1しかお金を貸せない』という制限です。例えば年収300万円の人は100万円までしか借りることが出来ません。

総量規制については下記の記事を参考にしてください。

総量規制とは?総量規制を分かりやすく解説!

一方、銀行は銀行法に基づき融資を行い、貸金業法では制限されないため、融資額は総量規制に制限されません。このため、銀行からは年収の3分の1以上のお金を借りることが出来るのです。例えば、年収300万円の人が150万円借りることが出来るのです。

少額を借りる分にはどちらでも問題ありませんが、例えば結婚式の費用などを一時的に借りたい場合は消費者金融から借りるだけでは足りないこともあるので注意が必要です。

金利

消費者金融の金利は、プロミスのみ年率4.5%~17.8%とやや低い金利になっていますが、他社はほとんど年率4.5%~18.0%となっています。

一方で銀行から借りる場合は、消費者金融に比べて低金利です。例えば、みずほ銀行のエグゼクティブプランであれば3.0%~7.0%。消費者金融の半分程度の金利です。三菱UFJ銀行のバンククイックであれば、年率4.6%~14.6%。

ざっくりですが、銀行カードローンの最高金利は15%程度、消費者金融の最高金利は18%程度となっています。

いずれにしても、消費者金融よりは銀行の方が低金利で借りることが出来るのです。

審査

審査通過率

審査は断然、消費者金融の方が通過率が高く、銀行の方が審査が厳しいです。

銀行カードローンの審査通過率は20%程度ですが、消費者金融の審査通過率は各社ともに40%~50%程度となっています。消費者金融の方が2倍以上通過率が高いのが特徴です。

このため、「A銀行のカードローンは審査落ちだったけど、消費者金融B社では審査に通過した」という事例も数多くあります。審査が不安な方は消費者金融に申し込みをした方がよいでしょう。

審査スピード

審査スピードについても消費者金融の方が断然早いです。

消費者金融は申し込み後、最短30分程度で審査が終わり、即日融資にも応じてくれます。『お金がない、今日中にお金を借りたい!』という方には間違えなく消費者金融がお勧めです。

一方、銀行は審査が遅いところが多く、2・3日から1週間程度かかるところもあります。三菱UFJ銀行カードローン バンクイックや三井住友銀行カードローンのように消費者金融と同等のスピードで即日融資に応じてくれるところもありますが、ほとんどの銀行では即日融資には対応していません。

また銀行カードローンはその銀行に口座を持っていることが条件となることもあり、申し込みのハードルが高いところも多々あります。

消費者金融と銀行、どちらから借りるべき?

銀行と消費者金融、どっちがよい?

消費者金融と銀行どちらから借りた方がよいかは、申し込み者の状況に応じて変わります。次から、申込み本人の状況に応じてどちらがお勧めかを説明します。

当日中に今すぐでも借りたい場合

夜からの飲み会や明日からの旅行、冠婚葬祭など急な出費のために本日中にお金を借りたい!という要望は多くあるものです。当日中に借りたい人にお勧めなのが消費者金融です。

銀行カードローンだと『審査に数日、お金を手にしたのが1週間後で間に合わなかった、、』という事態になりえます。

消費者金融であれば、申し込みから1時間程度で融資に応じてくれて、しかもWEBから24時間365日簡単申し込みで来店不要!とサービスが充実しています。銀行に比べて審査通過率も高いため、『せっかく朝一番で申し込みしたのに審査に落ちて借りれなかった』なんてことも少ないでしょう。

審査スピードならばプロミスが一番です。最短1時間即日融資でスマホやパソコンから簡単に申し込めてすぐにお金が受け取れるのが魅力です。急いでいる方はぜひプロミスをご利用ください。

急いでお金を借りたい人はプロミスの即日融資の手順や注意点を下記の記事にまとめていますので是非ご参考にしてください。

何時まで?在籍確認は?プロミスで即日融資を申し込むときの注意点

職場や家族にばれずに借りたい場合

お金を借りたことを内緒にしたい場合にお勧めなのが消費者金融です。

通常、お金を借りるときには、審査時の在籍確認、契約時に受け取るローン用のカードや契約後の郵送物(契約書類や利用明細)で職場や家族にばれることもあります。

消費者金融であれば、WEBからの申し込みで郵送物をなくしたり、勤務先への在籍確認の電話連絡をオペレーターの個人名でばれないように行ってくれたりと、職場・家族へばれないための対応をサービスでやってくれています。

特に、SMBCモビットのWEB完結申込ならば、申込みから借入れまで全ての手続きをWEBで出来て、電話連絡がないのです。これならば、職場・家族にばれる心配は全くありませんね。

SMBCモビットで誰にもばれずに借りる手順や注意点について下記の記事にまとめていますので是非ご参考にしてください。

絶対にバレない!SMBCモビットを内緒で借りる方法とは

ちょっとだけ借りたい場合

『給料日やボーナスまでのお金がない』『急な支払いのお金がない』など一時的に数万円だけ借りたい場合にお勧めなのが消費者金融です。

数万円など少しだけの借り入れならば、審査が早く、審査に落ちる心配も少ない消費者金融を利用するのが良いでしょう。

さらには、プロミスアコムなど初回30日間無利息のサービスを実施している消費者金融があります。
少しだけ借りて、無利息期間中に給料やボーナスで返せば無料でお金を借りることが出来ます。状況に応じて賢い使い方をするのが良いでしょう。

高額の金額を借りたい場合

結婚式の費用や引越しなどで100万円や200万円など高額なお金を借りたい場合にお勧めなのが銀行です。

消費者金融は総量規制があるため、年収の3分の1までしか借りれません。仮に200万円借りようとしたら、年収が600万円必要です。なかなかハードルが高いと思いませんか?
また、消費者金融の場合、50万円以上借りるときは収入証明書が必要です。お金を借りるために会社から源泉徴収票を出してもらうのも気が引けますよね。

一方、銀行カードローンの場合、総量規制には当たらないため、年収の半分程度までは借りることが出来ます。例えば、年収400万円あれば200万円借りることが出来るのです。さらには収入証明書が必要な借り入れ額が200万円~300万円超であるため、100万円~200万円の借り入れであれば、収入証明書を用意する手間が省けます。

下記に銀行カードローンで収入証明書が必要な借り入れ額をまとめました。

カードローン名 収入証明書が必要となる条件
三菱UFJ銀行カードローン 希望限度額が200万円を超える場合
三井住友銀行カードローン 希望限度額が300万円を超える場合
みずほ銀行カードローン 希望限度額が200万円を超える場合
イオン銀行カードローンBIG 希望限度額が300万円を超える場合

専業主婦が借りたい場合

専業主婦がお金を借りたい場合にお勧めなのが銀行カードローンです。

専業主婦はアルバイトやパートをしていないと総量規制に引っかかるため、消費者金融でお金を借りることが出来ません。

夫に毎月安定した収入があることを条件に、身分証明書の提示のみで30万円~50万円程度まで借りることが出来ます。自宅(もしくは携帯)には申込者への在籍確認の電話がありますが、夫(配偶者)への電話連絡はなく、家族にばれることなく借りることが出来ます。

消費者金融は実は銀行のグループ会社?

銀行のグループ会社?

消費者金融と銀行、審査の厳しさやサービス、利便性に違いはあるものの、どちらも簡単な手続きでお金を借りることが出来るようになっており、違いが少なくなってきています。

昔、銀行は住宅ローン以外で個人への融資はあまり行っていなかったので、消費者金融からお金を借りるしかなかったのですが、最近はCMでも銀行からでも個人がお金を借りることが出来ると頻繁に宣伝し、個人が銀行からお金を借りることへのハードルが低くなってきています。

これは、なぜでしょうか?

貸金業法の改正に伴うグレー金利の廃止により2006年以降過払い金返還請求が相次ぎました。結果、消費者金融各社は合計1400億円を超える過払い金を返すこととなり、消費者金融単体では経営が厳しくなったため、消費者金融は銀行の傘下に入りサービスを続けることを選びました。
この結果、銀行側は子会社の消費者金融からノウハウを譲り受けたり、個人向けカードローンの保証事業を傘下の消費者金融に任せることにより、個人向け融資の事業を拡大することが出来たのです。

下記は消費者金融が所属する銀行の一覧です。

消費者金融 銀行グループ
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス SMBCグループ
SMBCモビット 三井住友銀行グループ
ノーローン 新生銀行グループ
レイク 新生銀行グループ
アイフル 所属なし(事業再生ADRで経営再建済)

上記のように、現在は消費者金融は大手銀行各社のグループ会社となっているため、トラブルが起こることはほとんどなく、消費者金融からも安心・安全にお金を借りることが出来るようになりました。

まとめ

消費者金融から借りる場合と銀行から借りる場合の違いやそれぞれどんな時に借りるのが良いか、という点について説明しました。
最後に消費者金融、銀行のメリット、デメリットをまとめておきます。

お金に困ったときに、どこからお金を借りるかのかというのは重要ですので、十分に比較の上、借り入れ先を選んでくださいね。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
メリット
  • 金利が低い
  • 世間体が良い
  • 高額を借り入れしやすい
  • 申し込み手続きが簡単
  • 審査がスピーディで即日融資が可能
  • 家族や職場にばれにくい
デメリット
  • 審査が厳しい
  • 申し込み手続きが面倒
  • 審査に時間がかかる
  • 金利が高い
  • 総量規制で少額しか借りれない
  • 世間体が悪い