給料の前借りをする方法。実は誰でも給料の前借りはできる!

給料の前借り

『先月の給料を使い切ってしまったけど、今月の給料日まであと何日もある』
『次の給料日まで生活費が足りない。どうしよう?』

こんなことでお悩みの方、給料を前借りしてみてはいかがでしょうか。

ドラマやマンガでは給料の前借りという言葉を耳にした方もいると思いますが、実際に試してみたことがある方は少ないでしょう。

そこで、今回は給料の前借りをするための条件と前借りをする際の手続きの流れ、前借りの注意点などをご紹介します。

これを読んで給料の前借りにチャレンジしてみてください。

ヒロ
今回は次の給料までのお金のやり繰りに困っている方向けに、『給料の前借りをする方法』を紹介します。

給料の前借りは条件によっては誰でも可能です。

また、給料の前借りを断られた場合や給料の前借りを申請するのが難しい会社でも、『給料前借サービス』を利用すればすぐに前借りすることが出来ます。

給料の前借りをしたい方、次の給料までのお金に困っている方はぜひ参考にしてください。

給料の前払いであればどこの会社でも可能

給料の前払い

給料の前借りではなく、給料の前払い(=既に働いた分の未払い給料を受け取る)であれば、実は働いている方ならば誰でも権利として認められているのです。

正社員でも派遣社員でもアルバイトでも給料の前払いを請求する権利があるのです。

一方、給料の前借りができるかどうかは会社次第です。

次から詳しくご紹介していきます。

緊急時であれば給料の前払いは誰でもできる

先ほど給料の前払いは誰でもできると書きましたが、これは法律で認められているからなのです。

労働基準法第25条(非常時払)

労働者が、出産、疾病、災害等の非常の場合の費用に充てるために請求する場合は、賃金支払期日前であっても、使用者は、既に行われた労働に対する賃金を支払わなければならない

厚生労働省公式サイトより引用

例えば、下記のような理由をつけて請求すれば会社は断ることはできません。

  • 『子どもの出産費用を払うために給料を前払いしてほしい』
  • 『火事にあって全て失ったため、当面の生活費の支出用に給料を前払いしてほしい』
  • 『妻が病気になり、入院費を払うために給料を前払いしてほしい』

一方、旅行や買い物など自身の都合による理由であれば、前払いは認められません。

給料の前払いは既に働いた分だけしか請求できない

緊急時の給料の前払いは既に働いた分しか請求できません。

10日に前払いする場合は、10日までの営業日分を日割り計算して給料が前払い分が支払われます。

想定していたよりも前払いの金額が少なく、『お金が足りない。。』という場合もあるでしょう。

また、ボーナスは『既に行われた労働に対する賃金』とは異なるため、ボーナスが近い場合でもボーナス分を前払いすることはできません。

給料の前払いは支払いまでに時間がかかる場合も

緊急時の給料の前払いの権利は労働基準法で決められているものの、支払い時期については定められていません。

すぐに払ってもらうのが理想ですが、会社の都合や経理担当者の都合で支払いまでに時間がかかる可能性もあります。

法律で定められている以上、遅くとも1週間程度が目安ですが、場合によってはそれ以上かかる場合もあり得ます。

緊急でない場合の給料の前借りは会社次第

私用での給料前借り

非常時払いに当てはまらない個人的な理由による給料前借りの場合、前借りできるかどうかは会社次第です。

社長や経理担当者がOKを出したら借りれるでしょうが、『前例がない』『給与システム上できない』などと断られる場合もあり得ます。

一方、小規模の会社で社長や経理担当者が融通利く場合は、サクッと給料の前借りを許してくれる場合もあります。

社内貸付制度があれば、給料の前借りは可能

社内貸付制度(従業員貸付制度)を導入している会社であれば、簡単に給料の前借りができます。

正確には、給料の前借りありませんが、会社からお金を借りる点ではほぼ同じですよね。

ただし、借りるまでは2週間~3週間程度必要年利2.0%~4.0%程度の利子が取られる、といったデメリットもあります。

社内貸付制度(従業員貸付制度)を導入している会社の場合、入社される際に渡される就業規則に制度の詳細が記載されているので、確認してみましょう。

外部の給料前借サービスを導入している会社ならば前借りは簡単

最近では、外部の給料の前借りができるサービスを導入している会社も多くあります。

一番使われているのが、きらぼし銀行(旧東京都民銀行)が提供している『前給サービス』というサービスで、下記のように多くの会社で導入されています。

  • マクドナルド
  • すかいらーく(ガスト、ジョナサンなど)
  • モンテローザ(魚民、笑笑など)
  • 松屋フーズ
  • アリさんマークの引越社
  • 銀座ルノアール
  • 京王プラザホテル

スマホから簡単にネットで申し込めて、最短で翌営業日には口座に振り込まれるため、使い勝手は良いです。

事前登録が必要なのですが、登録さえすれば、上司の許可は不要で、前借りする理由を伝える必要もなく、すぐに申し込めます。

正社員はもちろん、アルバイトやパートでも利用可能です。

ただし、その月に既に働いた分の最大50%まで分の金額しか借りれないという制限がありますので、最大数万円程度しか借りれないのが欠点です。

会社から前借りができない場合はどうする?前借サービスを使うのがおすすめ

給料前借りの注意点

会社で給料の前借りを認めておらず、社内貸付制度も導入していない場合、どうすればよいでしょうか?

そんな場合でも安心してください。

実は、誰でも使える『給料前借サービス』があるのです。

七福神ならば申込当日中に給料を前借りできる

給料前借サービスで一番のおすすめは『七福神』です。

実際には「給料ファクタリング」という名称ですが、給料分の金額を借りて、給料日に返すという点では意味は同じです。

ネットからの申込で、申込み当日中に借りれて、前借り分の金額が自身の口座に振り込まれます。

カードローン・キャッシングと異なり、信用情報に記録されることがなく在籍確認の電話がないので会社に全くバレずに借りれます。

申込みはネットからで免許証や給与明細(3カ月分)の写真をメールで送付して、簡単な審査に通過すれば、後は指定の口座にお金を振り込んでくれます。

審査時間も最短30分程度とかなり早く終わるので、会社で給料を前借りをするよりも断然早く終わります。

次の給料日までのお金に困っている方は、七福神に申し込んでみるのがおすすめですよ。

給料の前借りの注意点とは

給料前借りの注意点

給料の前借りを許可している会社でも給料の前借りを利用する前に注意すべき点があります。

安易に利用すると後で痛い目にあうかもしれません。

社内で出世を狙っている方は利用しない方がよい

社内で出世を狙っている方、社内の評価を低くしたくない方は給料の前借りを利用しない方がよいでしょう。

下手に利用すると、『お金にだらしがない』というレッテルを貼られてしまいます。

上司からの信頼を失い、大事な取引から外されてしまう場合もありますし、前借りの事実を知った同僚が離れていく可能性もあります。

仕事がやりづらくなることは間違えありませんし、社内の評価が著しく下がる場合もありますので、なるべく利用を控えた方良いでしょう。

ヒロ
給料の前借りはどうしても困ったときだけにしておきましょう。

給料の前借りをきっかけに、会社からの信用を失い、同僚からも疎まれて、最悪クビとなる場合もあり得ます。

どうしても給料の前借りをしたいならば、会社にバレずに給料分のお金を借りられる『七福神』を利用するのが良いでしょう。

給料の前借りをする言い訳を考えておく

単に『お金がないから』『買いたいものがあるから』という理由で給料を前借りしようとすると、断られることの方が多いです。

また、借りれたとしても周りに『お金にだらしない人』と判断されて、社内の評価が下がる可能性があります。

どうしても給料を前借りしないといけない理由(言い訳)を事前に考えてから申し込むようにしましょう。

家族の病気や怪我などの同情されやすい理由や仕事に関係する理由だと前借りを断りにくくなるのでおすすめです。

使える言い訳をいくつか紹介しますね。

  • 「母親(or 父親)が事故に合い、入院したが、入院費が払えないので給料を前借させてほしい」
  • 「仕事に関係する○○セミナーに出たいが、受講料が高額で払えないので給料を前借させてほしい」
  • 「実家が雨漏りするようになってしまい、修理のためのお金を出してあげたいので給料を前借させてほしい」

会社から給料の前借りをするときの手続きと借りるのにかかる時間

給料前借りの手続き

会社から給料を前借りをするときの手続きをご紹介します。

会社により詳細は手続きが異なりますが、大体の流れは一緒です。

会社から給料の前借りをするときの流れ

  1. 上司に相談する
  2. 借用書を作成・提出する
  3. 実際に給料を前借りする
  4. 事前に決めた返済方法に従って返済する

① 上司に相談する

まずは上司に給料の前借りをしたい旨を相談してください。

どうしてもお金が必要となる理由を伝えて、今後の給料できちんと返済する旨を話せば、認めてくれる可能性は高いでしょう。

先ほど記載した使える言い訳を参考にしてください。

② 借用書を作成・提出する

上司が前借りを了承してくれたら、次に借用書を作成しましょう。

借用書を作成しないと、会社から金額をごまかされたり、予定よりも早い返済を請求されたりと、トラブルになる可能性があります。

借用書のフォーマットは何でも構いませんが、下記の内容を必ず記載するようにしましょう。

  • 借用書の作成日
  • 借入日
  • 借入金の金額
  • 返済方法・期限
  • 借主の氏名・捺印
  • 会社名、代表者名

なお、借用書でなくても会社規定の前借りの申込書があれば、それでも問題ありません。

③ 実際に給料を前借りする

実際に給料を前借りします。

手渡しでも銀行振込でもどちらでも構いません。会社規定の方法でお金を受け取りましょう。

なお、手渡しよりも振込の方が通帳にきちんと金額が掲載されるので、出来れば銀行振込にしてもらいましょう。

④ 事前に決めた返済方法に従って返済する

無事に給料を前借りできたら、後は借用書に記載の返済方法に従って、返済するのみです。

返済が出来ないと会社の立場が危ういものになりますので、きちんと返済するようにしましょう。

再度給料の前借りをすることがないように、無理のないような返済計画にしておくのがポイントです。

給料を前借りにかかる時間

給料の前借りは小規模な会社であれば、最短翌日には可能でしょう。

一方、中規模~大規模の企業であれば、最短でも2~3営業日はかかるとみておいた方が良いでしょう。申込から決裁までに社内の手続きに時間がかかるためです。

また、銀行振込だと通常、銀行の営業時間内でしか振込が出来ないので、注意が必要です。

どうしても急ぎでお金が必要な場合は、当日中の対応が可能な『七福神』『今すぐお金が借りれるカードローン』を利用しましょう。

まとめ

緊急時の給料の前払いは誰でも可能です。

法律で認められている権利ですので、緊急であることを訴えれば、通じるでしょう。

一方、給料の前借りを下手に利用すると、『お金にだらしがない』とレッテルを貼られて、会社からの信用を失いかねません。

大事な仕事を任されなくなる上に、職場の人間関係が悪化し、最悪クビとなる場合もあり得ます。

どうしても給料を前借りしたい場合は、納得できる言い訳を用意した上で、きちんと借用書を書いて借りるようにしましょう。

また、会社にバレずにすぐ借りれる『七福神』で給料分を前借りするのもおすすめです。