結婚式のご祝儀が足りない!ご祝儀のお金がないときの対策

ご祝儀借りる

友人や同僚、親族などの結婚式に呼ばれたら準備しなければならないのがご祝儀。

相手との関係や自身の年齢にもよりますが、そこそこの金額を準備しなければならず、給料日前とか出費が重なる月だと準備に困ることも。

特にいくつかの結婚式が同じ月で重なるととても困ります。

今回は結婚式のご祝儀の基本(ご祝儀とはそもそも何?渡すタイミングは?)ご祝儀の相場ご祝儀を用意するお金がないときの対応策について説明します。

ご祝儀とは?ご祝儀を渡すタイミングについて

ご祝儀とは?

ある程度の年齢になると友人や同僚、親族の結婚式に招待されることが多くなるのですが、結婚式に出席したことがない方や結婚式に出席するのが久しぶりという方もいるかと思います。

結婚式のご祝儀に知識がない方や忘れている方もいると思いますのでここで紹介します。

ご祝儀とは

結婚式のご祝儀とは結婚式のときにお祝いの意味を込めて新郎新婦に対して渡す金品のことです。ご祝儀袋と呼ばれるご祝儀を入れる封筒に入れて持参します。

結婚式のご祝儀には出席者が受けるもてなしの費用を自分で負担するという意味もあり、ある程度の金額は必ず包む必要があります。

会場の規模にもよりますが、結婚式にはとてもお金がかかり、都市部であれば通常一人当たり3万~5万円程度かかります。

ご祝儀を渡さず結婚式に参加するのは失礼でもありますし、新郎新婦に金銭的に大きな負担となることから、今後新郎新婦との縁が切れるかもしれません。

結婚式に呼ばれたら必ずご祝儀を持参するようにしましょう。

結婚式の流れとご祝儀を渡すタイミング

通常、結婚式では挙式と披露宴の2つを行います。挙式の後に披露宴という流れです。

挙式とは、新郎新婦が結婚を誓い合う儀式のことで、例えばキリスト教式であれば、ウェディングドレスを着て神父の前で結婚を誓約し、指輪を交換します。

他にも神社で和装で行う神前式や列席者の前で新郎新婦自ら結婚を誓約する人前式などがあります。

披露宴は友人や同僚、親族など親しい人に結婚した姿を披露するパーティです。食事やお酒をふるまい、スピーチや余興などを行い、新郎新婦と出席者が共に楽しみます。

結婚式は、挙式と披露宴をセットにして同一日に行うことが多く、挙式を30分~1時間程度行った後に、披露宴を2時間~3時間程度行うというのが一般的です。

ご祝儀を渡すタイミング

ご祝儀は挙式終了後、披露宴の前の受付で渡すものです。

披露宴の会場に入る前には必ず受付を行います。新郎新婦の家族や友人が受付係をしていますので、「この度はおめでとうございます」と声をかけてご祝儀を渡します。

ご祝儀を渡した後は芳名帳に記帳します。

小規模な披露宴で受付がない場合は、新郎新婦のご両親、または新郎新婦に直接手渡します。

ご祝儀の相場

ご祝儀相場

ご祝儀は新郎新婦との関係性や本人の年齢により異なります。下記に相場を掲載します。

これらはあくまでも相場であり、新郎新婦との親密度によって金額は変えても構いません。

ただし、あまりにも少ない金額だと結婚式の費用の足しにならないので(食事代や引き出物代などで赤字になる)、考慮した方がよいです。

4万円や9万円など4や9の不吉な数字がつく金額は厳禁です。また、4万円,6万円、8万円など偶数の金額も割り切れるということで別れを意味することから避けた方が無難です。

本人が20代の場合

友人・知人 3万円
同僚・同期 3万円
上司・先輩 3万円
部下、後輩 3万円
兄弟・姉妹 5万円
いとこやその他の親戚 3万円~5万円

自身が20代である場合は、3万円を基本として、兄弟・姉妹の場合に多く包むというのが一般的です。

親族の結婚式の場合は失礼にあたらないように親兄弟と良く相談してお金を包むようにしましょう。自分が先に結婚している場合には、自身の結婚式で頂いた額と同額を包むのがよいでしょう。

また、遠方からの出席の場合や事前にプレゼントをしている場合などは2万円でも問題ないでしょう。その場合は、1万円札1枚と5千円札2枚を入れて2万円とするのがマナーです。

本人が30代の場合

友人・知人 3万円~5万円
同僚・同期 3万円~5万円
上司・先輩 3万円
部下、後輩 3万円~5万円
兄弟・姉妹 5万円~10万円
いとこやその他の親戚 3万円~5万円

30代になると結婚式のご祝儀の相場も上がります。3万円から5万円を基本として新郎新婦との関係で決めましょう。

本人が40代以降の場合

友人・知人 3万円~5万円
同僚・同期 5万円~10万円
上司・先輩 5万円
部下、後輩 5万円~10万円
兄弟・姉妹 5万円~10万円
いとこやその他の親戚 5万円~10万円

40代以降になると、さらに相場が上がります。5万円を基本として、自身の会社での地位や新郎新婦との関係性に応じてご祝儀を包むようにしましょう。

特に、主賓として招かれている場合やスピーチを頼まれた場合には5万円から10万円を基本としてご祝儀を包む必要があります。

その他の場合

夫婦で参加する場合は、20代~30代であれば5万円、40代以降や親族の結婚式であれば、7万円~10万円を包むのが相場です。

また、子連れで参加する場合は、20代~30代であれば7万円、40代以降であれば10万円程度包むことが多いです。

20代の中には5万円プラス1万円程度の品物という意見もありますが、新郎新婦との関係性を踏まえて決めるとよいでしょう。

ご祝儀を用意するお金がないときの対策

住民税借りる

給料日前や結婚式が重なり、手持ちのお金がないときはどうすればよいのでしょうか?

良く1万円だけ包むなどという回答を見かけますが、これは新郎新婦に金銭的な負担をかけることからやらない方が良いです。

結婚式にはお金が多くかかりますから、参列してお祝いをする以上、新郎新婦に迷惑がかかるようなことは避けるべきでしょう。

ここではご祝儀のお金がないときの対応策を紹介します。

  • 親・兄弟(姉妹)に借りる
  • 出せる金額だけ包む
  • 結婚式を欠席する
  • カードローンを利用する

親・兄弟(姉妹)に借りる

頼れる親、兄弟(姉妹)がいる場合は、ご祝儀のお金を借りましょう。

ご祝儀の金額3万円だけ、給料が出たらすぐ返すなどと約束すれば借りることが出来るでしょう。

結婚式が重なって今月だけお金が足りない、と話をすれば、怪しまれずに借りることが出来るのではないでしょうか?

ただし、『手持ちに数万円もないのか?』と生活に怪しまれたり、『こんなことでお金を借りるな』と説教をされるケースもありますので、ご注意ください。

出せる金額だけ包む

出せる金額だけご祝儀に包むのは避けた方がよい手です。

例えば、1万円だけ包むという意見を良く耳にしますが、結婚式は飲食代や会場代、司会代、引き出物代などで一人あたり3万円~5万円かかるものです。

少なくとも2万円は包むのが良いです。

新郎新婦からご祝儀が少なかったことを契機に悪口を言われたり、関係を切られたりすることもあります。

親友2人からのご祝儀が1万円でした…。

家に帰りご祝儀を開けると1万円だけ入っていました。
普通3万じゃないの??と思いました。
(中略)
結婚式から今日まで2人とは連絡を取っていません。

結婚式を欠席する

仕事上の理由や宗教上の理由、家庭の事情などと理由を付けて結婚式を欠席するのも一つの手です。

関係性がそこまで高くない知人・友人・同僚の結婚式であれば、欠席しても問題はないです。

今後の関係が継続するのであれば、招待された以上、ご祝儀だけ1万円包んだり、プレゼントを渡したりするのが良いでしょう。

ただ、親戚や親友など関係性が高い場合は、欠席はなかなか難しいですね。なんとかお金を工面した方が良いでしょう。

カードローンを利用する

お金を借りれる相手がいなく、結婚式に欠席するわけにもいかない相手の場合は、カードローンを利用するのがベストです。

当サイトでは申し込んだ当日にお金を借入れできる金融機関を紹介していますので、まずはお金を借りてご祝儀を包み、お金が用意出来たら返済すればよいのです。

ご祝儀のためにお金を急ぎで数万円借りたい場合におすすめなのが、プロミスとSMBCモビットです。

プロミスの特徴と申込み方法

プロミスの特徴としては下記の3点です。

最大30日間利息0円サービス(※)
最短1時間融資!スピーディーな手続き
はじめての方に多く利用されています!

※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要

給料日までの間であれば、30日間無利息サービスで無料で借りることが出来ますし、スマホやパソコンからすぐに申し込むことが出来ます。

お金を借りるのが初めてという方が多く利用しているサービスですので、不明点があれば電話で親切に答えてくれますよ。

ご祝儀のためにすぐに借りたい!今日中に借りたいという人もニーズに合わせて迅速に借入が出来ますので安心です。

下記のリンクから簡単にプロミスに申し込めますので是非試してみてください。

SMBCモビットの特徴と申込み方法

『プロミスはちょっと。。CMが嫌い。』という人や『ネットで全てを終わらせてお金を借りたい。』という人におすすめなのがSMBCモビットです。

SMBCモビットの特徴としては下記の3点です。

わずか10秒で簡易審査結果表示!スピード審査
電話連絡なし・郵送物なし
スマホ・パソコンで簡単申込み

SMBCモビットの一番の特徴はネット全て借入れ手続きが終了することです。WEB完結申込を使えば、電話連絡や郵送物がなく、誰とも話すことなくお金を借りることが出来ます。

10秒簡易審査機能で審査がスピーディーで申し込んだその日にご祝儀を借りることも可能です(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となることもあります)。

申込みも簡単でスマホから申し込むことが出来ます。

下記のリンクから簡単にSMBCモビットに申し込めますので是非試してみてください。

まとめ

結婚式はお祝い事ですし、久しぶりの友人・知人に会う機会でもありますから招待された以上は参加したいものですね。

しかし、自身の年齢が上がるにつれて、ご祝儀の金額も上がりますし、会社関係で結婚式に呼ばれることも多くなります。

結婚式が重なった場合や給料日前でお金が用意できない場合は、プロミス、SMBCモビットなどのカードローンをうまく利用すると良いです。

30日間無利息サービスや最短1時間融資など便利でお得なサービスを展開しており、ご祝儀など急な出費が必要な場合にでも優しく対応してくれます。スマホやパソコンから申込みが出来て、困りごとがあったら電話で親身になって相談に応じてくれるます。

是非プロミス、SMBCモビットなどのカードローンを使ってみて下さいね。