引越し費用が足りないときに使える8つの対策とタダで貰える助成金一覧

引越し

『引越しっていくらかかるの?』『引越しをしたいけど、お金が足りない』『敷金・礼金・仲介手数料、引越し料金も。。高すぎる』などと引越しをしたいけど、引越しにかかるお金が高すぎて困っている方は多いと思います。

今回は『引越しにかかる費用の相場』や『お金が足りないけど引越ししたいときの対策』、『引越しでタダで貰える助成金の一覧』について説明します。

引越しにかかる費用の相場

引越し相場

『引越ししたいけど、引越しにかかる初期費用って高いよね?』と思っている人は多いと思います。

実際、かなり高いです。家賃5~6万円のワンルームマンションでさえ、通常初期費用に30万円以上かかります。

なんでそんなにかかるの?と思う方に、引越しにかかる費用の相場を紹介します。

費用 金額
礼金 家賃の1~2カ月分
敷金(保証金) 家賃の1~2カ月分
仲介手数料 家賃の1カ月分
前家賃 家賃の1カ月分
火災保険 2万円程度
保証料 家賃の0.5カ月分
(保証人がいる場合は不要)
家具・家電 5万円~20万円程度
(各自の持ち物により異なる)
引越し料金 2万円~20万円程度
(荷物の量、距離により異なる)
その他費用
(鍵交換、クリーニングなど)
鍵交換:2万円程度
クリーニング:3万円程度
(物件により費用の有無は異なる)

合計すると家賃の6カ月分~7か月分が相場です。例えば、家賃5万円の場合でも初期費用は30万円程度かかります。

家賃だけ払えばよいと思っていた方もいるかと思いますが、引越しするに当たってこのぐらいの金額が必要です。

引越し前には、かなりの金額を準備する必要があります。

引越し費用が足りないときに使える8つの対策

引越し対策

『引越しにかかる費用が高すぎる、こんなに払えない』という方向けに、引越し費用が足りないときの対策を説明します。いずれも準備が不要で簡単に取り組めるものです。

敷金・礼金が0円、フリーレントの物件に引っ越す

通常、敷金・礼金だけで合計4カ月もかかるのですが、敷金・礼金が0円(無料!!)の物件や敷金のみの物件があります。

駅から遠い、間取りが悪いなどの条件が悪い物件ばかりかと思いきや、駅近くで綺麗な新築の物件も敷金・礼金0円であることもざらにあります。

特に多いのが、引越しのシーズンである3~4月を逃した物件です。『物件を空けていても勿体ない、早く埋めたい』という大家さんからの要望で、初期費用を下げることで早く客付けをすることが多いのです。

さらには「フリーレント」がある物件もあります。数週間~数カ月分の家賃をタダにしてくれるというものです。一定期間内(例えば1年間)の解約の場合、違約金が取られることもありますが、フリーレントでしばらくの間家賃を払わなくてもよいというのは大きな魅力です。

仲介手数料が半額の不動産仲介業者で物件を契約する

仲介手数料は通常家賃の一か月分ですが、家賃の0.5か月分と通常の半額の不動産仲介業者があります。

大手の不動産仲介業者で代表的なのはエイブルとミニミニです。

両者とも仲介手数料が半額ですので、初期費用を少しでも押さえたいという方にはおすすめです。

営業マンが強引だったり、契約後のアフターサービスはあまり良くないという口コミも聞かれますが、店や担当者によって評判は異なりますのでそこまで気にしない方が良いでしょう。

レオパレスに引っ越す

家具・家電付きの物件で有名なレオパレスであれば、テレビ・冷蔵庫・ベット・カーテンなどの家具・家電の購入にかかる初期費用を抑えることが出来ます。

しかも、レオパレスにはトリプルゼロと呼ばれる、敷金・礼金・前家賃+鍵交換費用が無料の物件が多く存在します。これを使えば、初期費用はかなり抑えることが出来るでしょう。

レオパレスは「入居者サポートシステム」「レオネットポイント」「抗菌施工費」など支払いが任意のものを強引に契約させようとしてきますが、これらを断れば、初期費用を家賃1か月分程度(保険代や保証料など)のみに抑えることが出来ます。

だだし、レオパレスは他の物件と比べると家賃が割高なことが多いです。長く住むのであれば、同程度の広さの他の物件と比較した上で契約するのが良いでしょう。

シェアハウスに引っ越す

他の方との同居が気にならないのであれば、シェアハウスがおすすめです。

シェアハウスはほとんどの物件が敷金・礼金・仲介手数料0円です。

家具・家電付きで家賃は水道光熱費込み、各部屋には鍵が付くのでセキュリティも安心です。

家賃も低いことが多く初期費用に必要なのは、保証金(家賃0.5カ月~1カ月)+前家賃1か月分です。

最近はシェアハウスが増えて競争が激しくなっていることから、都心の好立地でも家賃が低く抑えられていることが多く、安く住みたい人にはピッタリです。

クレジットカードで支払う

今すぐ初期費用を捻出できないけど、給料やボーナスでならなんとかという場合はクレジットカード払いがおすすめです。

クレジットカード払いに対応している不動産仲介業者で契約する必要がありますが、クレジットカードであれば、口座からの引き落としを1~2カ月遅らせることが出来ますし、分割で支払うことも可能です。

ただし、クレジットカード払いに対応している不動産仲介業者はまだ数が少ないのが現状です。クレジットカード会社への手数料支払い負担を嫌って、導入が進んでいないためです。

大手だと大東建託がクレジットカード払いに対応しています。

カードローンでお金を借りて支払う

今すぐ初期費用を捻出できない場合は、カードローンでお金を借りて支払うのが賢いやり方です。

引越しにかかる費用が高い分、一旦カードローンでお金を借りて支払った後に、給料・ボーナスなどで少しずつ支払うことで、お金が貯まるのを待たずに引越しができます。また、急な支出で家計に与える影響を抑えることが出来ます。

数あるカードローンの中で引越し費用の支払いに最適なのが、初回最大30日間無利息サービス(※)を行っているプロミスです。

プロミスの特徴と申込み方法

プロミスの特徴としては下記の3点です。

30日間無利息サービス(※)
最短1時間融資!スピーディーな手続き
はじめての方に多く支持されているサービス

※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要

給料日までの間であれば、30日間無利息サービスで無料で借りることが出来ますし、スマホやパソコンからすぐに申し込むことが出来ます。

お金を借りるのが初めてという方が多く利用しているサービスですので、不明点があれば電話で親切に答えてくれますよ。

引越し費用の支払いのためにすぐに借りたい!今日中に借りたいという人もニーズに合わせて迅速に借入が出来ますので安心です。

下記から簡単にプロミスに申し込めますので是非試してみてください。

『引越し費用を当日中に借りたい!』『急ぎで借りたい!』という方は、プロミスの即日融資について下記の記事にまとめていますので是非ご参考にしてください。

何時まで?在籍確認は?プロミスで即日融資を申し込むときの注意点

安い引越し業者で引っ越す

引越し代金が安い引越業者を利用することで、引越しそのものに必要な費用を下げることが出来ます。

まず、スーモの引越し料金相場検索サイトで引越し料金の相場を調べた後、引越しの一括見積もりサイトを使用して一番安い業者に頼みましょう。

例えば、東京都内の単身引越しであれば1万5千円程度、ファミリー世帯の引越しでも5万円程度に抑えることが出来ますよ。

【引越し価格ガイド】

助成金があるところに引っ越す

引越し先の自治体によっては引越し代金を助成金として無料で貰える場合があります。

敷金・礼金・引越し代金などの初期費用のほかに、家賃を助成してくれる自治体もあります。

例えば新宿区であれば、礼金・仲介手数料合計最大36万円&引越し代金最大20万円を助成金として貰えます。

ただし、全員が適用できるわけではありません。世帯人数や所得制限などの条件があり、応募期間が決まっています。

自分が住んでいる自治体のホームページを見るか、役所に問い合わせしてみると良いでしょう。

引越しでタダで貰える助成金一覧

次に東京都内で引越しするだけで無料で貰える助成金について詳しく記載します。

自治体により条件が違ってくるため、応募する場合には一度役所に問い合わせてみてください。

なお、東京都内だけでなく、全国各地の自治体で同様の助成金制度を実施しています。自分が住んでいる自治体のホームページを詳しく見てみましょう。

新宿区

新宿区の助成金には制度が2つあり、それぞれ助成金の額が違います。

子育てファミリー世帯居住支援

中学生以下の子どもがいる世帯が引越し先が新宿区だった場合に引越し費用を貰える制度です。引越し前の住所が新宿区外か区内かで助成金の内容が異なります。

詳しくは新宿区 子育てファミリー世帯居住支援(転入転居助成)を確認して下さい。

・新宿区外から新宿区内への転入助成
礼金、仲介手数料合計最大36万円+引越し代金最大20万円を助成

・新宿区内の転居助成
転居前後の家賃差額月額最大2万5千円を最長2年間合計60万円+引越し代金最大20万円を助成

民間賃貸住宅家賃助成

既に新宿区に住んでいる人が家賃の補助金を貰える制度です。単身向け(学生&社会人)と子育てファミリー世帯向けの2つの助成金があります。

詳しくは新宿区 民間賃貸住宅家賃助成を確認して下さい。

・単身向け(学生&社会人)
家賃補助月額1万円を最長3年間、合計36万円まで助成金が貰えます

・子育てファミリー世帯
家賃補助月額3万円を最長5年間、合計180万円まで助成金が貰えます

千代田区

新婚・子育て世帯限定で家賃の補助金が貰える制度です。賃貸住宅への引越しだけでなく、購入した住宅へも補助金が貰えます。

世帯人数により助成金の金額は異なりますが、毎月最大8万円、最長8年間助成金が貰えるとてもお得な制度です。

詳しくは千代田区 次世代育成住宅助成を確認して下さい。

北区

子どもが2人以上いる世帯で、北区内での引越しで礼金・仲介手数料最大30万円まで助成金が貰えます。

詳しくは北区 ファミリー世帯転居費用助成を確認して下さい。

豊島区

子育て世帯に対し子どもが15歳になる年まで、転居後の家賃と基準家賃との差額を月額最大1万5千円まで助成金が貰えます。ただし、4年目以降は半額となります。

詳しくは豊島区 子育てファミリー世帯への家賃助成制度を確認して下さい。

目黒区

18歳未満の子どもがいる世帯で、月額2万円を最長2年間助成金が貰えます。

詳しくは目黒区 ファミリー世帯家賃助成を確認して下さい。

板橋区

新婚・子育て世帯で、区立住宅の家賃の内、月額3万円を最長3年間まで助成してもらえます。

詳しくは板橋区 区立住宅新婚・子育て支援制度のご案内を確認して下さい。

世田谷区

18歳未満の子どもがいる世帯で、中堅所得層のファミリー世帯向けの賃貸住宅「せたがやの家」の家賃の内、月額4万円を最長5年間まで助成してもらえます。

詳しくは世田谷区 せたがやの家(ファミリー型)子育て世帯家賃助成を確認して下さい。

大田区

新婚・子育て・3世代同居世帯で、中堅所得層のファミリー世帯向けの区民住宅の家賃の内、月額3万円を最長4年間まで助成してもらえます。

詳しくは大田区 区民住宅(中堅所得層ファミリー世帯向)入居者募集を確認して下さい。

まとめ

引越しにかかる費用や費用が足りないときに使える対策、助成金について紹介しました。

特に助成金については応募条件を満たえば数十万円が無料で貰えますので、使わないと損です。知らない方も多いかと思いますので自分が住んでいる自治体のホームページを詳しくみましょう。

引越しにかかる費用が足りないときには、費用が抑えられる物件に住むことも重要ですが、カードローンで一時的にお金を借りるのも賢い方法です。給料やボーナスで返せるときに返せばよいので、まずは引越しを優先した方がよいと思います。

引越しで心機一転して、ストレスのない生活を送りましょう。