審査内容・審査基準は?審査に通るためのポイントを解説!

審査に通るためのポイント

カードローン・キャッシングで最大の難関といえば、審査です。審査は消費者金融・銀行各社が行なっており、その審査基準は明らかにされていません。

それだけに利用者も不安に思うでしょうが、ここではそんな審査基準も含めたカードローン・キャッシングの審査について紹介します。

これを読めば、審査におびえることはもうありません。

審査通過するための必須条件とは?

審査を受ける前に、門前払いされる人もごくまれにいます。それは、カードローン・キャッシングに契約できる条件を満たしていないからですが、消費者金融や銀行のカードローン・キャッシングに契約できる人の条件は、一体何なのでしょうか?

例として消費者金融の申込条件をまとめました。

消費者金融 申込み条件
プロミス 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方
SMBCモビット 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方
アコム 20歳以上69歳以下の安定した収入がある方
アイフル 20歳以上69歳以下で安定した収入がある方
レイク(新生銀行) 20歳以上70歳以下で安定した収入がある方

カードローン各社によって若干の違いはありますが、おおむね以下のような条件となっております。

20歳以上69歳未満

まずは、年齢による制限があります。
上限年齢については、銀行などでは65歳やそれ以下とする一方で、レイクのように70歳まで申込可能としているところもあり、まちまちです。

しかし、下限年齢についてはほぼ全社で20歳と共通しています。20歳未満が親の承諾なしに行なった契約に関しては、民法により一方的に取り消すことができる決まりとなっております。

もちろんカードローン・キャッシングも例外ではなく、未成年と契約してお金を貸しても、利用者から一方的に契約を取り消されれば、貸したお金は戻ってきません。貸し倒れのリスクを警戒して、消費者金融・銀行各社は未成年を対象とはしていないのです。

継続安定した収入がある

次に、収入に関する条件があります。アコムやプロミスなどの消費者金融については、貸金業法に基づき「契約者本人に継続安定した収入がなければならない」としているところが多いため、専業主婦は申し込みができません。

銀行カードローンについては、配偶者に収入があればよいとしているところが多く、専業主婦にも門戸を開放しています。

何をもって「継続安定した収入」とするかですが、給料や家賃収入、年金、個人事業主の事業所得などがその対象となります。投資や宝くじ、パチンコなどで儲けたお金などは、収入とはみなされません。

もちろん、給料は多いに越したことはありませんが、金額よりも収入が安定しているかの方が重要です。パートやアルバイトでも、毎月平均的に稼いでいれば、それは継続安定した収入とみなされます。

なお、収入があることの証明として、勤務先への電話連絡確認や収入証明書の確認を行います。ここで確認が出来ない人は審査落ちしてしまいます。また、収入申告や勤務先申告で嘘の報告をした場合は、審査で大抵ばれるこので嘘の申告は止めましょう。

収入の条件

  • 正社員・派遣・アルバイト・パートで給料がある
  • 不動産からの家賃収入がある
  • 年金がある
  • 個人事業主で事業所得がある

宝くじや競馬、TOTO、パチンコ、投資などによる一時的な収入はダメ!!

営業エリア内に住んでいる

この条件は、特に地方銀行のカードローンに多いです。メガバンクや大手消費者金融は全国展開していますので、この条件は適用されません。

例えば、東京在住の人が九州地方にしか展開していない地方銀行に対して、観光がてらにお金を借りようとしても門前払いされることがほとんどです。

審査に必要な書類は?

審査書類

住宅ローンやマイカーローンに申し込む際には、印鑑証明や住民票を始めとして、数多くの書類を準備しなければなりません。
それと比べると、カードローン・キャッシングに必要な書類ははるかに少ないです。

本人を確認する書類

まずは、本人であることを確認する書類です。
具体的には、以下のような書類が求められることが多いです。

  • 健康保険証+住民票
  • 運転免許証
  • パスポート

なお、日本に在住している外国人でもカードローンに申し込めます。その際には、在留カードなどを本人確認書類として提出しなければなりません。

収入を証明する書類(収入証明書)

収入を証明する収入証明書が必要となる場合があります。消費者金融であれば、以下のような場合に提出を求められます。

  • 50万円以上の限度額を希望する場合
  • 他の貸金業者と合わせて100万円以上の借入を希望する場合

銀行カードローンでは、100万円や200万円など、収入証明書を提出する限度額が消費者金融と比べてもう少し高額となります。

なお、消費者金融・銀行どちらにおいても、アルバイトやパート、個人事業主については申し込み金額が上記金額に達していない場合でも収入証明書の提出を求められる可能性があります。

有効な収入を証明する書類は、以下のようなものが代表的です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 納税通知書
  • 年金証書
  • 年金通知書
  • 所得証明書
必要書類まとめ

  • 借りる金額が少額ならば本人確認書類(免許証など)のみでOK
  • 借りる金額が50万円以上ならば収入証明書(給与明細など)が必要

審査の流れについて

申込条件を満たしており、書類を準備したらいよいよ申し込みです。
申込の後には審査があるのですが、カードローンの審査には大きく分けて2つの段階があります。

仮審査

まず行われるのが、仮審査です。
仮審査の特徴としては、以下のようなものがあります。

機械による審査

大手消費者金融や銀行カードローンでは、仮審査をコンピュータシステムで行ないます。申込者の年齢や年収、勤続年数をもとに融資可能かどうかをコンピュータシステムが判断します。

仮審査で落とされる場合、虚偽の申告や年齢、収入、勤続年数、他社からの借入が基準を満たさないことがほとんどです。

迅速な審査

コンピュータシステムで行う審査ですので、時間がかかりません。特にスピーディーなのが、スマホやパソコンからネット経由で申し込んだ場合で、早ければ数分で仮審査が完了します。

ネットで申し込んだ内容をそのままコンピュータシステムに通せるため、すぐに審査が完了するのです。一方で、窓口や郵送で申し込んだ場合は申し込み書に記載した内容をコンピュータシステムに入力する手間があるため、審査に時間がかかります。

仮審査に通過しても必ず融資してもらえるわけではない

仮審査はあくまでも「仮」です。申し込み内容を基にした機械的な審査ですので、仮審査を通過しても実際には融資してもらえない可能性があります。

本審査

仮審査が終われば、そぐに融資をしてもらえるわけではありません。仮審査の後、今度は本審査が待ち構えています。

本審査の特徴は、以下のような感じです。

人間による審査

仮審査は機械によって行われますが、本審査は審査担当のスタッフが人の目で行います。審査担当のスタッフは、カードローン・キャッシング会社で行う場合もあれば、保証会社が行う場合もあります。

確実なチェックを行う

仮審査ではスピーディーな代わりにかなり大雑把な審査ですが、本審査は細かくチェックを行ないます。信用情報機関と呼ばれるところから情報を取り寄せて、しっかりと確実にチェックを行います。

このため、本審査は仮審査に比べて時間がかかります。銀行などでは数日かかることもありますが、消費者金融では最短30分程度で本審査を完了させる業者も少なくありません。

貸し出し条件を決める

仮審査は、その人の融資の可否を大雑把に決定する審査です。

本審査では、その人の融資の可否を最終決定するだけではなく、いくら融資するか、金利はどれくらいに設定するかなど細かい貸し出し条件まで決めます。

審査では何をチェックする?

審査チェックポイント

審査基準は、金融機関によって異なります。あるカードローンでは通るような人でも、他のカードローンでは審査に落ちる可能性だってあります。

しかし、審査で見るポイントというのは大差はありません。

申込内容に虚偽がないか

申込書に書かれた氏名はもちろんのこと、年齢や住所、勤務先や勤続年数などに嘘偽りがないかをチェックします。

審査で有利になろうと、勤務先や勤続年数を偽る人もいますが、ばれたら一発アウトです。

本人確認で問題がないか

申込の際に提出された本人確認書類で、本人の確認を行ないます。申込内容との照合も行なわれ、矛盾がないかもチェックします。

有効でない本人確認書類、あるいは提出された本人確認書類に不備がある場合には、再提出を求められることもありますが、少しでも疑わしいと判断されたら審査に落ちることもあります。

免許証・健康保険証などの本人確認書類は現在有効なもの、かつ、はっきり写っているものを提出しましょう。特に、免許証の期限切れには特にご注意ください。

勤務先を確認

勤務先については、収入と直結する重要な項目です。書類上のチェックだけでなく、勤務実態があるかも確認します。その際にとる手法が、勤務先に実際に電話をかける「在籍確認」です。本人が電話に出られなくても、勤務実態が確認できればOKです。

勤務先での在籍確認が取れなかった場合は審査落ちします。在籍確認の電話に本人が出ても在籍確認が取れたことになりますので、不安がある方は申込み先の金融機関に電話して本人が会社にいる時間に電話をかけてもらうようにしましょう。

在籍確認については以下の記事に詳しく書いているため、参考にしてください。

在籍確認が不安な方へ。在籍確認を確実に突破するためのポイント徹底解説

2016.06.16

信用情報機関の情報を確認

申込者の信用情報を、信用情報機関から取り寄せて、審査をします。他社からの借入件数や金額に間違いがないか、過去に延滞や債務整理を行なっていないかなどをチェックします。

信用情報上、延滞などの問題があった場合、審査落ちしますのでこちらもご注意下さい。と言っても、今まで何か問題を起こしたことがない方は間違えなく審査に通りますのでご安心下さい。

審査に有利な人、審査に不利な人とは

審査でOKNG

では、審査に有利な人、不利な人とはどんな人なのでしょうか。

安定した収入があること

お金を借りるときに一番大事なのが「今後も継続して収入を得る見込があり、借りたお金を返せるか」です。この記事の最初でまとめた消費者金融各社の申し込み条件でも、「安定した収入がある方」との記載がありましたよね。

上記条件に一番当てはまるのが正社員や公務員ですが、派遣やアルバイト・パートでも借りることが出来るのでご安心下さい。

ここで重要になってくるのは勤務年数で、派遣やアルバイト・パートでも長く同じ職場で働いている場合は、審査担当者も「今後も安定して収入が得ることが出来る」と判断してくれます。一方、短期間で職を何度も変えている場合には、審査落ちする可能性が高くなります。

勤続年数の最低ラインは1年間です。1年以上同じ職場で働いている場合は審査に通ると思っても大丈夫ですのでご安心下さい。

適度に借りてきちんと返済している人

貸金業者からすれば、お金を適度に借りてきちんと返済している人は、優良顧客といえます。たとえそれが他社の実績であったとしても、ぜひ自社も利用してほしいと考え、審査にも有利に働くでしょう。

保証会社がらみでトラブルがある

銀行カードローンの多くは、自社とは別に保証会社を設定しています。保証会社は、利用者が万が一お金を支払えないときに代わりに返済するほか、審査も担当します。

例えば、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の保証会社は、消費者金融のアコムです。過去にアコムで延滞などのトラブルを起こした人が、バンクイックに申し込もうとしても、アコム社内に延滞の記録が残っていますので、審査はまず通過できないでしょう。

初めてお金を借りる人

これまで、お金を借りたことが一切ない人がカードローン・キャッシングに申し込むと、有利だと思うかもしれませんが、実は不利なのです。

消費者金融・銀行からすれば、お金を借りると記録される信用情報に何の記録もない人は、よく分かりません。よく分からない人に対しては、どうしても審査が慎重になります。

借入件数や申込件数が多い人

1社と懇意にしていた方が、審査には有利になります。借入している件数が多いと、懇意にはしてくれないと感じるでしょうし、限度額を低く設定されるような人だからその分件数が多いのかと感じます。

そうなると、審査にはマイナスです。また、一度の申込件数が3社以上と多い人は、「申し込みブラック」でアウトになる可能性が高いです。

消費者金融を避けた方が良い人とは?

正社員や派遣、アルバイト・パートなどで安定した収入がある方で過去に借入れでトラブルを起こしたことがなければ、アコムやプロミスなどの消費者金融で安心して借りることができるはずです。

しかし、下記に当てはまる場合はアコムやプロミスなどの消費者金融では審査に通過しないことが多いため、申し込みを避けた方がよいでしょう。

専業主婦は銀行カードローンへ

申込条件のところでも述べましたが、消費者金融は「契約者本人に安定した収入があること」を条件としているため、専業主婦はほぼ利用できません。

一方、銀行カードローンの中には「配偶者貸付」という、専業主婦でもカードローンが利用できる制度を取り入れているところも多く、専業主婦がお金を借りるのであれば間違えなく銀行です。

信用情報に傷がある方は街金へ

アコムやプロミスなどの消費者金融はインターネットからも申し込めて全国各地に自動契約機があるなど利便性も高いですが、その分あまり融通が利きません。仮審査はコンピュータシステムで行いますので、基準に満たなければ問答無用で切り捨てられます。

いわゆる街金と呼ばれる中小の消費者金融では、来店して申し込む必要があるなど利便性はいまいちですが、柔軟な対応をしてくれます。街金はコンピュータシステムによる審査ではなく、最初から人の手による審査が多いので、過去に延滞した実績があっても現在の状態が良好であれば、大手とは異なり柔軟な審査をしてくれます。

まとめ

ここまで整理した審査のポイントを守ることが出来れば、審査に通るのは容易いことです。

ただし、審査に通るために嘘をつくのは止めましょう。本人確認や在籍確認、信用情報などで嘘はすぐにばれますし、仮にばれた場合には告発されて刑事事件に発展する可能性もあります、また、上で説明した通り、審査に落ちる可能性があるからと言って、一度に何社も申し込むとそれだけで逆に落ちる可能性がありますので注意して下さい。

自分の努力次第では、審査を有利に進められますし、過去に延滞や債務整理などを行ったことがある人も信用情報から不利な情報が消えるタイミングで申し込めば、審査を通過することが出来ます。

審査を恐れずにキャッシング・カードローンを上手く利用するようにしてください。