固定資産税滞納時の差押えまでの流れと差押えを回避する5つの方法

固定資産税滞納

家を買った人や親から家や土地を相続した方で気になるのが『固定資産税』。

毎年10万円以上払っている方も多いのではないでしょうか?東京都内に住んでいると20万円~30万円オーバーとなることも。

『家を買ったはいいが固定資産税がこんなにかかると思わなかった』
『固定資産税の納税通知書が来たが、金額が多くてこんなに払えない』

固定資産税の支払いに困っている方も多いかと思いますが、高額な固定資産税を払わないと大変な目にあう可能性があります。

最悪のケースでは、家や土地が差押えを受けて、公売で相場よりかなり安い価格で売却されて住宅ローンだけ残る場合も

さらには給料差押えから会社に滞納がばれて、会社をクビになるケースもあり得ます。

今回は、固定資産税が払えない方向けに、固定資産税を払わなかったときの流れや固定資産税を滞納した場合に差押えを受けずに済む方法をご紹介します。

ヒロ
今回は固定資産税の支払いを滞納してしまって困っている方向けに、『滞納したときの流れ』『差押えを回避する方法』を紹介します。

固定資産税を滞納すると、自宅を追い出されたうえに安い価格で公売に出され、ローンの支払いだけが残るという悲惨な状態のなることも。

固定資産税滞納から最短1カ月程度で差押えのリスクがあるため、早めの対応が必要です。

固定資産税が払えない方、今現在滞納している方はぜひ参考にしてください。

固定資産税を滞納するとどうなる?滞納から差押えまでの流れ

固定資産税滞納流れ

固定資産税の納付が何らかの原因でできなかった場合どうなってしまうのでしょうか。

最終的には財産の差し押さえとなってしまいますが、滞納してから差し押さえまでの流れをご紹介します。

固定資産税の滞納から差押えまでの流れ

  1. 納付期限の翌日:延滞税が発生
  2. 納付期限の約1~2週間後:督促状が届く
  3. 納付期限の約1~2カ月後:催告書(差押え予告書)が届く
  4. 納付期限の約2カ月以降:財産調査が行われる
  5. 納付期限の約3カ月以降:差押えが行われる

なお、上記の日付は目安であり、市区町村により対応が異なります。

最短1カ月で差押えを受けることがあれば、1年近く督促を続けてから差押えを行う場合もあります。

以下にそれぞれの詳細を説明します。

① 納付期限の翌日:延滞税が発生

納付期限を1日でも過ぎると無条件に滞納扱いとなります。

市区町村が滞納を検知して、督促の準備が始まります。

また、納付期限を1日でも遅れると、延滞税が発生し、完納するまで1日ごとに延滞税が積みあがっていきます。

② 納付期限の約1~2週間後:督促状が届く

納付期限を過ぎると、約1~2週間で市区町村から督促状が届きます。

納付期限を過ぎても支払がない場合、法律(地方税法)により役所は20日以内に督促状を送付するように定められています。

このため、特段の事情がない場合は、納付期限からしばらくすると督促状が発送されます。

さらに、督促状発送から10日が経過すると差押えしてもよいと法律で定められています。

差押えとなったら大変なことになりますので、督促状が届いたらすぐに市区町村の窓口で固定資産税の納付について相談をしましょう。

③ 納付期限の約1~2カ月後:催告書(差押え予告書)が届く

督促状が届いたにも市区町村に相談も行かず、無視していると、催告状(差押え予告書)が届きます。

また、市区町村によっては、担当者から電話や訪問で督促も行われるでしょう。

催告状には延滞金を含め滞納している全額が記載されています。

なお、督促状は差押えのために必ず送付しなければなりませんが、催告状は送付しなくても差押え可能なので必ずしも届くとは限りません。

催告状が届くのを待つのではなく、督促状が届いた時点で行動を起こしましょう。

④ 納付期限の約2カ月以降:財産調査が行われる

督促や催告を無視していると、市区町村の徴収職員による財産調査が開始されます。

銀行ごとの預金額の調査、勤務先から支給されている給料の調査、解約払戻金のある保険の調査などが行われます。

法律により本人の許可なしに勤務先や銀行へ照会が行われ、避けることができません。

市区町村から勤務先に照会が来ると、勤務先に滞納の事実が知られるので、勤務先での立場が危ういものとなるでしょう。

⑤ 納付期限の約3カ月以降:差押えが行われる

最終的に、預貯金・給料・車・住宅・土地等の差押えが行われます。

まずは、取立てが簡単な預貯金や給料の差押えが行われます。

それでも足りないようだと、住宅や土地の差押えを行います。

差し押さえた財産は公売で売却されることになりますが、公売では相場よりも大分安い価格で売却されてしまいます。

住宅ローンが残っている方は住宅ローンを払いきれず、家を追い出されたあげくに住宅ローンの支払いだけ残るという悲惨な状況になるかもしれません。

固定資産税を滞納したときの最悪なケースとは

固定資産税滞納の最悪なケース

固定資産税は滞納すると最終的には差押えとなりますが、他にもリスクがあります。

滞納を放置すると、立ち直ることが難しいぐらいの悲惨な状況になるのです。

固定資産税の滞納を放置したときのリスク

  • 高額な延滞税がかかる
  • 住宅ローン・マイカーローンなど各種ローンが使えない
  • 預貯金・給料・車・住宅・土地等が差押えとなる
  • 差押えが会社に知られて、会社をクビになる
  • 家を追い出された後に公売で売却され、住宅ローンの支払いだけ残る

それぞれ詳細を説明します。

高額な延滞税がかかる

固定資産税を払わなかった場合、延滞税がかかります。

  • 納付期限から1ヶ月以内の場合:年率2.6%
  • 納付期限から1ヶ月経過した場合:年率8.9%

ただし、延滞税は1,000円未満は切り捨てとなるため、例えば、6月末期限の5万円の固定資産税を8月末まで2カ月延滞した場合でも延滞税はかかりません。
(50,000円×2.6%×30÷365日+50,000円×8.9%×31÷365日≒484円)

1,000円を超えたときから延滞税が請求されます。

少しぐらいの延滞であれば、延滞税はかからないのでそこまで気にする必要はありません。

しかし、1年程度延滞した場合には、年間10%近くの延滞税が無条件にかかるので、支払いがきつくなります。

住宅ローン・マイカーローンなど各種ローンが使えない

固定資産税を滞納すると納税証明書が発行できません。

納税証明書は住宅ローンやマイカーローンなどで銀行からお金を借りるときに提出が求められますので、住宅ローンやマイカーローンなどを借りられません。

自営業の人は事業用の運転資金を銀行から借りることが多いと思いますが、固定資産税の滞納をきっかけに事業資金を借りることが出来なくなってしまいます。

なお、カードローン・キャッシングは納税証明書の提出は求められません。

このため、固定資産税を滞納してもカードローン・キャッシングは利用できます。

預貯金・給料・車・住宅・土地等が差押えとなる

固定資産税の滞納で怖いのが差押えです。

固定資産税を滞納し続けると、催告書(差押予告書)が来た後、口座や給料、車、住宅、土地などが差押えられます。

実際に差押え(もしくは予告書)が来た人は何人もいます。

差押えの前に都道府県から催促の電話やはがきが来ることもありますし、役所の職員から訪問されることもあります。

また、差押えの時期は市区町村によりまちまちです。

法律的には、督促状発送から10日が経過すると差押えが出来るため、悪質と判断されれば、早期に差押えがあることもあります。

差押えが会社に知られて、会社をクビになる

差押え間近になると、市区町村から勤務先に給料の金額や支払い時期等の調査が入ります。

これがきっかけで、会社に滞納の事実が知られてしまいます。

会社側は税金を滞納している社員を素行不良とみなし、問題社員扱いされてしまうため、仕事が円滑にいかず会社をクビになることがあります。

会社をクビにならなくても、昇進が遅れたり、へき地に飛ばされたりすることが十分にあり得ます。

なお、給与から差押えとなる場合は、税金や社会保険料、通勤費を差し引いた額の4分の1までが差押えの対象となりますのですぐに生活が出来なくなるほどではありません。

自宅を追い出された後に公売で売却され、住宅ローンの支払いだけ残る

固定資産税の滞納を続けると、自宅を追い出された後に公売で安く売却されて、住宅ローンが返済しきれずに住宅ローンの支払いだけ残ることになります。

これが一番悲惨な状況です。

自宅を住宅ローンで買ったが良いが、固定資産税が払いきれなかったケースが該当します。

自宅が差押えとなった場合は、家を追い出された後に市区町村により公売で売却されることとなりますが、公売では相場よりも大分安い価格で売却されてしまいます。

しかも、自宅を差押えされると、自分一人では自由に自宅を売ることができないのです。

住宅ローンが残っている方は、公売の売却金額で住宅ローンを払いきれず、家を追い出されたあげくに住宅ローンの支払いだけ残ってしまいます。

自宅がないのに、高額な住宅ローンだけ払わなければいけないという状況になるのです。

固定資産税を滞納した際に差押えを避けるための対応策

固定資産税差押えを避ける解決策

市区町村に相談に行く

まずは市区町村の税務窓口(税務課・納税課・資産税課など)に相談しに行ってください。

督促状が届き次第、すぐに相談しに行ってください。

市区町村の税務窓口では対応策として以下のいずれかを提案されるはずです。

対応策 詳細
分納 滞納分の固定資産税を分割で払う。分割回数・金額は市区町村側との調整次第。ただし、延滞税はかかる。
徴収の猶予 滞納分の固定資産税を分割で払う。通常の分納と異なり、延滞税が減免・免除となる。
換価の猶予 既に差押えされた場合に差押えを解除してもらえる。滞納分を分割で払うが、延滞税が半額免除となる。

分納は比較的容易に認められますが、徴収の猶予と換価の猶予は適用のための条件が厳しいです。

病気や怪我、災害や盗難などの理由がないと申請が却下されます。

また、いずれの場合でも納税する意志を見せないと、差押えに移行されてしまう可能性がありますので、早めに相談していき、お願いベースできちんと誠実な対応をした方が良いでしょう。

自宅を売却する

督促状到着から日が経って、差押えが近づいているならば、自分の手で自宅を売却するのがベストです。

差押えとなり、公売となったら相場よりも安い価格で売られて、手元には何も残らないという悲惨な状況になってしまいます。

差押えとなる前に自分自身で売却手続きを行い、公売よりも高値で売るのがベストです。

ただ、『そうは言ってもどこに売ればよいの?』とお困りの方もいることでしょう。

その場合、まずは一括査定に申し込むと良いでしょう。

イエウールであれば、完全無料で自宅の査定が出来て、全国1,800社と提携しており、複数の優良な不動産業者が自宅の査定をしてくれます。

査定結果から一番高値を付けてくれた会社を選べば、スムーズに自宅を売却することが出来るのです。

下記のリンクから簡単に査定が出来ますので、売却を悩んでいる方もまずは査定だけお願いしてみてはいかがでしょうか?

クレジットカードで払う

こちらは滞納前にしかできない方法です。

滞納が近づいていて、手元に現金がない方はクレジットカードで払うという手があります。

Yahoo!公金支払いで払うことが出来ます。

納付書に記載されている「納付番号」「確認番号」などが必要となりますので確認しながら入力して下さい。

クレジットカードならば分割払いも可能です。さらにはTポイントでの支払いも可能です。

固定資産税の支払いには、Yahoo! JAPANカードがおすすめです。

Yahoo! JAPANカード入会でTポイントが10,000ポイントもらえるため、固定資産税の支払いに使うことができます。

下記のリンクから簡単に申し込みできるので、クレジットカードでの支払いを検討の方はまずは申し込んでみましょう。

カードローンで払う

固定資産税が払えない場合は、カードローンを利用するのが一番手っ取り早く、おすすめです。

最近のカードローンは最短30分で審査が完了し、初回最大30日間無利息サービスがあるので固定資産税の支払いに困った人でも今すぐにお金が借りれてサービスが良いのが特徴です。

度重なる督促に嫌気が差している方や差押えが近い方は、一回滞納分を払って気分を楽にしましょう。

固定資産税の督促に困っている方におすすめしたいのが、『アコム』SMBCモビットです。

どちらも、今すぐお金を借りることができるカードローンです。

カードローンで滞納分さえ払ってしまえば、差押えのリスクがなくなるため、嫌な思いから解放されます。肩の荷が下りることでしょう。

アコムの特徴と申込み方法

アコムの特徴としては下記の3点です。

初めての方は最大30日間無利息サービス
最短30分で審査完了!夜間・土日休日、即日融資も可能
スマホのみで来店不要!自宅・外出先で手続きOK

アコムを初めて利用する方は30日間無利息サービスで無料でお金を借りることが出来ますし、スマホやパソコンからすぐに申し込むことが出来ます。

『すぐにお金を借りたい』という方に評判が良く、申し込みからお金の借入れまでスピーディに対応してくれます。

下記のリンクから簡単な手続きでアコムに申し込めますので是非試してみてください。

\ 最大30日間ただでお金が借りれる!! /

アコムの特徴と申し込み方法を下記のページで解説していますので参考にしてください。

最短1時間スピード融資!アコムのおすすめポイントと審査の詳細

SMBCモビットの特徴と申込み方法

『家族や同僚にばれたくない。』という人や『電話をかけてほしくない。』という人におすすめなのがSMBCモビットです。

SMBCモビットの特徴としては下記の3点です。

わずか10秒で簡易審査結果表示!スピード審査
電話連絡なし・郵送物なし
スマホ・パソコンで簡単申込み

SMBCモビットの一番の特徴は電話連絡がないことです。WEB完結申込を使えば、電話連絡や郵送物がないため、家族や職場に全くばれずにお金を借りることが出来ます。

10秒簡易審査機能で審査がスピーディーで申し込んだその日に借りることも可能です(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となることもあります)。

申込みも簡単でスマホから申し込むことが出来ます。

下記のリンクから簡単にSMBCモビットに申し込めますので是非試してみてください。

\ 誰にもばれずにお金が借りれる! /

誰にもばれないSMBCモビットで今すぐ借りたい人向けに、SMBCモビット 即日融資の方法を下記の記事にまとめています。是非参考にしてください。

SMBCモビットで即日融資を受ける方法は3つ!申し込みの流れは?何時までに申し込むべき?

ヒロ
どうしてもお金が工面できない場合、頼りになるのがカードローンです。

固定資産税の支払いのために一時的に借りて、給料やボーナスでまとまったお金が手に入ったらサクッと返すような賢い使い方をすれば、手軽に借りれて便利です。

固定資産税で滞納が続いてしまった方、督促が嫌な方、差押えに困っている方は、今すぐ借りれるカードローンを試してみてください。

時効まで待つ

固定資産税の時効は5年間です。

5年間支払わなければ踏み倒せる可能性はあります。

既に自宅を売却済で、差押えとなるような資産がなく、固定資産税を払いたくない方は5年間逃げ切りましょう。

しかし、実際に時効を適用するのはかなり難しいです。

他の市区町村に引越したとしても、住民票により引越し先の住所を調べることは簡単ですし、悪質だと判断されれば引越し先ですぐに差押えが行われます。

現実問題、固定資産税を踏み倒すのは難しいのですが、固定資産税を滞納して5年以上経っている方は時効適用のために一度弁護士に相談すると良いでしょう。

まとめ

ヒロ

固定資産税は滞納から最短1カ月程度で差押えされるリスクがあるため、早めの対応が必要です。

督促状を無視していると、自宅や給料などが差押えとなって悲惨な状況になる恐れがあります。

差押えを避けるためにも固定資産税を滞納したら下記の対応を取るようにしましょう。

  • 市区町村の税務窓口に相談しに行き、支払いを待ってもらう
  • 一括査定を利用して高値で自宅を売却する
  • カードローンを利用して滞納分を支払う

ただし、既に督促状が届いており、差押えが近い方は今すぐお金を借りれるカードローンを使って時間を稼ぐのが良いでしょう。

いずれにしても差押えとなる前に行動しましょう。督促状が届き次第、動くのがおすすめです。