初めてで100万円借りれる?借り入れ限度額(上限額)の決定方法とは

借り入れ限度額

初めてキャッシング・カードローンを利用する人にとって、気になるのが『いくらまで借りれるの?』ということでないでしょうか。

雑誌やTVCMで良く見る広告では「500万円まで借り入れ可能」と書いてあります。広告を見て「私も100万ぐらいだったら簡単に借りれるのかな?」と思うかもしれませんが、残念ながら最初から100万円借りれる人は少数でしょう。

今回は借り入れ限度額がどう決まるのか?いくらまで借りれるのか?について説明していきます。

消費者金融各社の借り入れ限度額

まずは参考までに、消費者金融各社の限度額を見てみましょう。

会社名 限度額
アコム 500万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
SMBCモビット 800万円

SMBCモビットの上限が800万円と他より高く設定されていますが、他は500万円と同等です。

「えっ、最高500万円も借りれるの?」と思われるかもしれませんが、残念ながら500万円まで借入できる人は一握りの人に限られます。改正貸金業法の総量規制という制度により年収の3分の1までしか借りれないことになっているためです。例えば、アコムの融資限度額である500万円を借りるためには年収として少なくとも1,500万円は必要になります。

総量規制とは?

「年収の3分の1以上のお金を借りられない」という制度です。
多重債務を抑制するために改正貸金業法で決められました。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

総量規制とは?総量規制を分かりやすく解説!

2016.06.23

また、総量規制を守っていれば上限まで借りれるかというとそうではありません。年収300万あれば100万円借りれるかというと、初めてで100万円を借りれるところは少ないのが実情です。

消費者金融・銀行ともに、審査の結果で決定した上限額までしか貸してくれません。

借り入れ限度額(上限額)の決定方法

実際の限度額がどのように決まるかですが、消費者金融・銀行各社の審査によって決まります。審査の内容は各社とも公開していないため、厳密には分かりませんが、審査の対象項目であれば分かっています。それは、申し込み時に記入した内容と信用機関に登録されている信用情報です。

まず、申込み内容として、性別、年収、職業、勤務先、勤続年数、持ち家or賃貸など。

安定した収入のある人か?年収は高く勤続年数は多いか?安定した企業に勤めているか?などが判断されます。

次に、信用情報として、過去のキャッシング・カードローンの利用実績。

過去にいくら借りていたか?返済がきちんと行われていたか?遅延・延滞などのトラブルがなかったか?などが判断されます。

各社とも上記項目にそれぞれ点数を付ける「スコアリング」方式を取っており、合計何点ならば、いくらまで貸し出せるのが決まっています。スコアリング方式で導き出された限度額に対し、最後は融資担当者が本人確認の電話応対や在籍確認の内容から限度額を決定しています。

実際いくらまで借りれるのか?

いくらまで?

実際、初めての借り入れのときの限度額は低く設定される事が多く、年収が高い人でも「30~50万円」になることが多いです。ただし、パート・アルバイト、水商売などの属性が不利な方は限度額10万~20万程度のスタートになります。

なぜ上限が50万円となるかというと、収入証明書の壁があるからです。

消費者金融では、貸金業法に則り、下記に該当する場合には収入証明書の提出を求めています。

  • 50万円以上の借り入れ
  • 他の消費者金融と合わせて100万円以上の借り入れ

消費者金融によって異なりますが、源泉徴収票や確定申告書、納税通知書などが収入証明書となります。利用者がこれらの書類を準備するためには会社や役所での申請が必要で手間がかかりますし、消費者金融も証明書が正しいものかを調査する手間がかかりますので、初めての契約時は「50万円」を上限としているケースが多いのです。

消費者金融で初めて借りる場合、下記が基準となると考えられます。

  • 年収400万円以上で勤続年数が長く(5年以上)、正社員や公務員など安定した収入が見込める場合・・・50万円
  • 勤続年数が短い正社員・公務員や派遣社員の場合・・・30万円
  • アルバイト・パート、水商売などの場合・・・10万円~20万円

アルバイト・パートであっても勤続年数が長い場合や収入が高い場合はもっと借り入れできる可能性がありますし、年収が高い正社員でも他社の借り入れがある場合はもっと低くなる可能性があります。

また、銀行カードローンの場合は、収入証明書の提示が必要となる金額がもう少し高い(100万円~300万円)であるため、銀行カードローンを使えばもう少し高い金額を借りることが出来る可能性があります(後程説明します)。

限度額を大きくしたいときはどうする?

増額

『審査の結果伝えられた限度額では足りない、もっと借りたい』という時にはどうすればよいのでしょう?

実は各社とも一度決定した限度額の増額をすることが出来るのです。

限度額を増額するためには下記の2種類の方法があります。

  1. 消費者金融・銀行から限度額増額の案内を貰う
  2. 自分から限度額増額の申請する

また、限度額の増額ではなく、「他の消費者金融・銀行に申し込む」という方法もあります。

それぞれについて説明します。

消費者金融・銀行から限度額増額の案内を貰う

借り入れをスタートしてからしばらく経つと消費者金融・銀行から限度額増額の案内の電話・メールが来ることがあります。この場合は、追加の審査なく、必ず限度額が増額できます。

具体的には下記の条件に当てはまる場合に案内が来ることが多いようです。

  • 利用開始後6か月以上
  • 頻繁に利用している
  • 延滞せずに返済している
  • 収入の割に当初案内された限度額が低かった

条件を満たした人に対して、消費者金融・銀行から「限度額を○○万円まで増やせますが、いかがでしょうか?」と電話が来ます。許諾した場合は最短即日中に案内された額に限度額が増額されます。もちろん、増額を断ることも出来ます。

自分から限度額増額の申請する

自分から限度額増額の申請を行うことも出来ます。例えば、プロミスだと、会員ページにログイン後、会員ページから申請することが出来ます。
大手消費者金融の増額の申請方法は下記の通りです。

会社名 申請方法
アコム
  • 会員ページから「極度額等の変更のお申し込み」で申請
  • アコム総合カードローンデスクへの電話
  • 自動契約機での申し込み
  • 窓口への来店
アイフル
  • 会員メニューから限度額の増額申請
  • コールセンターへの電話
  • 自動契約機での申し込み
  • 窓口への来店
プロミス
  • 会員サービス内の「限度額変更申込」で申請
  • プロミスコールへの電話
  • 自動契約機での申し込み
  • 窓口への来店
SMBCモビット
  • コールセンターへの電話
  • 自動契約機での申し込み

ただし、増額申請をした場合には必ずしも増額できるわけではありません。新規申し込み時と同様に審査があります。

増額を希望する金額によっては収入証明書の提出が求められるケースがあります。

基本的には消費者金融・銀行から限度額増額の案内を貰う場合と同じで、利用開始から6か月以上経っており、借入状況や利用状況が良い人が増額の審査に通過します。

なお、下記に当てはまる場合には審査落ちとなる可能性が高く、場合によっては増額申請をしたのに限度額が逆に減額となるケースもあります。ご注意下さい。

審査落ち・限度額減額となるケース

  • 当初契約時よりも年収が下がった
  • 一度でも返済に遅れた事がある
  • 契約後にほとんどを利用していない

他の消費者金融・銀行に申し込む

他の消費者金融・銀行にカードローン・キャッシングの申し込みをすれば、新たに借入を行うことが出来ます。借り入れ希望額が50万円以下など比較的少額であれば、収入証明書の提示が不要なため申し込み手続きが簡単です。

ただし、現在複数の借り入れがある場合は、返済能力を不安視されて審査落ちする可能性もあります。総量規制に当たる年収の3分の1以上の借り入れですと、門前払いとなるケースがほとんどです。

増額申請は審査に時間がかかることもありますので、新規で他社から借り入れした方が早く多く借りれる可能性が高いです。特に、現在の借り入れ状況が少ない人は他社から新規での借り入れを検討してみて下さい。

最初から100万円借りたいときはどうする?

100万円

消費者金融では収入証明書の提示が必要としていることから初回借り入れの上限が50万円となることが多いことを説明しました。
一方で、銀行カードローンは収入証明書の提示が必要となる金額が100万円~300万円と高額であることから、収入証明書の提示が障壁となって上限が低くなることはないのです。下記に銀行カードローンで収入証明書が必要となる条件をまとめました。

カードローン名 収入証明書が必要となる条件
三菱UFJ銀行カードローン 希望限度額が200万円を超える場合
三井住友銀行カードローン 希望限度額が300万円を超える場合
みずほ銀行カードローン 希望限度額が200万円を超える場合
りそなクイックカードローン 希望限度額が100万円を超える場合
イオン銀行カードローンBIG 希望限度額が300万円を超える場合

このため、最初から100万円借りたい場合には、銀行カードローンを使うことをお勧めします。

申込者本人の年収や勤務先・勤続年数などの属性にも寄りますが、最大で年収の3割から5割を上限として借りれたという事例も数多くあります。年収300万円で100万円借りることも出来るでしょう。

ただし、銀行カードローンは消費者金融よりも間違えなく審査が厳しいです。審査に時間がかかり、審査通過率も消費者金融の半分程度であるので、ある程度の収入があり、勤続年数が長いなどの良い条件がないと難しいかもしれません。

まとめ

消費者金融・銀行から初めて借りる場合にいくらまで借りれるかについて説明してきました。
まとめると下記の通りです。

  • 消費者金融で借りる場合・・・30~50万円を上限として借りれる
  • 銀行から借りる場合・・・年収の3割~5割を上限として借りれる

高額の借り入れが必要な場合は銀行カードローンに申し込んでみることをお勧めします。ただし、銀行カードローンは審査が厳しいので、審査に不安がある人や少ないお金が借りれれば良い方は消費者金融に申し込んでみましょう。