逮捕!起訴!?交通違反の罰金払わないとどうなる?罰金を払えない際の対応策とは

交通違反

スピード違反や駐車違反、飲酒運転などによる交通違反をしてしまうと待っているのは罰金や反則金です。

交通違反で捕まったときに警察から渡される納付書は7日以内に支払うように言われます。

罰金は意外と高い金額ですし、買い物や飲み会、旅行などでお金を使った後や給料日前だと、『罰金を払うためのお金が足りない、、』ということもありますよね。

罰金を払わないと警察から電話が掛かってきますし、支払に応じないままだと起訴されることもあり得ます。

そこで、今回は『交通違反をしてしまった場合の罰金の金額はいくら?』『交通違反の罰金を払わなかった場合どうなるのか?』『交通違反の罰金を払えないときにどうすればよいか』など交通違反の罰金に関する各種疑問に回答します。

交通違反 罰金の金額

罰金の金額

交通違反の種類によって罰金の金額や違反の点数は異なります。

ここでは、代表的なものとして、スピード違反、駐車違反、飲酒運転を説明していきます。

スピード違反

交通違反で一番捕まりやすいのはスピード違反です。高速道路でのオービスでの取り締まりや一般道路での警察官による取り締まりなど、様々な場所で捕まります。

スピード違反は、一般道路と高速道路で罰金や違反点数が異なりますので分けて説明します。

いずれの場合も制限速度からの超過スピードにより罰金や違反点数が異なります。

超過スピードが速ければ速いほど、罰金や点数が多くなります。

・一般道路の場合

超過スピード 点数 反則金
15km未満 1 9,000円
15km以上~20km未満 1 12,000円
20km以上~25km未満 2 15,000円
25km以上~30km未満 3 18,000円
30km以上~50km未満 6 罰金:60,000~80,000円
50km以上~ 12 罰金:80,000円~

・高速道路の場合

超過スピード 点数 反則金
15km未満 1 9,000円
15km以上~20km未満 1 12,000円
20km以上~25km未満 2 15,000円
25km以上~30km未満 3 18,000円
30km以上~35km未満 3 25,000円
35km以上~40km未満 3 35,000円
40km以上~50km未満 6 罰金:60,000~80,000円
50km以上~ 12 罰金:80,000円~

スピード違反の場合、超過したスピードによりいわゆる青切符と呼ばれる「交通反則告知書」を交付される場合、赤切符と呼ばれる「告知書」を交付される場合があります。

青切符の場合は反則金となり、納付書による反則金の納付になります。反則金を支払えば、刑事罰は受けず、前科とはなりません。

一方、赤切符の場合は、免停となった上で起訴されて裁判となり、罰金刑となります。いわゆる前科がつく刑事罰です。

駐車違反

違反種類 点数 反則金
放置駐車違反(駐停車禁止場所など) 3 18,000円
放置駐車違反(駐車禁止場所など) 2 15,000円
駐停車違反(駐停車禁止場所など) 2 12,000円
駐停車違反(駐車禁止場所など) 1 10,000円

駐車違反には「放置駐車違反」と「駐停車違反」があり、「放置駐車違反」は車を離れて駐車している場合に適用され、「駐停車違反」は車を離れていない場合に適用されます。

どちらが適用されるかは駐停車を検挙した警察や委託された民間の駐車監視委員のさじ加減によるところもあるのですが、一般には「放置駐車違反」が適用され、「駐停車違反」で検挙されることは少ないです。

飲酒運転

状態 点数 刑罰
酒酔い運転 35点 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び(0.25mg以上) 25点 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒気帯び(0.15~0.25mg) 13点 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒酔い運転と酒気帯び運転の違いは正常な運転が出来るかどうかです。

蛇行して運転していた場合や交通ルールを守らず運転していた場合などは酒酔い運転となります。一方、正常な運転をしているものの、酒臭い場合や顔が赤い場合などは酒気帯び運転となります。

免許停止は免許取消、最低でも免許停止となる交通違反ですので、お酒を飲んだ後に運転するのは絶対に止めましょう。

交通違反の罰金を払わないとどうなる?

罰金を払わない

交通違反の罰金を払わなかった場合の対応は、青切符と赤切符の場合で異なります。

  • 青切符:軽度な違反(一般道路で超過スピード30km未満のスピード違反や駐車違反など)で反則金を支払う。通常、刑事罰とならない。
  • 赤切符:重度な違反(一般道路で超過スピード30km以上のスピード違反や飲酒運転など)で罰金を払う。刑事罰となる。

青切符の反則金を支払わなかった場合

青切符の反則金を支払わなかった場合の流れです。

  1. 青切符の納付書は発行日の翌日から7日以内であれば銀行や郵便局で納付出来ます。
  2. 40日を過ぎると反則金通告(督促状)が送付されてきます。これに付属している納付書で銀行や郵便局で納付出来ます。
  3. 支払催促のハガキ(通知書)が送付されてきます。交通反則センターに出頭して支払うように催促されます。
  4. 警察から支払催促の電話が掛かってきます。
  5. 検察への出頭命令の通知が来ます。
  6. 起訴されます。不起訴の場合もあります。
  7. 罰金刑または懲役刑が課されます。

青切符の場合、反則金を納付しないと最終的には警察から送検扱いとなり、検察から起訴されて裁判となります。

ただし、青切符レベルであれば不起訴となることが多いです。悪質と判断された場合や見せしめの扱いとなった場合のみ、起訴されるようです。

仮に起訴された場合でも罰金刑となり、当初の反則金を少し足した金額を支払うだけで納まることが多いようです。

また、警察からの支払い催促の電話を無視し続けると逮捕されることもあります。

いずれにせよ、警察官や検察官からの圧力がかかってきますし、最悪の場合は逮捕や懲役刑となることもあるので、何とかお金を工面して支払った方がよいでしょう。

逮捕や起訴となった場合、大変手間がかかりますし、逮捕や起訴が周りに知られたら、仕事をクビになったり、近所の噂で立場が悪くなったりすることがあります。

赤切符の反則金を支払わなかった場合

赤切符の場合は起訴されて裁判所へ呼び出しとなり、裁判の結果、罰金刑または懲役刑となります。

通常、赤切符の交付から20日~30日程度で出廷となることが多いです。出廷となった場合でも、スピード違反や酒酔い運転程度であれば、弁護士がつくような正式裁判ではなく、いくつか質問された後に窓口で判決文を渡されるだけの略式裁判となります。

罰金刑となった場合は、裁判後にそのまま裁判所の窓口で納付するか、納付書を渡されて所定の期日(二週間)までに納付となります。

こちらは刑事罰であり、裁判所からの命令となるので、罰金を支払わない場合は給料や預貯金の差押え、または、労役場での労役(1日5千円換算)となります。

なお、納付期限までに納付しなかった場合でも何度か督促があった後に差押え、労役となります。基本的には一括払いを求められますが、交渉の余地はあるようです。

交通違反の罰金を払えないときの対応策

対応策

交通違反の罰金を支払わないと、生活に様々な悪影響が出る恐れがあります。

交通違反の罰金滞納に伴う悪影響

  • 裁判への起訴
  • 給料や預貯金の差押え
  • 逮捕&留置所への拘留
  • 拘留中の外部接触禁止
  • 自宅や勤務先への取り調べ
  • 労役場で強制労働

仮に逮捕でもされた場合には、自由が利かなくなります。

留置所で何日間も一人で勾留されるのはきついものがあります。

罰金を滞納するぐらいならば、何とかお金を工面して支払った方がよいのは間違えありません。

そうはいっても、反則金や罰金は意外と高額ですし、支払期限が短いので給料では支払うことが出来ない、親や友人に頼ることができないという場合には、カードローン・キャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。まずはお金を借りて反則金・罰金を支払い、お金が用意出来たら返済すればよいのです。

交通違反の罰金のために急ぎでお金を借りたい人に特におすすめなカードローンが、プロミスSMBCモビットです。

プロミスの特徴と申込み方法

プロミスの特徴としては下記の3点です。

最大30日間無利息サービス(※)
最短1時間融資!スピーディーな手続き
はじめての方に多く利用されています!

※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要

給料日までの間であれば、30日間無利息サービスで無料で借りることが出来ますし、スマホやパソコンからすぐに申し込むことが出来ます。

お金を借りるのが初めてという方が多く利用しているサービスですので、不明点があれば電話で親切に答えてくれますよ。

罰金の支払いのためにすぐに借りたい!今日中に借りたいという人もニーズに合わせて迅速に借入が出来ますので安心です。

下記のリンクから簡単にプロミスに申し込めますので是非試してみてください。

当日中やお急ぎで借入れしたい人はプロミスの即日融資について下記の記事にまとめていますので是非ご参考にしてください。

何時まで?在籍確認は?プロミスで即日融資を申し込むときの注意点

SMBCモビットの特徴と申込み方法

『プロミスはちょっと。。CMが嫌い。』という人や『電話をかけてほしくない。』という人におすすめなのがSMBCモビットです。

SMBCモビットの特徴としては下記の3点です。

わずか10秒で簡易審査結果表示!スピード審査
電話連絡なし・郵送物なし
スマホ・パソコンで簡単申込み

SMBCモビットの一番の特徴は電話連絡がないことです。WEB完結申込を使えば、電話連絡や郵送物がなく、誰にもばれずにお金を借りることが出来ます。

10秒簡易審査機能で審査がスピーディーで申し込んだその日にお金を借りることも可能です(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となることもあります)。

申込みも簡単でスマホから申し込むことが出来ます。

下記のリンクから簡単にSMBCモビットに申し込めますので是非試してみてください。

誰にもばれずにお金を借りるたい人は、SMBCモビットでばれずに借りる方法について下記の記事にまとめていますので是非ご参考にしてください。

絶対にバレない!SMBCモビットを内緒で借りる方法とは

交通違反の罰金を滞納するとブラックリストに載る?

注意

交通違反の罰金を滞納しても信用情報に事故情報は載らず、ブラックリストとはなりません。カードローン、住宅ローンなどの審査には全く影響しません。

クレジットカード代金の滞納と異なり、交通違反の罰金滞納の情報はどこにも連携していませんので、滞納してもカードローン・キャッシングは行うことが出来ます。

交通違反の罰金を滞納した場合においても、カードローン・キャッシングで支払うことが出来ますのでご安心ください。

ただし、免許取消となり、警察官に免許を取り上げられた場合は、身分証明書として健康保険証、住民票などを用意する必要がありますのでその点だけはご注意下さい。

まとめ

交通違反となった場合の反則金・罰金について金額から支払わなかったときにどうなるかについて説明しました。

反則金や罰金を払わないと、逮捕や起訴、労役となり、自由が利かなくなってしまいます。

反則金や罰金は意外と高額で手痛い出費ではありますが、大人しく払った方が身のためです。

手持ちのお金に不安がある人は、プロミスSMBCモビットを利用しましょう。

ピンチなときでもすぐにお金が借りれるので便利ですよ。困ったらぜひ頼ってみてください。