ライフティで一括返済&解約する方法と注意点

『ライフティを使っていたけど、お金が貯まってきて返済できそう。そろそろ解約しようかな。』

ボーナスや臨時収入が入って、お金に余裕があるときは、一気に返済して、解約したいですよね?

また、他社のおまとめローンでライフティの借金をおまとめする方も、ライフティの返済&解約が必要です。

しかし、一括返済や解約の方法はライフティのホームページを見ても良く分からないのです。

そこで、今回は、ライフティの一括返済方法と解約方法について、徹底的に解説します。

ライフティで一括返済する方法。いつできる?どこでできる?

ライフティで一括返済するメリット

ライフティで一括返済を行う場合は、ライフティのコールセンターに電話をしましょう。

【ライフティ コールセンター】

0570-200-206

コールセンターは月曜日~金曜日の9時30分~18時まで対応してくれます。

土日祝日や年末年始はお休みですので、注意しましょう。

電話では、一括返済をする旨と返済予定日を伝えてください。

すると、ライフティのスタッフが返済予定日時点での支払い総額を教えてくれますので、銀行振込で返済しましょう。

銀行振込では振込手数料(108円~864円程度。銀行により異なる)がかかってしまいますが、利用者負担となりますのご注意ください。

一括返済の返済予定日遅れに注意

ライフティから電話口で聞いた一括返済の金額は、あくまでも返済予定日時点の返済金額です。

このため、予定日から実際の返済が遅れるとその分利息が増えており、当初の返済金額を支払っても完済とはなりません。

遅れそうなときには再度連絡をして、新たな返済予定日時点での支払い総額を聞いておきましょう。

マイページからは一括返済が出来ない

ライフティの会員ページからは一括返済は手続きはできません。

メニュー上も一括返済の項目がありません。

また、お問い合わせフォームも対応していません。

面倒ではありますが、ライフティのコールセンターに電話するようにしましょう。

ライフティの解約方法

ライフティ解約

ライフティで一括返済をしても、それで解約というわけではありません。

ライフティを解約するには、自分で解約手続きをとる必要があります。

一括返済の時と同様に、ライフティのコールセンターに電話をする必要があります。

お問い合わせフォームや公式ホームページのマイページからは解約手続きができません。

電話でライフティのスタッフに、解約したい旨を伝えます。

そうすればスタッフが解約手続きをしてくれて、無事に解約の運びとなります。

手元に残ったライフティのカードは悪用されないように処分してください。

ライフティ解約時に良くある質問・注意点

解約時の良くある質問

「完済=解約」じゃないの?

銀行で提供している住宅ローンやマイカーローン、フリーローンなどは、借りたお金を完済すれば、『契約終了&解約』という流れです。

ところが、ライフティをはじめとするカードローンは、完済しても解約となりません。

契約時に決めた限度額の範囲内ならば、何度でも借りることができるのです。

仮に借りたお金を完済しても、再びカードを使ってお金を借りることができます。

つまり、完済しても自然に解約とはならないため、自分で解約手続きをしなければなりません。

解約後に再契約は出来る?手続きは?

ライフティを使わなかったから解約したものの、再度ライフティで借りたいという場合、再契約は可能です。

ただし、再契約と言っても審査がないわけではなく、新規申込時と同様の審査(信用調査、在籍確認etc)が行われます。

さらに、前回の契約時の利用実績も加味して審査が行われます。

以前の契約ではライフティを全く利用しなかった場合や延滞を繰り返した挙句やっと完済したという場合は、審査落ちする可能性があります

解約証明書ってどんな時に使うの?

解約証明書が必要になる主なシーンは、他社でおまとめローンを利用するときです。

ライフティなどから借りたお金を他社のおまとめローンでまとめます。

他社ローンの完済方法には2つあり、おまとめローン業者が返済する方法と、利用者が返済する方法とがあります。

後者の場合、貸したお金が確実にライフティの返済に使われている証明として、完済証明書や解約証明書の提出を求めるのです。

「強制解約」って何?「普通の解約」とは違うの?

強制解約とは、利用者が借りたお金をなかなか返さない、クレームをつけてくるなどの問題行動があった際に、カードローン会社が一方的に契約を破棄してしまうことです。

カードローン契約を強制的に取り消して、その時点で借金が残っていれば一括返済を求めます。

強制解約をされた利用者の信用情報には、強制解約された旨の情報が記録されます。

信用情報に書き込まれた強制解約の情報は金融事故情報(いわゆるブラック情報)の一つで、5年間は消えません。

その間、住宅ローンや他のカードローンでお金を借りようとしても、まず貸してはくれません。

くれぐれも強制解約とならないように注意が必要です。

解約したら契約書はどうすればいいの?

解約をしたら、自分が持っている契約書を破棄して問題ありません。

再契約を行うときは新たに契約書を作りますし、今後使用することはありませんので、処分してしまいましょう。

まとめ

ライフティの一括返済&解約方法は下記の通りです。

  • 一括返済:ライフティのコールセンターに電話して一括返済金額を聞いた後に銀行振込で返済する
  • 解約:ライフティのコールセンターに電話して解約したい旨を申し出る

一括返済も解約もいろいろ面倒な手続きがあるかと思いきや、電話一本で済んでしまいます。

仮に解約をしても、ライフティと再契約できますので、安心してください。

なお、ライフティの詳細を下記にまとめていますので、合わせてご確認ください。

柔軟な審査でお金に困った人の強い味方。ライフティの特徴と申込方法