SMBCモビットを解約したい!解約の具体的な流れと注意点の解説

SMBCモビット解約

「他のカードローンを利用しているからもうSMBCモビットは使わない」「SMBCモビットからの借金をおまとめローンで完済する」

以上のような方は、SMBCモビットを解約した方がいいかもしれません。

そこで今回は、SMBCモビットの解約方法と解約の際の注意点、そして解約の際のよくある質問について紹介します。

SMBCモビットの解約方法

SMBCモビット解約時の再契約

SMBCモビットをはじめ、アコムやプロミスなどの消費者金融では、「自動更新」の形をとっており、利用者が特に手続きをしない限りは自動的に契約が更新される仕組みとなっています。

消費者金融では、年会費も更新料もとられないので意識はしませんが、実際には契約は生き続けているのです。

SMBCモビットから借入れをすべて返済し、借入残高が全くない状態であっても、自ら解約の手続きを取らない限りはSMBCモビットと契約していることになります。

まずはコールセンターへ電話

プロミスやアコムなどと異なり、SMBCモビットには実店舗がありません。

このため、解約をする際にはSMBCモビットのコールセンター(0120-24-7217)に電話連絡をするしかありません。

まだ返済が完了していない人は、オペレーターに正確な借入残高を聞くのを忘れないでください。

SMBCモビット解約時の連絡先

SMBCモビットコールセンター
電話番号:0120-24-7217

借金を完済する

SMBCモビットに借入残高が残っている状態では解約をすることができませんので、SMBCモビットに残債がある人はまずは完済をしましょう。

SMBCモビットで一括返済(完済)する方法については下記の記事に詳細を記載していますので参考にしてください。

SMBCモビットで一括返済する方法。どこでできる?手数料無料なのはどれ?

2017.01.13

なお、SMBCモビットでは1,000円未満の借金に対しては利息が発生しないので、放置していても残高は増えませんが、この状態でも解約はできません。

借入残高を「0」にしなければならないので、「口座振替」「銀行振込」「提携ATM」のいずれかの方法で完済をしましょう。

ただし、ATMを使った返済は端末に硬貨投入口がない場合が多いので、硬貨にも対応できる銀行振込で完済するのがおススメです。

再びコールセンターへ電話

返済が完了し、借入残高を0にしたら、コールセンターに電話をして解約したい旨を伝えてください。

この際、契約書の処分方法や解約証明書の必要有無について聞かれます。

直近で住宅ローンやマイカーローンなどを検討中の方は、借入先の金融機関から解約証明書の提出を求められる可能性があります。

解約証明書はSMBCモビットからは無料で送ってもらえるので、念のためもらっておきましょう。

解約後に再契約はできる?手続きは?

SMBCモビット解約時の再契約

一度SMBCモビットを解約したものの、再びSMBCモビットと契約したい場合、それは可能なのでしょうか?

結論から言うと、SMBCモビット解約後の再契約は可能です。ただし、解約後の再申し込みの場合も、当然ながら審査があります。

再契約の申し込みは電話がおススメ

SMBCモビットの再契約の申込は、新規申込時と変わりがありません。ローン申込機や電話、郵送やインターネットから再契約の申し込みをすることができます。

再申し込みでおすすめ申込方法は電話です。

新規申し込みと再申し込みとでは、状況が全く異なります。解約したものを再び申し込むのは「出戻り」の感があり、正直あまりいい印象を与えません。審査も当然、新規申込時よりは厳しくなる可能性が高いです。

いきなりSMBCモビットにインターネットで再申し込みをして「瞬殺」、なんて可能性もあります。電話で再申し込みをしたい旨を伝えましょう。

オペレーターと相談して、どれくらいの限度額ならば再契約が可能かなど、スタッフと細かいところまで詰めた上で申し込みましょう。再申し込みには、それくらいの慎重さが欠かせません。

解約時のよくある質問

SMBCモビット解約時の良くある質問

ここからは、解約時によくある質問と、それに対する回答を紹介します。

契約書はどうすればいいの?

SMBCモビットと契約した際、「WEB完結申込」以外の場合はSMBCモビットに署名をした契約書を返送したと思います。

自分の手元にある契約書の処分はもちろん、SMBCモビット側にある契約書を処分してもらうことも忘れないでください。

SMBCモビットには店舗がありませんので、自分で契約書を取りに行くことができません。

自分でしっかり処分したい場合には、SMBCモビットに契約書を返送してもらうようにお願いしましょう。自分で処分しなくてもいいなら、SMBCモビットにお願いして契約書を処分してもらいましょう。

SMBCモビットカードはどうすればいいの?

コールセンターでの解約手続きが済んだら、次はSMBCモビットカードの取り扱いです。

持っていても仕方ないので、自分で処分をしましょう。そのまま捨てると拾った第三者に悪用される可能性がありますので、ハサミやカード専用シュレッダーなどで裁断してから捨てましょう。

解約証明書って何?

解約証明書はSMBCモビットを解約したことを証明する書類です。SMBCモビットのコールセンターに解約証明書を発行してほしい旨を伝えれば、無料で送付してもらえます

通常は必要ありませんが、住宅ローンやおまとめローン、マイカーローンなどを利用する予定がある方はもらっておきましょう。

ローンを利用する先の金融機関側からSMBCモビット解約したことの証明として提示を求められることがあります。

なお、後日別途請求することも可能ですので、後から必要となった場合はSMBCモビットのコールセンターに連絡すれば送付してもらえます。

強制解約の場合は?

借金を延滞し続けていると、SMBCモビットの方から契約を打ち切られることがありますが、これを「強制解約」といいます。

強制解約の際には、自分で何も手続きせずとも解約させられてしまうのですが、借金がチャラになるわけではありませんし、解約証明書をもらうこともできません。

対応は様々ですが、そのままSMBCモビットが督促をすることもあれば、債権回収会社にSMBCモビットが債権を譲渡して、債権回収会社に利用者が返済を迫る場合もあります。もちろん、強制解約となればSMBCモビットとの再契約は望めません。

SMBCモビットを延滞した場合の流れ(取り立て、強制解約、差押え)については下記の記事で解説していますので参考にしてください。

SMBCモビットで延滞したらどうなる?取り立てから差押えまでの流れを解説

2017.01.12

まとめ

SMBCモビットの解約手続きはコールセンターに電話するだけなのでとても簡単ですが、少し待った方がいい場合もあります。

再申し込みは新規よりも厳しい審査が待ち構えていますし、解約後にまたお金が必要になるかもしれません。

一方、「もうSMBCモビットを絶対に使わない」「おまとめしたい」「住宅ローンなどを組みたい」などと考えている人は、SMBCモビットの解約を検討してもいいでしょう。