SMBCモビットで一括返済する方法。どこでできる?手数料無料なのはどれ?

SMBCモビット一括返済

SMBCモビットでお金を借りるときには必要以上のお金を借りず、返済の際には当初の計画通りに返済をしていくのが重要です。

しかし、手持ちのお金に余裕があるのであれば、当初の返済計画を前倒しして返済するのもいいでしょう。一括で返済すれば利息の支払いも大幅に減らせますが、一括となるとお金だけでなく、事前の手続きが必要となるかもしれません。

そこで今回は、SMBCモビットで一括返済をする方法やお得に一括返済できる方法を紹介します。

一括返済する方法。いつできる?どこでできる?

一括返済する方法

まずはSMBCモビットの通常の返済方法について簡単に説明した後に、一括返済の方法について説明します。

SMBCモビットの通常の返済方法は3種類

SMBCモビットで返済を行う際は「提携ATM」「口座振替」「銀行振込」の3種類の返済方法を選択できます。

全国約13万台(2017年6月現在)の提携ATM

SMBCモビットには自社ATMがありませんので、ATMを使って借入れや返済をするならSMBCモビットの提携ATMを利用するほかありません。

返済可能な主な提携ATMは、以下のようになっています。

  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • プロミスATM
  • セゾンカードATM
  • ローソンATM
  • イーネット
  • ゆうちょ銀行ATM

上記の銀行ATM以外にも地方銀行やコンビニのマルチメディア端末で返済が可能です。

ただし、ほとんどの提携ATMでは手数料がかかります。手数料の金額は、返済金額1万円以下が108円で、1万円超が216円です。しかし、三井住友銀行のATMならば手数料がかかりません。無料で返済が出来ます。

なるべく三井住友銀行を使うようにしましょう。

毎月自動引き落としの口座振替

三井住友銀行、または、三菱UFJ銀行の預金口座があれば、毎月自動引き落としで口座振替を利用できます。

口座にお金が入っていれば、うっかり返済忘れの心配がありません。

手数料が無料ですので、三井住友銀行・三菱UFJ銀行どちらかの銀行口座を持っている方は口座振替を選ぶと一番お得ですよ。

銀行振込

SMBCモビット指定の預金口座(三井住友銀行または三菱UFJ銀行のみ)へ振り込むことで返済することも可能です。

振込用の口座はSMBCモビットの会員ページ「Myモビ」、または、SMBCモビットコールセンター(0120-24-7217)から確認することができます。

一括返済をする方法は?

一括返済は基本的にいつでもOKで、SMBCモビットに一括返済の旨を伝える必要は特にありません。

ただし、適用される年利を日割り計算した上で毎日利息が追加されていきますので、何もしなければ前日の借入残高よりも今日の借入残高が多くなります。しかも、借入残高の計算方法は若干面倒ですので、前もってSMBCモビットのコールセンターに聞いた方がよいでしょう。

SMBCモビットのコールセンターに電話し、返済金額を確認

SMBCモビットのコールセンターに電話して、一括返済したい旨を伝えると一括返済に必要な金額を教えてくれます。

返済予定日は先の日付でも構いません。オペレーターにいつ一括返済をするか伝えると、一括返済日時点での正確な借入残高を教えてくれます。

土日祝日を含む9時~21時まで問い合わせを受け付けていますので、まずはそこに電話をしましょう。

一括返済を行う

一括返済はSMBCモビットの返済方法のうち「銀行振込」「提携ATM」で行うことができます。

「口座振替」で一括返済をすることはできません。口座振替の引き落とし金額は最小返済額に指定されており、指定期日にしか引き落とされないからです。

SMBCモビットでお得に一括返済する方法は?

お得で便利に一括返済する方法

どうせSMBCモビットで一括返済をするなら、よりお得に、そしてより便利に返済をしたいものですよね。

そこでここでは、お得かつ便利にSMBCモビットの一括返済をする方法を紹介します。

提携ATMからの返済は三井住友銀行がおすすめ

提携ATMからSMBCモビットの一括返済をするならば、三井住友銀行がおススメです。

三井住友銀行でSMBCモビットカードを利用するときには、借入・返済ともに利用手数料が一切かかりません。通常、提携ATMからの返済は、1万円未満の返済が108円、1万円以上の返済には216円の手数料がかかります。これが0円なのですから、三井住友銀行のATMからの一括返済がおすすめです。

銀行振込ならネット系銀行がおすすめ

銀行振込でもSMBCモビットの一括返済は可能ですが、SMBCモビットの指定口座は三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行のいずれかです。

銀行振込の場合、いかに振込手数料を抑えるかが重要となりますが、振込み手数料が無料となるのが住信SBIネット銀行、楽天銀行、ソニー銀行といったネット系銀行です。

住信SBIネット銀行は、他行への振込手数料が月3回まで無料ですし、楽天銀行は所定の条件を満たせば、他行振込手数料が月3回無料となります。

ソニー銀行は月1回、かかった振込手数料をキャッシュバックしてくれます。これならば、振込手数料をかけずに銀行振込ができますね。

三菱UFJ銀行、じぶん銀行の口座があればインタネットバンキングがおすすめ

三菱UFJ銀行、もしくはじぶん銀行の口座があれば、インターネットバンキングを使って三菱UFJ銀行への振込み手数料を無料にすることが出来ます。

これを利用して、SMBCモビットの振込返済口座を「三菱UFJ銀行」にした上で、三菱UFJ銀行、じぶん銀行のインターネットバンキングを使って返済口座に振り込めば手数料無料で一括返済を行うことができます。

返済時間に注意

SMBCモビットで一括返済をする際には、返済日だけではなく返済時間に注意しましょう。

提携ATMを利用すれば、返済日の夜に返済をしたとしても当日扱いとなります。提携ATMの中で、比較的稼働時間が長いのが三井住友銀行とセブン銀行、イオン銀行とローソンATMなどです。

しかし、銀行振込で返済をする際には、振込先のSMBCモビットの口座が15時以降反映されませんので、15時以降に返済をすると翌日扱いとなり、余計な利息が発生する可能性があります。できれば14時までには返済するようにしましょう。

まとめ

SMBCモビットで一括返済できれば、余計な利息の支払いを減らすことができるため、お金に余裕があればぜひ利用したいところです。

正確な返済総額をコールセンターで把握したのち、できるだけ手数料のかからない提携ATMや振込方法で返済することが、お得な一括返済方法です。

SMBCモビットは比較的一括返済が行いやすいので、SMBCモビットからお金を借りた後も安心して返済を行うことが出来ます。

カードローン・キャッシングを使うならば、利用者の満足度が高く口コミが良いSMBCモビットを是非試してみてください。

また、SMBCモビットで誰にもばれずにお金を借りる手順詳細について下記の記事にまとめていますので是非ご参考にしてください。

絶対にバレない!SMBCモビットを内緒で借りる方法とは

2016.10.20