SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 徹底解説

プロミス

最短1時間即日融資
最大30日間金利0円サービス
50万円以下なら収入証明書不要
Web完結サービス(※)でばれずに借入れ
安心の三井住友フィナンシャルグループ

 ※対象金融機関は200行以上あります。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は、三井住友フィナンシャルグループのカードローン業者です。スマホやパソコンなどから最短1時間で申し込んだその日のうちにお金を借りることが出来る、お金に困ったときに役立つ消費者金融です。

スマホやパソコンから24時間365日、簡単に申込めて、50万円以下なら収入証明書不要、初回限定30日間金利0円(※)とサービスがよいのが特徴です。

また、Web完結サービス(※2)を利用すれば、プロミスのカードが発行されず、自宅への郵送物がないため、家族・職場などにばれることがありません。
※ メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※2 対象金融機関は200行以上あります。

公式サイトでは、3つの項目に入力するだけで借入が可能かどうかを瞬時に分かる『お借入診断』があり、その場で借入れできるか確認することが可能です。

『お借入診断』でOKが出たら、そのまま続けて申込みすることもできるので、申し込み時間を短縮することができます。

最短1時間で即日融資も可能なので、急にお金が必要となった場合にもお応えできます。

プロミスの申し込みの流れ

スマホやPCから申込みをすると、下記の流れで契約をすることになります。

  1. 申込み画面から借入れ内容を入力
  2. 電話による申込み内容の確認
  3. 本人確認書類の提出
  4. 本審査
  5. 契約
  6. 振込み完了

それぞれ、細かく説明していきます。

1.申込み画面から借入れ内容を入力

インターネットでプロミスの申し込み画面から情報を入力し、申し込みを行います。

申し込みが完了すると、仮審査が行われますので、しばらく待ちましょう。この段階で申し込み情報から信用情報を照会して事故情報や延滞が無いかを調べられています。

2.電話による申込み内容の確認

申込み内容に問題がなく、信用情報に問題がなければ、申し込み内容の確認の電話が来ます。

通常申し込みから10分~30分程度で電話がかかってくることが多いですが、混み具合や信用情報によっては数時間かかることもあります。

この時に聞かれる内容は下記の通りです。

  • 申し込み内容の確認(氏名・住所・電話番号の確認や借入れ希望額の確認など)
  • 現在の仕事内容
  • 現在の他社からの借入状況
  • 今回のお金の借入れ理由

この中で注意すべきはお金の借入れ理由です。ギャンブルや他社の借入れの返済資金、遊ぶための資金などと答えると返済能力を疑われて間違えなく落ちます。

ショッピングや旅行、冠婚葬祭など、臨時の出費でお金が必要になったという理由が好ましい回答です。

3.本人確認書類の提出

仮審査に通って、確認の電話の応対に問題がなければ、本人確認書類を提出するように求められます。本人確認書類の提出は、FAX・アップロード・専用アプリの方法から選べます。

プロミスから送られてくるメールに記載されていたURLにアクセスし、データを添付してアップロードすれば完了です。

また、スマホの場合は専用アプリが便利です。スマホで本人確認書類の写真を撮るだけで証明書類が送れるため、非常に簡単です。不備があり書類を送り直す場合も、写真を撮りなおして送ればよく、使い勝手がよいです。

4.本審査

本人情報や書類を確認し、本審査を行います。本審査後、利用額の決定は電話かメールでのお知らせになります。

5.契約

メールで送られてきた契約内容を確認し同意をすれば、利用金額が指定口座に振込まれます。
契約書類やプロミスカードは後日郵送されてきます。

6.振込み

指定した口座に振り込まれるので、振込まれた金額に間違いが無いか確認をしましょう。

Web申し込みは、一切外出せずに契約できるので、忙しい人には最適な方法だと思います。しかし、即日融資希望の場合は少し注意が必要となります。

Web申し込みは24時間受付をしていますが、審査可能時間は9:00~21:00です。

また、利用金額は振込になるので、銀行営業時間である平日15:00の少なくとも一時間前の平日14:00には契約までを完了させる必要があります。ただし、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合に限り、20時までに申し込みが完了し、審査・契約が完了すれば、その後24時間いつでも振込み可能となります。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていない人は注意が必要です。

プロミスの審査ポイント

プロミスの審査は「仮審査」「本審査」にわかれています。

プロミスは、スマホ、PCからの申込後に「仮審査」がおこなわれます。申込情報と信用情報を照らし合わせて、審査をおこなっていきます。

仮審査に通過した場合、「信用情報に問題なし」と判断され、オペレータから申し込み内容確認の電話がかかってきます。

オペレータの電話が完了後、身分証明書などの必要書類を送ったのちに「本審査」がおこなわれます。

「本審査」では、書類と信用情報に不備がないかが確認されます。「借入件数」「借入額」「住所の一致」など、提出書類と信用情報を照合して審査をおこないます。申込情報や提出書類に虚偽の申告があった場合は、本審査で落ちます。

仮審査に通過すれば、申込情報や提出書類に「嘘」や「不備」がなければ本審査もクリアできるでしょう。

プロミスの在籍確認について

プロミスの審査時に行われる在籍確認は、必ず職場に電話連絡で在籍確認が行われます。

利用者のプライバシーに配慮して、電話連絡はプロミスのオペレータの個人名で会社に連絡があるため、会社にプロミスの申し込みをしていることがバレることはありません。また、電話に出たのが誰であっても、本人以外に社名や用件を明かすことは絶対ありませんのでご安心下さい。

また、夜間や土日祝日の申込みで在籍確認が取れない場合は、本審査の回答・振込みが翌営業日(在籍確認後)になります。

以前は本人確認書類のみで在籍確認を行える時もあったのですが、今は必ず電話での在籍確認が必須となっています。夜間や土日祝日に借入する場合は、会社に行って自分で電話に出る事で夜間や土日祝日でも在籍確認をクリアすることができます。

なお、在籍確認については以下の記事に詳しく書いているため、参考にしてください。

在籍確認が不安な方へ。在籍確認を確実に突破するためのポイント徹底解説

2016.06.16