プロミスで土日祝日でも今すぐにお金を借りる方法

土日祝日即日融資のポイント

スマホやパソコンから簡単な手続きで最短1時間融資が嬉しいプロミスですが、土日や祝日に即日融資も可能です。

土日や祝日に『今日飲み会があるのにお金がない!』『今日中にどうしても買いたいものがある』などと急にお金が必要となった場面でもプロミスは柔軟に対応してくれるのです。

しかし、土日・祝日に当日中にお金を借りるためには気を付けるべき点があります。

今回は土日祝日にプロミスに申し込むときのやり方と注意点について詳細を説明します。

プロミスは土日でも最短1時間融資。土日祝日に借りたい人はプロミスがおすすめ

プロミスは土日・祝日に即日融資も可能で、最短1時間融資が可能であるため、土日や祝日にお金を急いで借りたい人にピッタリなカードローンです。

『今日の夜の飲み会代を借りたい』『結婚式のご祝儀代を借りたい』『今日中にどうしても買いたいものがある』など土日・祝日にお金を借りたい理由は多々あると思います。

土日祝日にすぐにお金を借りたいというニーズに応えられるのがプロミスです。

初回限定ではありますが、30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要)があり、次の給料・ボーナスまでのつなぎとしてお金を借りれば利息が無料なのが嬉しいサービスです。

自動契約機の数が多く、全国の主要な駅にほぼ配置されているため、何かの用事のついでに寄れるのも楽です。

では、次にプロミスの土日・祝日に即日融資を申し込むときの流れを説明します。

プロミスの土日・祝日の即日融資の流れ

土日・祝日の即日融資の流れ

プロミスで土日・祝日に即日融資でお金を借りるときは下記の流れになります。

銀行振り込みで借入れを行う場合

  1. 申し込み・・・スマホやパソコンでWEBから申し込む
  2. 電話での本人確認・・・オペレーターから電話で申し込み内容の確認をされる
  3. 本人確認書類の提出・・・WEBから本人確認書類(免許証など)を提出する
  4. 本審査・在籍確認・・・プロミス側で本審査と在籍確認を行う
  5. 契約・・・本審査通過後、WEBから契約手続きを行う
  6. 借入れ・・・WEBから銀行振り込みの手続きをして振り込みでお金の借入れを行う

自動契約機でカードを受け取ってATMで借入れを行う場合

  1. 申し込み・・・スマホやパソコンでWEBから申し込む
  2. 電話での本人確認・・・オペレーターから電話で申し込み内容の確認をされる
  3. 本人確認書類の提出・・・WEBから本人確認書類(免許証など)を提出する
  4. 本審査・在籍確認・・・プロミス側で本審査と在籍確認を行う
  5. 契約・カード発行・・・本審査通過後、自動契約機で契約手続きを行い、カードを受け取る
  6. 借入れ・・・コンビニなどの提携ATMからカードでお金の借入れを行う

これらの流れに沿って手続きを行うのですが、その際注意点があります。

プロミスの申し込み方法としては、「WEB(インターネット)」「自動契約機」「店頭窓口」「電話」「郵便」の5種類があります。

プロミスで土日・祝日に即日融資でお金を借りたい場合、一番早くて確実なのが「WEB(インターネット)」からの申し込みです。

郵便はそもそも郵便物のやり取りに1日~2日程度かかるため、当日中のお金の借入れは出来ません。店頭窓口は平日しか営業していないので土日・祝日には使えません。自動契約機と電話は申し込みに手間がかかるため、スピーディに融資が行われるとは限りません。

WEBからの申し込みであれば土日・祝日を含め24時間いつでも出来ますし、スマホやパソコンから簡単に申し込みが出来るので、WEBから申し込みを行いましょう。

土日・祝日の即日融資は20時までに申し込みが必要

即日融資

プロミスは審査を21時まで受付しています。このため、最低でも審査可能時間に間に合うように審査を通過する必要があります。審査時間は最短30分であるものの、余裕を持って20時までに申し込みを行いましょう。

申し込みや審査、契約が完了し、実際にお金を借入れする際には「銀行振込み」「ATMにてカードで借り入れ」の2つの手段があるのですがこれについても注意が必要です。

土日・祝日は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座のみ銀行振込が可能

土日祝日に「銀行振込み」でお金の借入れを希望する場合の条件が少し厳しくなっています。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合のみ、土日祝日でもいつでも振込み可能です。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、WEB上の手続きで土日祝日いつでも振込みを行うことが出来るのですが、他の銀行は平日9時~15時しか営業していないため、土日祝日は振込みを行うことが出来ません。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていない人は銀行振り込みが出来ないので、自動契約機に行く必要があります。

自動契約機であれば土日祝日でもいつでもお金の借入れが可能

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていない場合でも自動契約機を使えば即日融資が可能です。

WEBで申し込みをして、審査完了後、自動契約機で契約手続きを行い、カードを発行すれば良いのです。

『WEBで申し込みしたのに、契約は自動契約機??』と疑問に思う方もいるかも知れません。WEBで手続きしたのはあくまでも「申し込み」のみであり、「契約」とは別なのです。

契約手続きは自動契約機で出来ます。自動契約機で本人確認書類をスキャンして提出し、契約書に署名後、カードの暗証番号の設定をすれば完了です。

自動契約機から発行されたカードを使ってプロミスのATMは勿論、コンビニのATMや銀行のATMなどで24時間お金を借入れすることが出来ます。

プロミスの自動契約機は一部店舗を除き、9時~22時まで営業しています。審査完了後、遅くとも営業終了時間の30分前の21時30分までには自動契約機に行くようにしてください。契約やカード発行の手続きに30分程度時間を見ておいた方が良いです。

土日・祝日にプロミスに申し込みした場合、在籍確認はどうなる?

在籍確認

土日・祝日に申し込みした場合においても在籍確認は行われます。

オペレータが会社に電話して、本人が会社に所属しているか確認を行います。

在籍確認が取れなかった場合は審査落ちしてしまうので、土日・祝日においても慎重に対応する必要があります。

在籍確認では、自分が不在でも電話に出た誰かが「外出している」「今日は不在」などと答えてくれれば完了です。在籍確認の電話に本人が出ても在籍確認が取れたことになります。

しかし、土日・祝日に同僚が会社に出社していればよいですが、会社に誰もいない場合もありますよね。土日・祝日に会社に誰もいない場合は自分で出社して在籍確認の電話を取るしかありません。土日・祝日は会社に誰もいなくて電話に出る人がいないという場合が多いので、急ぎで借りたい人は自ら出社して電話を取るしかありません。

土日・祝日にプロミスに申し込みを行う場合は、会社に誰もいないことが原因で審査落ちしないように、予めオペレーターに会社に誰もいないかもしれない旨を伝えておいた方が良いでしょう。申し込み後に本人確認の電話があるので、そのときに一言伝えるのがベストです。

なお、土日・祝日に会社が営業していない場合や本人が土日に出社できない場合はプロミスのオペレーターに相談してみましょう。本人の収入や借入れ履歴によりますが、後日在籍確認を行うことを条件に当日の融資を融通してくれることもあります。

在籍確認については以下の記事に詳しく書いているため、是非参考にしてください。

在籍確認が不安な方へ。在籍確認を確実に突破するためのポイント徹底解説

まとめ

土日・祝日の即日融資に必要な条件は下記の3点です。

  • WEBからスマホやパソコンで遅くとも20時までに申し込み手続きを行う。
  • 銀行振り込みでの借入れを希望する場合、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要
  • 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていない場合は、審査通過後、自動契約機に行って、契約・カード発行

土日祝日でも今日中にお金を借りたい場合、プロミスならばスピーディに手続きを進めることが出来ます。土日祝日に即日融資を希望する場合はプロミスへの申し込みがおすすめです。下記のリンクから簡単にプロミスに申し込めますので、是非試してみてください。

また、実際にプロミスを利用したユーザの体験談を下記の記事にまとめていますので、是非参考にしてください。

プロミス 体験談&口コミ・評判情報