フリーターでもお金を借りる!消費者金融なら今すぐ借りれて安心

フリータがお金を借りれる

『フリーターは信用がないため、お金を借りることが出来ないのでは?』
『欲しいものがあるけど、カードローンやキャッシングって使えるのかな?』
と悩んでいる方もいるかもしれません。

実は、アルバイトをしているフリーターならば、問題なくお金を借りることが出来るのです。

特に消費者金融に申し込めば、申し込んだ当日に借りることも出来て、コンビニのATMで簡単にキャッシングや返済が出来るため、とても便利なのです。

最近の消費者金融はイメージ向上に努めているため、丁寧な対応で素早く安心してお金を借りることができます。

今回はフリーターがお金を借りるための条件やお金を借りる手続き、お金をスムーズに借りるためのポイントを説明します。

フリーターがお金を借りるための条件とは?

フリーターでもアルバイトを定期的に行っていて収入があれば、カードローン・キャッシングでお金を借りれます。

フリーターがお金を借りるための詳細な条件は下記の通りです。

  • 20歳以上であること
  • アルバイトで定期的な収入があること
  • 身分証明書を用意できること

それぞれ条件を説明します。

20歳以上であること

どの金融機関でも20歳以上にしかお金を貸さないようになっています。これは消費者金融でも銀行でも同じです。

未成年はお金を借りることが出来ません。

20歳未満が親の承諾なしに行なった契約は法律上無効としているため、消費者金融・銀行はお金を貸さないようにしているのです。

カードローン・キャッシングでお金を借りるのは20歳になってからにしましょう。

定期的にアルバイトをしており、収入があること

消費者金融・銀行各社ともに、安定した収入があることが必須条件となっています。お金を借りた後、毎月の返済をスムーズに行ってもらうためにこのような条件を付けているのです。

フリーターで、アルバイト・パート・派遣などで月1回以上定期的に収入があれば、お金を借りることが出来ます。

月数万程度の収入があり、半年程度アルバイト・パートなどを続けているならばフリーターでも問題なくお金を借りることができます。ただし、アルバイト・パートを始めてから日が浅かったり、収入がほとんどない場合は審査に落ちるかもしれませんのでご注意ください。

身分証明書を用意できること

カードローン・キャッシングでお金を借りるためには、本人確認のための身分証明書が必要です。身分証明書として有効なものは下記の3つです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

免許証を持っているならば一番良いですが、なければパスポート・健康保険証でも全く問題ありません。

フリーターがお金を借りるときの手続きとは?

フリーターキャッシングの手続き

フリーターがカードローン・キャッシングでお金を借りるときの手続きは下記の通りです。

  1. スマホから必要事項を入力(住所、氏名、勤務先の情報など)
  2. 金融機関による審査
  3. 口座振り込み、または、コンビニATMでキャッシング

スマホ(またはパソコン)で簡単な手続きで申し込んだその日に借りることが出来ます。

必要書類は借入れ希望額が50万円以下であれば免許証(なければパスポートなどの本人確認書類)だけでOKです。

最近はカードローン・キャッシングの業者間の競争が激しくなっているため、どの金融機関もサービスが良く、何か不明点があれば電話相談にも乗ってくれるので安心です。

勿論、プライバシー厳守ですのでアルバイト先や家族にばれることはありません。

フリーターがスムーズにお金を借りるためのポイント

フリーターお金借りるポイント

フリーターでも下記の5つのポイントを押さえれば、今すぐお金を借りることが出来ます。

  1. フリーターへ積極的に貸し出している消費者金融を選ぶ
  2. 一度に何社も申し込まない
  3. 勤続期間が長いアルバイト先を申告する
  4. 借入希望額を少なめに申し込む
  5. 在籍確認の電話の準備をしておく

それぞれのポイントを説明します。

フリーターへ積極的に貸し出している消費者金融を選ぶ

フリーター(※)がお金を借りるため重要なことは、フリーターにも積極的にお金を貸し出している消費者金融を選ぶことです。また、消費者金融の中でも審査が早く、振込みやATMでのキャッシングが早く出来るところが望ましいです。

※アルバイト・パートによる安定した収入がある方

特に、フリーターは社会人より収入や勤務先などの信用度が低いため、金融機関選びを間違えると門前払いとなり、お金を借りることが出来ません。一般的に銀行は審査が厳しく、例え借りられたとしても審査に一週間、お金を借りるまでにさらに1週間かかるということもざらにあります。

そこで、一番のおすすめなのが消費者金融最大手のプロミスです。

プロミス

プロミスであれば、審査が最短30分、融資まで最短1時間と借りるまでのスピードがとても速く、WEB完結サービスを使えば郵送物なし家族にばれる心配もありません。また、30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)でお得に借りることが出来ます。

初めての方への融資にも積極的で、何か不安点があれば、電話で優しくアドバイスしてくれるので安心です。

下記のリンクからスマホやパソコンで10分程度で申し込めるので試してみてはいかがでしょうか?

一度に何社も申し込まない

フリーターがお金を借りる上で一番注意すべきなのが、一度に何社からも借りようとしないことです。

プロミス、アコム、アイフル…と1日の内に3社以上に申し込んで借りようとする人がいますが、逆にお金に困っている人と思われて審査落ちするきっかけとなります。実際、一度に複数のカードローンに申し込んだことがきっかけで審査落ちする人も多くいるのです。

『フリーターなので審査に通るか不安』『たくさんお金を借りたい』と不安になる人もいるかもしれませんが、まずは審査に通ってお金を借りれることが決定してから次に申し込みましょう。

勤続期間が長いアルバイト先を申告する

申込み時に勤務先としてアルバイト先の情報や入社年月(アルバイトを始めた年月)を入力する必要があります。

フリーターでアルバイトの掛け持ちをしている方が多いかと思いますが、一番長く勤めているアルバイト先の情報・入社年月(=アルバイトを始めた年月)を入力するようにしましょう。

カードローン・キャッシングの審査で重要視されるのがアルバイトの収入額とともに、勤めている年数です。アルバイトを始めて日が浅い場合には、「毎月定期的な収入があるのか?きちんと返済が出来るか?」という点が疑われてしまい、審査に落ちることがあります。

アルバイトをして毎月給料があるのにお金が借りれない、という状況に陥らないように長く勤めているアルバイト先の情報で申込みをしましょう。

借入希望額を少なめに申し込む

カードローン・キャッシングの申込みの際には借入希望額の欄にこちらが借りたい金額を入力します。必ず、必要最低限の金額を入力しましょう。

せっかくだから多めに借りておこうと思うかもしれませんが、『何に使うのか?』『貸しても返済できないのじゃないか?』と金融機関側の印象が悪化して審査に落ちる可能性があります。

フリーターであれば、多くて30万円まで確実な金額です。また、当初借入希望額を10万円で申し込んだとしても、堅実に返済しており、信用があると判断されれば半年~1年ぐらいで上限を上げてくれます。

審査を無難に通過するためにも、必要最低限の金額で申し込むようにしましょう。

また、お金を借りるときには『総量規制』という法律上の規定があり、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。必ず借入希望額を年収の3分の1未満の金額にしてください。

例えば、年収が100万ならば多くても33万円しか借りることが出来ません。年収の3分の1以上の金額を申し込むと法律に引っかかるため審査に必ず落ちます。

総量規制の詳細は下記の記事を参考にしてください。

総量規制とは?総量規制を分かりやすく解説!

在籍確認の電話の準備をしておく

カードローン・キャッシングの申込み後、審査の一環として必ず行われるのが、「本人確認の電話」「在籍確認の電話」の2つです。

「本人確認の電話」は消費者金融のオペレーターから本人携帯電話に申込み内容の確認の電話が掛かってくるだけなので、心配はありません。フリーターにとって厄介なのが「在籍確認の電話」です。アルバイト先にちゃんと勤めていることの確認として、アルバイト先に必ず電話が掛かってきます。

電話には本人が出ても問題ありませんし、アルバイト先の誰かが『いるけど今日は休みですよ。』と返事してくれればそれで終わりです。

事前にアルバイト先に電話があるかもしれない旨の伝えておくと安心です。

社員やアルバイトのリーダークラスの人に『クレジットカードの申込みするので勤務先の確認の電話があります。本人が勤めていることを答えて下さい』と伝えれば深くは聞かれないでしょう。クレジットカードを作成するときも同様に電話が来ることが多いので、言い訳としても納得がいくものです。

また、本人確認の電話の時に消費者金融のオペレーターに在籍確認の電話のタイミングを相談することが可能です。自分が勤めている時間にかけてもらうのが一番無難でしょう。

在籍確認の詳細は下記の記事を参考にしてください。。

在籍確認が不安な方へ。在籍確認を確実に突破するためのポイント徹底解説

フリーター体験談

フリーターがカードローン・キャッシングを利用してプロミスからお金を借りた体験談を紹介します。

プロミスを利用しようか迷っている方は是非参考にしてください。

【体験談】コンビニバイトのフリーターでもプロミスからお金を借りることができました

フリーター(コンビニバイト)体験談

私は大学を卒業したものの就職せずにコンビニでアルバイトを開始して1年が経過していました。

住んでいた賃貸アパートの更新日が近付いてきたのでキレイなマンションに引越しをしたいと思うようになりましたが、アルバイト代で飲み歩いており、貯金がほとんどなかったため、敷金・礼金・引越し代を払う余裕がありません。

そこで、思いついたのが電車の中吊り広告で良く見かけたプロミスでした。調べてみると30日間利息無料とのことで『これはお得だ!』と思いすぐに利用することにしました。

すぐにスマホから申込み。30万円希望で出して、特に問題なく満額借りることが出来ました。プロミスのスタッフから申込み内容確認の電話があり、世間話ついでに手続きや審査について色々聞いてみたのですが、優しく答えてくれたのが好印象でした。

申し込んでから1時間半程度で自分の口座に振り込んでくれたので、『なんて手軽なんだろう』と思ったのです。月々の返済額は1万円と少し。負担もなくコンビニで返済が出来るのが良かったです。

23歳男性、フリーター(アルバイト)

まとめ

フリーターでも、20歳以上69歳以下で定期的にアルバイトをしていれば30万程度まではお金を借りることができます。

特に消費者金融再大手のプロミスであれば、アルバイトやフリーター(※)にも積極的にお金を貸し出していますので安心してお金を借りることが出来ます。

※アルバイト・パートによる安定した収入がある方

プロミス

プロミスはテレビCMを多くやっているため、初めての方に多く利用されているため、カードローン初心者にも優しく対応してくれますよ。

フリーターでお金を借りたい人はプロミスの利用がおすすめです。

下記から簡単な手続きで申し込めるのでうまく活用して下さいね。