静岡銀行カードローン セレカで増額!審査通過のポイントを徹底解説

セレカ増額

静岡銀行のカードローン『セレカ』をよく使っていて限度額が足りない人、結構いると思います。

セレカの限度額は最高500万円

カードローンで多くお金を借りたい人にとっては魅力的な金額です。

セレカの増額申込みはネットで簡単にできるのでチャレンジしてみたいと思う方も多いことでしょう。

しかし、気になるのが増額のときの審査。誰でも簡単に増額を通してくれるのでしょうか?

今回は、セレカの増額申し込み方法や審査内容、審査のポイント、増額を申し込む人が注意点すべき点などを紹介します。

セレカで増額を希望するときの申込み方法と必要書類

セレカの増額の申込み方法

セレカの増額の申込み方法はネットからで簡単

セレカではネットから簡単に増額を申込むことができます。

静岡銀行のインターネットバンキング「WebWallet(ウェブウォレット)」にログインしてください。

その後、「カードローン」メニューより増額申し込みが可能です。

セレカで増額を希望するときの必要書類

基本的に、セレカで増額を希望するときの必要書類はありません。

ただし、増額後の限度額が50万円以上の場合で、まだ収入証明書を提出していない方は、収入証明書類の提出が必要となります。

サラリーマンであれば源泉徴収票、自営業者や個人事業主であれば確定申告書が代表的な書類です。

セレカで増額するときの審査内容を徹底解説!どんな人が増額できる?

セレカの増額審査の内容

増額審査は電話での聞き取りと利用状況の確認、信用状況のチェックがメイン

セレカで増額するときの審査は、電話での聞き取りと利用状況の確認、信用状況のチェックがメインです。

収入状況についての聞き取りがなされる

電話での聞き取りのメインは、収入状況についてです。

『収入の増減はあったか』、『勤務先は変わっていないか』、『雇用形態に変更はないか』など、収入に直結するような質問をされます。

セレカの利用状況も審査の対象になる

電話での聞き取りや在籍確認は、新規申込の審査でも行われるかもしれませんが、セレカの利用状況の調査は増額ならではの審査項目です。

ろくにセレカを利用しておらず、静岡銀行側としては収入状況がよく分からない中で、利用者から増額申込があっても、素直に審査通過とはいきません。

半年以上セレカの利用歴があり、この間に着実に返済をしている場合には審査に通りやすくなるでしょう。

信用情報は必ずチェックされる

セレカでは増額審査の際に利用者の信用情報(クレジットやカードローン等の利用履歴情報)も必ずチェックします。

『他社のカードローンの残高が増えていないか?』
『他社のカードローンで延滞がないか?』
『債務整理や他社の強制解約などの金融事故を起こしていないか?』

これらに当てはまる場合には審査に通るのが難しくなります。

在籍確認がある場合も

利用者の利用状況によっては、新規申込と同様に、電話での在籍確認が行われる場合があります。

特に、セレカと契約したにもかかわらずあまり利用していないと、銀行側の担当者が再度勤務先に在籍確認を行う可能性があります。

セレカで増額するときに増額されやすい人

こんな人は、セレカで増額するときに審査を通過する可能性が高いです。

限度額近くまで利用している

セレカの限度額近くまで借りている利用者は、借りたくても限度額の関係でそれ以上借りられないかもしれません。

そうなると、銀行側としてはせっかくのチャンスを逸していることになるため、セレカの限度額いっぱいに利用している人は増額される可能性が高いです。

期日内に返済している

いくらセレカで限度額近くまで借りていても、返済が遅れがちでは静岡銀行側もいつ長期延滞になるか気が気ではありません。

今まで遅滞なく、期日内にきちんと返済している人であれば、返済能力があると判断されて、審査通過の可能性が高くなります。

収入が増えた

電話での聞き取りでは主に収入状況を聞きますが、収入が増えていると審査通過の可能性が高いです。

例えば、以下のようなケースです。

セレカで増額しやすい人の特徴

  • 給料が上がった
  • 昇進した
  • アルバイト→正社員に雇用形態が変わった
  • 中小企業→大企業に転職した

セレカで増額を申し込む前にチェックすべきポイント

セレカ増額注意点

そもそも50万円以上は増額できない人がいる

パートタイマーやアルバイト、派遣社員や主婦(夫)は、どんなに頑張ってもセレカで50万円以上の限度額を手にすることはできません。

正社員以外の方で、50万円以上借りたい方は他社のカードローンを利用した方が良いでしょう。

セレカの増額審査は入会審査より厳しい

セレカの増額審査は、初回申し込み時よりも間違えなく審査が厳しいです。

初回の審査では「収入や継続安定性」が重要なポイントとなるのに対して、増額審査では「入会時からどれだけ状況が好転したか」、具体的には借入や返済の実績、当初申し込み時からの収入の増減が審査で重視されるからです。

さらに、一時期、銀行カードローンの過剰融資が問題化したこともあって、各銀行ともにカードローンの増額には慎重になっています。

審査結果が出るには時間がかかる

2018年1月より銀行カードローンの審査が厳格化されており、申し込み当日中の審査結果回答や当日中のお金の借入れが出来ないようになっています。

増額時の審査には、当初申し込み時よりも審査に時間をかけるようにしているため、審査回答までは1週間ほどかかる場合が多いでしょう。

審査に落ちたときのリスクが高い

セレカの増額に申し込み後、仮に審査に落ちてしまった場合、その後の生活に悪影響を及ぼす可能性があります。

増額審査は簡単にできる反面、実はリスクが高いものなのです。

下記のような状況に陥るかもしれません。

セレカ増額審査に落ちた場合の悪影響

  • 信用情報にアコムの増額審査に落ちた履歴が残る
  • 他社カードローンの審査に落ちる
  • クレジットカードの審査に落ちる
  • セレカ自体の利用限度額を減らされる・最悪利用停止となる

まず金融機関各社が見ることができる信用情報にセレカの増額申し込みに落ちた履歴が残ります。

次に他社のカードローンやクレジットカードに申し込む場合、セレカの増額審査に落ちた点を不安視され、審査に通らなくなる可能性があります。

さらに、当初申し込み時より年収が下がっている場合や他社の借入れでトラブルを起こしている場合は、審査を行う中で要注意人物としてマークされ、セレカの利用限度額を逆に減らされたり、最悪の場合は利用停止になる可能性もあります。

増額審査に不安がある人は、増額の申し込みをやめておいた方がよいでしょう。

増額申込みの前に他社への申込みを検討しておく

増額申込みの審査は新規申込の場合に比べて、厳しく見られることが多いです。

下手に増額の申込みをして、審査落ちで信用情報を悪くしたり、限度額の減額をされるよりは他社に申込みした方が絶対に良いです。

セレカの増額審査が不安な方に特におすすめなのが、セレカと同じく無利息サービスを行っている『アコム』とWEB完結申込でスマホから簡単に申し込めて職場や家族に絶対ばれない『SMBCモビット』です。

アコムの特徴

アコムの特徴としては下記の3点です。

初めての方は最大30日間無利息サービス
最短30分で審査完了!夜間・土日休日も即日融資受付
業界トップクラスの審査通過率で安心の借入れ

アコムを初めて利用する方は30日間無利息サービスで無料でお金を借りることが出来ますし、スマホやパソコンからすぐに申し込むことが出来ます。

『すぐにお金を借りたい』という方に評判が良く、申し込みからお金の借入れまでスピーディに対応してくれます。

下記のリンクから簡単な手続きでアコムに申し込めますので是非試してみてください。

アコムの特徴と申し込み方法を下記のページで解説していますので参考にしてください。

最短1時間スピード融資!アコムのおすすめポイントと審査の詳細

2016.05.24

SMBCモビットの特徴と申込み方法

わずか10秒で簡易審査結果表示!スピード審査
電話連絡なし・郵送物なし
スマホ・パソコンで簡単申込み

SMBCモビットの一番の特徴は電話連絡がなく、家族や職場に絶対にばれないことです。

スマホやパソコンだけで申込みから審査・振込みまで全て完了する『WEB完結申込』を使えば、電話連絡や郵送物がないため、全くばれずにお金を借りることが出来ます。

10秒簡易審査で審査がスピーディーで申し込んだ当日にお金を借りることも可能です(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の借入れとなることもあります)。

申込みも簡単でスマホやパソコンから数分で申し込むことが出来て、来店は不要です。

下記のリンクから簡単にSMBCモビットに申し込めますので是非試してみてください。

SMBCモビットで誰にもばれずに借りる手順詳細について下記の記事にまとめていますので是非ご参考にしてください。

絶対にバレない!SMBCモビットを内緒で借りる方法とは

2016.10.20

まとめ

セレカで増額申し込みは簡単に行なえますが、審査通過はさほど簡単ではありません。

審査に時間がかかり、希望通りの増額にならない可能性が高いです。

このため、少しでも早くお金を借りたい方は、セレカで増額するのではなく他のカードローンに新規申込をする方がおすすめです。

その場合、『アコム』『SMBCモビット』への申し込みを検討するのが良いでしょう。