初めてお金を借りる前にこれだけ読んで!キャッシング・カードローン基礎知識

はじめてのキャッシング

『給料日前で手元のお金が足りなくなった』
『冠婚葬祭や病気などで急にお金が必要となった』
『旅行や大きい買い物をしたい』…など様々な場面で役立つのがキャッシング・カードローンです。

お金を借りてみたいものの、『キャッシングって何?安心なの?』『私でもお金を借りれるの?』『家族や職場にばれたら大事だ』と不安を持ち、今まで利用をしていなかった人もいると思います。

一方で、便利なサービスであることから、『借りたいときに借りて、お金が貯まったときに一気に返済』とスマートに使っている人が数多くいます。
その数、約1900万人(2015年実績)。自分が知らないだけで周囲の人はみんな使っているサービスなのです。

実は、キャッシング・カードローンは収入さえあれば誰でもお手軽に利用できるサービスなのです。家族・職場に内緒に借りることも出来ますし、借りるときはオペレータが丁寧・親身になって説明してくれるため安心して借り入れすることが出来ます。

ここでは、キャッシング・カードローンを初めて利用する人、これから利用しようとする人向けにキャッシング・カードローンの基礎知識を紹介したいと思います。

そもそもキャッシング・カードローンって何?

キャッシング・カードローンは共に、消費者金融・銀行などから無担保・無保証でお金を借りることであり、消費者金融・銀行の審査に通れば、店舗・ATM、コンビニなどからいつでも現金を引き出すことが出来る便利なサービスです。

誰かに保証人を頼む必要もなく、借金の方に何かを取られるわけでもなく、手軽にお金を借りることが出来るため、交際費や生活費、冠婚葬祭などのため多くの利用者に使われています。

なお、キャッシング・カードローンは元々は返済方法の違いによって、一括払い(キャッシング)・分割払い(カードローン)と使い分けていましたが、今では同じ意味として使われています。消費者金融や銀行からお金を借りるためのカードを発行してもらい、ATMで現金を引き出したり、自分の口座に振り込んでもらうことが出来るという意味で同じ扱いです。

お金の借り入れは安心なの?取り立ては厳しくない??

TVCMを流しているようなアコム・プロミスなどの消費者金融は、貸金業者の業務等について定めている「貸金法」という法律に従って業務を行っており、違反すると国や自治体から業務停止を命令されることもあるため、違法な貸し付けや取り立てが行われることは絶対なく、安心して利用することができます。銀行についても「銀行法」に従っているため同様です。

事前に契約した内容に従って返済すれば、取り立ての電話が掛かってくることはないですし、少し返済に遅れた場合でもオペレーターと電話で返済日を調整すればその後再度連絡が来ることはありません。ましてや、映画やテレビで見るような、取り立てのための暴力行為や怒鳴り声・家への押しかけなどは全くあり得ないので安心して下さい。

貸金業法が施行される2010年以前は、武富士(2010年9月に倒産)が過激な取り立てを行ったことで新聞沙汰になるなど、利用者の立場が危うくなるようなこともあったのですが、貸金業法が施行され、今や安心・安全にお金を借りることが出来るようになりました。

誰でも借りることが出来るの?

キャッシング・カードローン業者によって若干の差異はありますが、「20歳以上69歳以下で安定した収入がある人」であれば誰でも借りることが出来ます。

ただし、消費者金融・銀行によって、「きちんと返してくれるかどうか」を判断する審査があるため、審査に通らなければ借りることが出来ません。

審査の基準は公表されていませんが、下記のポイントを押さえれば審査に通ってお金を借りることが出来ます。

ポイント1:安定した収入がある

安定した収入とは、正社員・派遣・アルバイトなどにより定期的に収入を得ていることを示します。フリータやアルバイトであっても定期的な収入があれば借りることが出来るのです。

ただし、収入があっても短期間で職を転々としている場合や正社員であっても休職中である場合は審査に落ちる可能性が高いです。

どこから借りても本人が職場に勤めていることを確認する電話(在籍確認)がありますので、そこで勤務していることを証明できなければ審査に落ちることがあります。これは派遣やアルバイトも同様です。

借り入れ額が大きい場合は収入証明書が求められることもあり、申告した年収が証明できなければ、審査に落ちます。

ポイント2:借り入れ額が年収に対して適正である

消費者金融であれば、総量規制という国の規制によって年収の3分の1を超えるお金を貸すことが出来ないことになっています。

このため、年収300万円の人が借りることが出来る最大額は100万円です。申込み時点で借り入れ希望額を150万円としていた場合は必ず落ちます。銀行は総量規制の対象ではないのですが、同様に年収に対しての借り入れ額が大きい場合には審査を通過することは難しいでしょう。

また、現在の借り入れ状況は、信用情報を管理する信用情報機関によって管理されているため、現時点での借り入れ金額が多いのに、さらに借り入れしようとした場合でも同様に審査に落ちる可能性が高いです。

ポイント3:過去の借り入れで問題を起こしていない

過去の借り入れで延滞や債務整理・踏み倒しなどの問題を起こしている場合は、信用情報機関が管理する信用情報に「事故情報」として登録されてしまいます。
消費者金融・銀行は審査で信用情報を必ず照会しますから、事故情報の登録を見つけ次第、審査を通ることは不可能になります。

なお、信用情報の照会は、システムで自動的に実施していることがほとんどであるため、調整の余地なく問答無用で審査に落ちることとなります。

家族・職場にばれることなく借りれるの?

もちろん、家族や職場にばれることなく借り入れは出来ます。
ただし、業者によって郵便物・職場への在籍確認電話の有無が異なりますから、これらに配慮した「ばれにくい業者」を使うのをお勧めします。

SMBCモビットならばWEB完結申込みというサービスを申し込むことによって、郵便物・職場への確認電話が全くなく、スマホやパソコンのみで完結する借り入れが出来るため、家族や職場にばれることはありません。

SMBCモビットは下記のリンクから簡単に申込みが出来ますので、利用してみてはいかがでしょうか?

SMBCモビットで職場や家族に絶対にばれない方法については下記の記事で紹介していますので、参考にしてください。

絶対にバレない!SMBCモビットを内緒で借りる方法とは

2016.10.20

また、カードや利用明細が自宅に郵送されてきたときに、家族にバレてしまった、という体験談が数多く寄せられていますが、これは下記のポイントを押さえるだけで防ぐことが出来ます。

ポイント1:WEB明細サービスを利用する

毎月郵送で送られてくる利用明細は厄介です。消費者金融であれば、一応差出人が消費者金融だと分からないようにしてくれていますが(例:アコムならば差出人はACサービスセンター)、家族に封を開けてしまわれればそれまでです。

しかし、郵送で受け取らない設定にさえすれば、利用明細が郵送で送られることはありません。

スマホやパソコンから個人ごとの専用ページで「WEB明細サービスを利用する」という設定を行うだけで、以後全く郵送を行わなくすることが出来ます。申し込み時に簡単に設定ができるので忘れずに行いましょう。

ポイント2:カードは郵送ではなく自動契約機で受け取る

申し込み時にATMからお金を借りるときに必要となるカードを郵送か自動契約機で受け取るかどちらかを選択できます。スマホやパソコンで申し込んで近くの自動契約機に行き、その場でカードを受け取るようにすれば、お金を借り入れするまでの時間短縮にもなるのでおすすめです。

また、プロミスやSMBCモビットはカードをそもそも受け取らないことも出来ますので、カードが見つかってしまうのが心配ならば、プロミスやSMBCモビットを利用することをお勧めします。

どうやって借り入れするの?すぐ借りれるの?

スマホやパソコンから消費者金融・銀行の公式サイトへ行き、住所・氏名などの自分に関する情報や勤務先の情報、借り入れ希望金額を入力することによって24時間申し込み出来ます。

入力自体は10分程度で完了し、即日融資に対応している消費者金融・銀行であれば、最短30分程度で電話・メールで審査結果が通知されます。審査に問題がなければ、自分の口座への振込み、または、カード発行後にATMでの借り入れとなります

わざわざ消費者金融や銀行の窓口や自動契約機に行く必要はありません。最近どの業者でも即日融資を実施しているため、申し込んだ当日中にお金を手に入れることが出来ます。

なお、消費者金融・銀行、どの業者も下記の4つの申し込み方法に対応しています。

  1. スマホやパソコンからの申し込み
  2. 自動契約機での申し込み
  3. 電話での申し込み
  4. 郵送での申し込み

ただし、「電話での申し込み」や「郵送での申し込み」は、申し込みに時間がかかることからお勧めはできません。

すぐにお金を借りたい人にとっては「スマホやパソコンからの申し込み」が一番便利なのは間違いありません。どの業者も簡単に入力できるように対応していますし、その場ですぐに簡易な審査結果を見ることも出来ます。

例えば、即日融資も可能なプロミスならば、スマホやパソコンで申し込んだ当日に最短1時間でお金を借りることが出来ますのでとてもスピーディで便利です。

プロミスは下記のリンクから簡単に申込みが出来ますので、急いでいる方は利用してみてはいかがでしょうか?

当日中やお急ぎで借入れしたい人はプロミスの即日融資について下記の記事にまとめていますので参考にしてください。

何時まで?在籍確認は?プロミスで即日融資を申し込むときの注意点

2016.08.18

なお、いずれの場合も免許証などの本人確認書類が必要となります。借り入れ金額が大きい場合は収入証明書が求められる場合もありますのでご注意下さい。

返済はどこで出来るの?

返済用口座への振り込みや引き落とし、ATMなど、様々方法で返済を行うことが出来ます。返済をするのにわざわざ窓口に行かなければならない、、なんてことはありません。
提携している銀行のATMやコンビニATMで簡単に返済することが出来るため、お手軽に返済することが出来ます。手数料無料のサービスを行っている業者も多いです。

スマホやパソコンから気軽に借りれて、コンビニでお手軽に返済できるのはうれしいですね。

まとめ

キャッシング・カードローンの申し込みから返済まで、初めて利用する方が理解しておきたい基礎知識や便利に利用する方法をご紹介してきました。

審査が不安な方でも、いくつかのポイントを知っておけば、問題なく審査を通ることができます。

家族や職場にバレるのを防ぐ方法もありますし、WEBからの申し込みで来店不要・簡単な手続きでお金を借りることが出来ます。

キャッシング・カードローンを上手に使って、欲しいものを我慢することのない質の高い生活を楽しんでください。