最新審査通過率で比較!カードローン・キャッシングの審査通過率

審査に通りやすいカードローン・キャッシングとは?

カードローン・キャッシングでお金を借りようと思ったときに不安なのが金融機関による審査ですね。お金を借りる前には『審査に落ちたらどうしよう?』『審査に通過しやすいのはどこかな?』と誰もが悩むものです。

そこで、今回は消費者金融・銀行各社が公表しているカードローン・キャッシング業者の審査通過率を比較・説明します。

審査通過率とは?

審査通過率とは、消費者金融・銀行のカードローン・キャッシングに申し込んだ人が、無事に審査に通過してお金を借りることが出来た割合のことです。例えば、審査通過率40%であれば、『カードローン・キャッシングに100人申し込んだ場合、40人が審査に通過してお金を借りることが出来る』という意味です。

大手消費者金融と一部の銀行は会社の決算報告の中で株主に対する業績報告の一環として、審査通過率を報告しています。

なお、審査通過率は成約率、承認率など言われることもありますが、全て同じ意味です。

アコムの審査通過率

アコム

消費者金融各社の中で審査通過率が一番高いのはアコムです。アコムの審査通過率は2015年度の実績が47.9%。46.2万人が申し込んで22.1万人がお金を借りることが出来ています。
最近の2016年1月~5月の実績で見ると45%~49%で推移しています。

ざっくり言うと、申込者に対して約半数が審査に通過しています。

約半数というと、一見少ないように見えますが、中には無職での申し込みや年齢条件が合わない(20歳未満、70歳以上)などそもそもの申込み条件に合致しない人も多く申し込んでいるので、安定した収入がある方のみで見たときの審査通過率はもっと高いと考えられます。

アコムは正社員・派遣などの安定的に収入を得ている人は勿論審査に通過しやすいのですが、アルバイト・フリータでも10万円~20万円など限度額に設定して借りれるように対応していることが多く、これが審査通過率が高い理由となっていると考えられます。

アコム審査通過率 ※アコム株式会社のIR情報より転記
新規申込数 新規顧客数 審査通過率(%)
2016年1月 36,272 16,496 45.5
2016年2月 37,032 17,417 47.0
2016年3月 44,626 20,668 46.3
2016年4月 39,804 18,798 47.2
2016年5月 46,122 22,234 48.2
2015年合計 462,434 221,791 47.9

プロミスの審査通過率

プロミスの審査通過率は2015年度の実績が43.5%です。47.2万人が申し込んで20.5万人がお金を借りることが出来ています。
最近の2016年1月~5月の実績で見ると42%~44%で推移しています。

審査通過率がアコムに比べて若干低くなっています。

WEB完結申込みで簡単な手続きで申し込めるようにしていることから、アコムよりも申込み者が若干多く、その分審査通過率が低くなっているようです。

プロミス審査通過率 ※SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のIR情報より転記
新規申込数 新規顧客数 審査通過率(%)
2016年1月 34,670 15,015 43.3
2016年2月 40,178 17,641 43.9
2016年3月 44,522 19,782 44.4
2016年4月 39,548 16,783 42.4
2016年5月 46,033 20,242 44.o
2015年合計 472,507 205,770 43.5

アイフルの審査通過率

アイフル

アイフルの審査通過率は2015年度の実績が46.5%です。38.8万人が申し込んで18.0万人がお金を借りることが出来ています。
最近の2016年1月~5月の実績で見ると45%~47%で推移しています。

こちらも審査通過率がアコムに比べて若干低くなっています。

アイフル審査通過率 ※アイフル株式会社のIR情報より転記
新規申込数 新規顧客数 審査通過率(%)
2016年1月 29,046 13,558 46.7
2016年2月 31,856 15,216 47.8
2016年3月 40,109 18,949 47.2
2016年4月 34,125 15,673 45.9
2016年5月 37,109 17,458 47.0
2015年合計 388,541 180,666 46.5

SMBCモビットの審査通過率

SMBCモビットの審査通過率は公表しておらず、私たちが審査通過率を把握する方法はありません。
IR情報に新規顧客数や残高などの一部情報は掲載されているのですが、審査通過率までは公表していません。

ただ、消費者金融大手のアコムやプロミス、アイフルと同程度か若干落ちるぐらいの審査通過率ではないかと推測しています。

銀行カードローンの審査通過率は?

銀行カードローンの審査通過率は正確な値は公表していないところがほとんどです。しかし、消費者金融に比べて金利が低い分、消費者金融の審査通過率に比べて低いと考えられます。銀行カードローンは金利を低くして銀行側の利益を低くしている分、滞納や延滞、債務整理などによる損失を少なくするように審査を厳しくしているのです。
事実、銀行カードローンでは審査に通過しなかったものの、消費者金融では審査に通過したという話が多く聞かれます。

例えば、新生銀行のカードローン(レイク)は4.5%~18.0%と消費者金融並みに金利が高いものの、審査通過率は2015年の実績で33%~35%と先ほど紹介した消費者金融に比べて低くなっています。

レイク審査通過率

金利が低く総量規制対象外である大手銀行カードローンはさらに審査通過率は低いものと推測出来ます。

まとめ

審査通過率の実績は下記の順となっています。

アコム > アイフル > プロミス > SMBCモビット > 銀行カードローン

審査通過率からは、カードローン・キャッシングでおすすめ金融機関はアコムと言えるでしょう。審査に不安がある方はまずはアコムに申し込んでみるのが良いと思います。

まずは金利が低い銀行カードローンに申し込んでだめなら消費者金融という手もありますが、申し込み履歴や審査結果も信用情報に蓄積されてしまうため、消費者金融の審査に不利となること可能性もあります。

「正社員ではない」、「勤続年数が短い」、「年収が低い」など自身の属性が低い場合はアコム、アイフル、プロミスなどの消費者金融に申し込むことをお勧めします。