アコムから届く郵便物の解説!アコムからの郵便物を止める方法

アコムの郵便物

アコムでお金を借りたいと思うときに気になるのが、アコムから送られてくる郵送物。

『アコムから何か郵便が来たら、アコムを使っているのがばれるのでは?』と考える人もいるでしょう。

実際、アコムから来た郵送物で家族や友人にバレてしまったという方も多いのです。

アコムからの郵便を家族がうっかり開封してしまったら、カードローンの利用がばれる可能性が高いですよね。

たまたま遊びに来た友人や同僚が郵便物を見てしまうかもしれません。

しかし、実はうまく対処すれば、アコムからの郵送物を完全に止めることが出来るのです。

今回は、アコムから届く郵便物の種類とアコムからの郵便物を自宅に届かないようにする方法をご紹介します。

アコムから届く郵送物の種類

アコムから届く郵便物の全て

アコムから届く郵送物には、以下のようなものがあります。

  1. 申込書類
  2. 契約書類
  3. ローン用のカード
  4. 明細書
  5. 督促状
  6. その他郵便物

それぞれ内容を紹介します。

1.申込書類

アコムに申し込むにはいくつかの方法がありますが、『郵送』での申し込みを選択した場合のみ、申し込み内容を記入するための書類が自宅に郵送されます。

スマホ・パソコンで申し込む場合やむじんくんで申し込む場合には、申込書類は郵送されません。

2.契約書類

アコムとの契約が完了した場合に発行される契約が完了したことを示す書類です。

法律で利用者に渡すことが義務づけられています。

むじんくんや店頭で契約した場合は、その場で契約書類が発行されます。

一方、スマホやパソコンで申し込みを行い、そのままネット上で契約手続きまで行った場合、契約完了後に契約書類が自宅宛に送られてきます。

3.ローンカード

アコムのATMやコンビニなどの提携ATMでお金を借りるためのローン用のカードです。

こちらも契約書類と同様に、むじんくんや店頭で契約した場合はその場で発行されますが、スマホやパソコンで申し込みから契約まで行った場合は、契約完了後に自宅に郵送されてきます。

4.明細書

アコムでは、ATMや店頭で借入れや返済を行う度にその場で明細書が発行されます。

しかし、口座振込でお金を借りた場合や口座振替で返済する場合はその場で明細書が発行できないため、後日アコムから明細書が自宅に郵送されてきます。

5.督促状

決められた返済日を過ぎてしばらくたつと、アコムから郵送で督促状が届きます。

返済をきちんと行っている場合は、送られてきません。

延滞しない限りは送られてこないので、そこまで気にしなくて良いでしょう。

6.その他郵便物

その他の郵便物としては、利用者が請求したときに送られてくる書類があります。

例えば、アコムを解約したときに、利用者が請求すれば届く『解約証明書』、カードの再発行をお願いしたときに届く『(再発行後)カード』です。

その他の郵便物はこちらからお願いしない限り、まず届くことはありませんし、届く前には必ずアコムから連絡が来ますので、そこまで気にする必要はないでしょう。

アコムの郵送物の差出人名は?ばれる?

アコムの郵送物の差出人名

アコムからの郵便物の差出人は、全て『ACサービスセンター事務係』となっています。

正確には「アコム内ACサービスセンター事務係」なのですが、これですとアコムからの郵便物だとばれてしまうので、『ACサービスセンター事務係』という名称で送られてきます。

送り元の住所は、「〒240-0005 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134 横浜ビジネスパークウエストタワー9F」です。

封筒には「カードローン関係書類」などとは書いておらず、封筒も地味でアコムのロゴなども入っておりません。

パッと見ただけでは、アコムからの郵便物であることはばれないでしょう。

アコムの郵便物を完全に止める方法

アコムの郵送物の差出人名

家族や友人などにばれるのを防ぐために、アコムからの郵便物を完全に止めるためには下記の対処を行う必要があります。

  1. スマホ・パソコンなどのインターネットから申し込む
  2. 契約はむじんくん、または店頭で行う
  3. WEBで明細を受けとる
  4. 返済を遅延しない。遅延する場合はすぐにアコムに連絡する

それぞれ詳細を説明します。

スマホ・パソコンなどのインターネットから申し込む

『郵送』での申し込むと記入用の申込書類が送られてきてしまいます。

一方、その場で入力することが出来る『スマホ』や『パソコン』での申し込めば、申込書類が郵送されることはありません

簡単に入力が出来ますし、いつでもどこでも申し込めるのでスマホ・パソコンでの申し込みがおすすめです。

契約はむじんくん、または店頭で行う

カードと契約書書類はむじんくん・店頭で受け取れば、郵送されることはありません。

下記の通り、申し込みを進めると郵送物がなくなり、ばれることがなくなるでしょう。

  1. インタネットで申し込み
  2. むじんくんで契約
  3. むじんくんでカード・契約書を受取

WEBで明細を受けとる

アコムでは、明細書を郵送しないように設定できます。

アコムと初めて契約する方は、審査完了後に送られてくる「契約手続きのお願い」のメールから設定できます。

既に会員の方は、マイページにログインしてから「交付書面の受取方法登録・変更」を選択し、「電磁交付」を選択すれば明細書は送られてきません。

返済を遅延しない。遅延する場合はすぐにアコムに連絡する

アコムからの郵便物で、督促状だけは送らないようにお願いしても聞き入れてもらえません。

ただし、決められた返済日を過ぎてもすぐに郵便物が送られてくるわけではありません。

「何度も延滞している」「支払いの意思が感じられない」とアコムが判断した場合、督促状が送られてきます。

このため、まずは返済を遅延しないこと遅延したとしても都度アコムに連絡して『いつまでに返済する』と約束すれば、督促状が送られてくることはありません。

SMBCモビットのWEB完結申込ならば完全に郵送物をなくせる

アコムではないのですが、SMBCモビットのWEB完結申込を利用するのも賢いやり方です。

SMBCモビットのWEB完結申込ならば、郵送物は一切送られてきません。

全てWEB上で確認するようになっています。

さらには、電話連絡も一切なし。ばれる心配が全くないのがSMBCモビットのおすすめポイントなのです。

10秒簡易審査機能で審査手続きがスピーディーで申し込んだ当日にお金を借りることも可能です(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の借入れとなることもあります)。

下記のリンクから簡単にSMBCモビットに申し込めますので是非試してみてください。

まとめ

アコム

アコムから届く郵便物は下記の6種類です。

  1. 申込書類
  2. 契約書類
  3. ローン用のカード
  4. 明細書
  5. 督促状
  6. その他(利用者が請求した書類など。ほとんどない)

いずれの郵便物も自宅に郵送されるのを止めることができます。

アコムはプライバシーに十分考慮していますので、絶対にバレたくない人にとっても安心して利用できるカードローンですね。

お金に困ったら、本記事を参考にアコムを利用してみてはいかがでしょうか?