アコムの返済シミュレーションと返済方法。アコムの返済は意外と楽!

アコムの返済

アコムでお金を借りたときに気になるのが『返済金額と返済方法』

『返済はどこでできるのだろう?』
『毎月返すのが大変じゃないかな?返済に追われそう』
『返済日はいつだろう?返済日って変更できるのかな?』

アコムの返済について、不安に思っている方も多いでしょう。

しかし、アコムの返済は思っているよりも楽なのです

10万円かりても月々の返済は3,000円から。これならば、負担感なく返すことができそうですよね。

さらに、コンビニATMや銀行などの提携ATM、インターネット、口座振替など様々な返済方法に対応しており、アコムならいつでもどこでも返済できるのが嬉しいポイントです。

今回は、アコムの返済日・返済方法・毎回の返済額について、詳しくご紹介します。

ヒロ
今回はアコムの利用をご検討されている方向けに、

  • アコムの月々の返済額
  • アコムの返済方法
  • アコムの返済日

など、返済にかかわる色々をご紹介します。アコムは月々1,000円からの返済で、安心して借りれます。

アコムの返済方法を知りたい方や返済に困っている方はぜひご参考にしてください。

\ 最大30日間ただでお金が借りれる!! /

アコムの返済方法

アコム返済方法

アコムには、以下のように多彩な返済方法が用意されており、利用者は自分に合う返済方法を選ぶことができます。

  1. インタネット
  2. アコムATM
  3. 提携ATM
  4. アコム店頭窓口
  5. 銀行振込
  6. 口座振替

それぞれの返済方法について詳細を説明します。

インターネット

アコムの会員ページから銀行のインターネットバンキングにログインして返済する方法です。

24時間365日返済の受付をしており、手数料がかかりません。

返済の流れは、以下の通りです。

アコム インターネット返済のやり方

  1. アコムの会員サービスにログイン
  2. 「インターネットでのご返済」をクリック
  3. 返済金額を入力
  4. 出金相手となる金融機関を選択して、インターネットバンキングにログイン
  5. 決済口座を選択して支払い実行

必要なもの

特にありません。

パソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも返済ができます。

手数料

手数料は0円、無料で返済が出来ます。

アコムATM

アコム店舗や自動契約機(むじんくん)に併設されているアコムのATMで返済する方法です。

24時間365日返済の受付をしており、手数料がかかりません。

返済の流れは、以下の通りです。

アコム ATM返済のやり方

  1. ATMにカードを挿入
  2. 暗証番号を入力
  3. 「返済」を選択
  4. 現金を入れて「読取」→「確認」を選択
  5. 明細書とカードを受け取る

必要なもの

アコムのカードと現金が必要です。

ただし、カードを忘れた場合でも、自身の生年月日、電話番号、カードの暗証番号を入力すれば返済は可能です。

手数料

手数料は0円、無料で返済が出来ます。

提携ATM

アコムが提携している銀行ATM・コンビニATMで返済する方法です。

以下の銀行やコンビニエンスストアの提携ATM(アコムのステッカーが目印)で、返済が可能です。

提携ATM 主な設置場所
三菱UFJ銀行ATM 三菱UFJ銀行
イオン銀行ATM イオン、ミニストップ、ダイエー、まいばすけっとなど
セブン銀行ATM セブンイレブン
Enet(イーネット) ファミリーマート
ミニストップ
ローソンATM ローソン
クレディセゾンATM 西友、そごう、タカシマヤ、ららぽーと、西武、パルコ、三井アウトレットパークなど
北海道銀行ATM 北海道銀行
北陸銀行ATM 北陸銀行
東京スター銀行ATM 東京スター銀行
八十二銀行ATM 八十二銀行
第三銀行ATM 第三銀行
広島銀行ATM 広島銀行
西日本シティ銀行ATM 西日本シティ銀行
福岡銀行ATM 福岡銀行
親和銀行ATM 親和銀行
熊本銀行ATM 熊本銀行
熊本銀行ATM 熊本銀行

必要なもの

アコムのカードと現金が必要です。

手数料

手数料は下記の通りです。

  • 返済金額1万円以下:108円
  • 返済金額1万円超 :216円

店頭窓口

アコムの店舗に行き、現金で直接返済する方法です。

店頭窓口で返済する場合、その場でアコムの担当者と相談することができますので、返済計画や今後の借入れについて相談したいことがある場合は店舗に行くのがよいでしょう。

店頭窓口へ来店する場合は営業時間に注意してください。

アコム店頭窓口の営業時間

営業時間:平日9時半~18時
(※店舗により営業時間、休日が異なります)

必要なもの

アコムのカードと現金を持っていきましょう。

なお、カードがなくても免許証などで本人確認が出来れば、返済ができます。

手数料

こちらも手数料は0円、無料で返済が出来ます。

銀行振込

アコムが用意している返済用の指定口座にお金を振り込んで返済する方法です。

振込み手数料が高いのが難点ですが、近くに銀行がある方やネット銀行を良く使っている方は便利ですね。

振込口座はアコムの会員ページ、または、アコムへの電話で確認できます。

必要なもの

振込み用の口座を必ずメモして銀行にいきましょう。

スマホから会員サービスにログインしてその場で確認することもできます。

手数料

こちらは手数料がかかってしまいます。銀行によって振込み手数料は変わります。

例えばみずほ銀行だと下記の料金となります(キャッシュカード使用時)。

  • 返済金額3万円未満:216円
  • 返済金額3万円未満:432円

口座振替

毎月6日に本人指定の口座から引き落とす返済方法です。

わざわざATMやコンビニに行く必要がないので、忙しい方やめんどくさがり屋の方にぴったりです。

さらに、アコムの口座振替は手数料無料です。

コールセンターに電話をして、口座振替の用紙を送ってもらい、返送すれば手続きが完了です。どこの銀行の口座でも指定可能です。

ただし、手続きをしてから口座振替が利用可能になるまで、1~2ヶ月ほどかかります。

必要なもの

特にありません。

返済に使う銀行の口座に残高があることだけ確認して下さい。

手数料

こちらは手数料は0円、無料で返済が出来ます。

アコムで手数料無料かつお得で便利に返済できる方法はどれ?

前述した6種類の返済方法の中で、手数料がかからない返済方法は、下記の4つです。

  1. インターネット
  2. アコムATM
  3. 店頭窓口
  4. 口座振替

このうち、いちいち返済しに行くのが面倒な人は、自宅に居ながら簡単に返済できる「インターネット」がおすすめです。

「口座振替」もおすすめなのですが、手続きに時間がかかるのが難点です。

\ 最大30日間ただでお金が借りれる!! /

アコムの返済金額のシミュレーション

アコム返済シミュレーション

返済額の計算方法

アコムでは、下記の通り、契約者ごとに設定される借入限度額と実際に借入れる金額によって月々の返済額が変わります。

借入限度額 返済金額
30万円以下 借入金額の4.2%以上
30万円超100万円以下 借入金額の3%以上
100万円超 借入金額の1~3%以上(契約者により設定が異なる)

いずれも1,000円未満は切り上げです。

借入限度額が多い人ほど、同じ金額を借りても返済額は少なくなるのです。

アコムの返済シミュレーション① 限度額30万円以下の場合

ここから借入れ金額ごとの返済額のシミュレーションを紹介します。

借入限度額が30万円以下と借入限度額が30万円超だと返済金額が異なるため、まずは借入限度額が30万円以下の場合を紹介します。

30万円借りたとしても、月々の返済は13,000円。

給料の範囲内で返せそうですよね。

借入金額 返済額
1万円 1,000円
2万円 1,000円
5万円 3,000円
10万円 5,000円
20万円 9,000円
30万円 13,000円

アコムの返済シミュレーション② 限度額30万円超の場合

次に借入限度額が30万円超の場合の返済金額を紹介します。

こちらは30万円借りたとしても、月々の返済金額は9,000円。

この金額ならば、お金を借りたとしても負担なく返せますよね。

借入金額 返済額
1万円 1,000円
3万円 1,000円
5万円 2,000円
10万円 3,000円
20万円 6,000円
30万円 9,000円
40万円 12,000円
50万円 15,000円
70万円 21,000円
100万円 30,000円

なお、上記の返済額は最低返済額であるため、お金に余裕があれば、追加で返すのは全く問題ありません。

月々の返済金額にプラスして繰り上げ返済を行うのはいつでもできます。

ボーナスや臨時収入をうまく使って、早めに返済できると嬉しいですよね。

アコムの返済日

返済日

次に、アコムで借りたお金の返済日について見ていきましょう。

アコムの返済日の決め方は下記の3通りがあります。

  1. 35日ごと
  2. 毎月指定日
  3. 毎月6日

「35日ごと」の場合、返済日は前回返済日翌日から35日目となります。

例えば、10日早い25日目に返済した場合でも、次回返済日は「25日目の翌日から35日後」と繰り上がります。

「毎月指定日」は、利用者が希望した指定日を選択できます。

「毎月6日」は、口座振替を選択した場合の返済日です。

借入れ残高と返済額の確認方法

アコムからの借入残高、次回返済期日、返済額などの確認は、会員ページやアコムへの電話で確認できます。

スマホから会員ページにログインさえすれば、いつでもどこでも確認できるのが便利ですよね。

返済日を忘れがちな人は便利なeメールサービスを利用しよう

アコムでは、返済日をメールで通知してくれる便利な「eメールサービス」があります。

eメールサービスの通知日

  • 返済期日の3日前
  • 返済期日の当日
  • 返済期日経過後

eメールサービスに登録すると、これらの日にメールが送られてきます。これで返済日を忘れる心配はありません。

アコムの会員ページから簡単にeメールサービスに登録することができます。

返済日を変える方法

アコムならば返済日を自由に変えることができます。

『35日ごとの返済から毎月指定日の返済に返済日を変更したい』
『毎月の返済日を変更したい』

返済中であってもアコムなら対応可能です。

返済期日の変更は自動契約機(むじんくん)、電話、店頭窓口でできます。

なお、一時的に返済日の延期をしてもらうこともできますが、遅延損害金が発生してしまうので注意が必要です。

例えば、5月20日から5月30日に返済日を変更しても、5月30日の返済日には、5月21日~30日の10日分の遅延損害金を支払わなければなりません。

\ 最大30日間ただでお金が借りれる!! /

アコムで返済総額を減らす方法

アコム返済総額を減らす方法

アコムでは、通常金利(実質年率)が18.0%つくので、何もしないと利息が膨れ上がり、合計返済金額が増えていくばかりです。

ここでは、返済総額を少しでも減らす方法をご紹介しましょう。

無利息期間を有効活用する

アコムでは、30日間金利0円サービスを利用できます。

『アコムを利用するのが初めての方』『返済日として「35日ごと返済」を選択』という条件がありますが、約1カ月間利息が一切つかないのが嬉しいですよね。

この期間を有効活用して、お金を集めて、なるべく早く返せるようにしていきましょう。

返済日を毎月指定日に変更する

アコムでは、返済日を『毎月指定日』か『35日ごと』で選べます。

30日間金利0円サービスを適用するために『35日ごと』を選んでいる方も多いかと思いますが、利息を減らすために返済日を『毎月指定日』に変更して下さい。

次回の返済日までの間隔が短いため、毎月指定日の方が利息が少なくなります。

また、『35日ごと』だと返済日が分かりづらいため、ついつい延滞してしまう場合もあります。

無利息期間が終わったら、必ず『毎月指定日』に変更しましょう。

追加返済・一括返済を行う

手持ちのお金に余裕がある方は、追加返済や一括返済を行いましょう。

追加で返済した分、返済金額・返済期間が短くなり、利息を抑えることができます。

さらに出来れば、一括返済まで行えると良いですね。

少しでも早く返して、返済総額を減らせると生活が楽になりますよ。

まとめ

ヒロ
アコムの返済金額は10万円借りた場合で3,000円から。

さらにアコムを初めて利用する方ならば、最大30日間は利息が付かず、無料でお金を借りることができるのです。

アコムの返済方法は、下記の6通り用意しており、利用者のライフスタイルに合わせて選べます。

  • インタネット
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • アコム店頭窓口
  • 銀行振込
  • 口座振替

月々の返済額は負担感がなく、便利な返済方法を用意しているのがアコムの魅力です。

手持ちのお金がなくて、支払いに困った場合にはアコムを利用するのがおすすめですよ。

\ 最大30日間ただでお金が借りれる!! /