アイフルから届く郵便物とアイフルでばれないための郵便物への対処法

アイフルの郵便物

アイフルを利用している方は家族や職場に利用していることをバレたくないですよね?

どうしてもお金がないときにだけ秘密裏に利用して、給料や臨時収入でスマートに返す、そんな使い方が良いですよね。

しかし、ときにはばれてしまうことがあります。ばれる原因の大多数が『アイフルから届く郵便物』です。

そこで今回は、家族や職場にばれないための『アイフルから届く郵便物への対処法』を徹底的に解説します。

アイフルから届く郵便物とは?

アイフルから届く郵便物の全て

まずは、アイフルから届く郵便物の全種類について説明をします。

1.契約書類

アイフルに申し込んで審査に通り、契約が完了した場合、発行される契約書類の一式です。

法律で利用者に渡すことが義務づけられています。

自動契約機(契約ルーム)や店頭で契約した場合は、その場で契約書類が発行されます。

一方、インターネットで申し込みを行い、そのままネット上で契約手続きまでWEB完結で行った場合、契約完了後に契約書類が自宅宛に送られてきます。

2.ローンカード

ATMでお金を借りるときに必要なのがローンカード。

こちらも契約書類と同様に、自動契約機(契約ルーム)や店頭で契約した場合は、その場で発行されますが、インターネットで申し込みから契約まで行った場合は、契約完了後に郵送されてきます。

ローンカードが郵送されるのは、契約完了後の最短翌日で、契約書類と同じタイミングで自宅に送られてきます。

3.利用明細書

お金を借りたとき、返済したときにアイフルが発行する明細書です。

借入金額、残高などが記載されており、法律で発行が義務付けられています。

通常、カードを利用してATMで引き落とした場合は、利用明細書はその場で発行されます。

しかし、お金を振り込んでもらうときはその場で利用明細書が発行できないので、後日利用明細書が郵送されてきます。

一か月分が毎月決まった日付に郵送されてきます。

4.督促状

督促状は返済が遅れているときに送られてくる返済を促すお手紙です。

しかし、1日や2日の返済の遅れでは送られては来ません。

延滞が2~3週間にもわたると送られてくるものです。

まずは電話で何回か支払い催促のやり取りがあったうえで、それでも払えない場合に限り督促状が送られてきます。

延滞しない限りは送られてこないので、そこまで気にしなくて良いでしょう。

5.その他

その他の郵便物としては、利用者が依頼したときに送られてくる書類やアイフルが必要と判断したときに送られる書類があります。

例えば、アイフルを解約したときに、利用者が請求すれば届く『解約証明書』、カードを紛失・再発行をお願いしたときに届く『ローンカード』です。

その他の郵便物は利用者側から依頼しない限り、滅多に届くことはありませんし、届く前には必ずアイフルから連絡が来ますので、そこまで気にする必要はないでしょう。

アイフルの郵送物の差出人名は?一見してばれる可能性はある?

アイフルの郵送物の差出人名

差出人名は個人名もしくは「AIセンター」

アイフルからの郵便物は「アイフル」の差出人名ではなく、「AIセンター」(AIはアイフルのこと)もしくはアイフル担当者の個人名の差出人名で送られてきます。

プライバシーに考慮して、アイフルからの郵便物と分からないようになっています。

初めて見た人は、中を開けない限りはアイフルと分からないでしょう。

ただし、過去にアイフルでお金を借りたことのある人に見られた場合はばれてしまう可能性もあります。

ローンカードと契約書類は本人限定受取

アイフルからの郵便物で、特にみられて困るものはローンカードと契約書類です。

カードや書類を見れば一見してアイフルを利用していることがばれてしまうでしょう。

しかし、ローンカードと契約書類に関しては「本人限定受取郵便」で送られてきます。

必ず本人が顔写真入りの本人確認書類を提示しないと受け取ることができない郵便です。

家族が受け取ろうとしても配達員から断られますので、ばれることがないです。

「配達時間えらべ~る」と言うサービスが便利

アイフルでは、本人限定受取郵便に加えて、「配達時間えらべ~る」と言うサービスを実施しています。

これは、ローンカードの配達時間を6つの時間帯から選ぶことができるというもの。

選べる時間は下記の通りです。

  • 9:00~12:00
  • 12:00~14:00
  • 14:00~16:00
  • 16:00~18:00
  • 18:00~20:00
  • 19:00~21:00

家族や同居人が不在の時、自分が確実に受け取れる時間帯を見計らって指定すれば、ばれるリスクはより少なくなります。

ばれないための『アイフルの郵便物をなくす方法』

アイフルの郵便物をなくす方法

いろいろと気をもむくらいならば、アイフルからの郵便物が来ないのがベストです。

実はアイフルからの郵便物はなくすことができるのです。

少し手間をかける必要がありますが、これでばれることもなくなります。

契約書類・ローンカードの郵送をなくす方法

契約書類とローンカードが自宅に郵送されるのは、「インターネット」で契約した場合です。
(※申込みをネットで行った場合ではなく、契約手続きをネットで行った場合です。審査通過後に契約方法を選べます。)

アイフルの契約方法は、インターネット以外に「契約ルーム(自動契約機)」「アイフル店舗」があります。

「契約ルーム(自動契約機)」、または、「アイフル店舗」で契約をすれば、その場でローンカードと契約書類が発行されるため、自宅に契約書類やローンカードが郵送されることはありません。

アイフル店舗は平日18時までですが、契約ルームは土日祝日を含めて22時まで営業しているため、最寄りの契約ルームに契約手続きを行うのが良いでしょう。

利用明細書の郵送をなくす方法

利用明細書の郵送をなくす方法は2種類あります。

  1. 利用明細書の郵送を停止するようにアイフルに依頼する
  2. 利用明細書が送られてこないような使い方をする

利用明細書の郵送を停止するようにアイフルに依頼する

アイフルの利用明細書は、アイフルに依頼すれば郵送を止めることができます。

契約時にアイフルから電話で送付希望を確認されることもありますし、こちらから電話することもできます。

いずれにせよ、利用明細書の郵送を希望しない旨を伝えるだけです。

ただし、利用明細書の郵送停止依頼をすると、以下の取引ができなってしまいます。

  1. 振込でのお金の借入れ
  2. 郵送での返済

注意したいのは、振込でのお金の借入れです。

利用明細書を停止することで、自分の口座に振り込んでもらうことが出来なくなりますので、コンビニなどのATMやアイフルのATMなどへ行ってお金を借りる必要があります。

ちょっと不便になりますが、ばれないためには仕方ないことですね。

利用明細書が送られてこないような使い方をする

通常、ATMでお金を借りた場合などは利用明細書はその場で発行されます。

利用明細書が郵送されるのは、その場で利用明細書が発行できないような取引を行った場合のみです。

アイフルで利用明細書が送られてくるのは、下記のような利用方法をした場合のみです。

  1. 振込でお金を借りた場合
  2. 口座引き落としによる返済
  3. 郵送による返済

郵送による返済は滅多に使わないでしょうから、振込でお金を借りたり、口座引き落としによる返済をしなければ、利用明細書は送られることがありません。

毎回ATMで借入れ・返済を行えば、利用明細書はその場で発行されるので郵送されず、ばれる危険性はなくなります。

督促状の郵送をなくす方法

延滞をしてもすぐに督促状が届くわけではありません。

  1. 本人にメールや携帯電話に督促の電話がある
  2. 自宅や勤務先に督促の電話がある
  3. 自宅に督促状が届く

以上のように督促状が送られてくるまでには十分な猶予があるため、督促状が届く前に返済をすれば督促状が送られてくることはないでしょう。

なお、督促状は一見して督促状と分からないような配慮をしてくれています。

が、家族や同居人に中身を空けられてしまうこともあるので、延滞をしている場合には自身で受け取るような対応が必要です。

まとめ

アイフルから届く郵便物は下記の5種類です。

  1. 契約書類
  2. カード
  3. 利用明細書
  4. 督促状
  5. その他(利用者が請求した書類など。ほとんどない)

いずれの郵便物も簡単に止めることができます。

ただし、利用明細書に関しては郵便物を届かないようにすると、振込などで取引に制限が出てしまいますので注意が必要です。

アイフルはプライバシーに考慮した消費者金融ですので、絶対にバレたくない人にとっても安心して利用できるカードローンですね。

お金に困ったら、本記事を参考にアイフルを利用してみてはいかがでしょうか?