電話一本でOK!アイフルの解約方法を簡単に紹介

アイフル解約

アイフルにお世話になったけどもう必要ない、そんな人はいませんか?

返済後もそのうち使うかもしれないからと、そのままにしている人もいるでしょう。

しかし、アイフルをしばらく利用していないなら解約をすべきです。

解約をしないと、今後住宅ローンやマイカーローンのお世話になるときに、審査が通らなくなるかもしれません。

今回は、アイフルの解約方法と解約のメリット、解約時に良くある質問を紹介します。

アイフルの解約方法

アイフル解約

では、アイフルを解約したい場合、どのような手続きをとればいいのでしょうか。

アイフルのホームページを見ても、解約に関する記載は一切ありません。

実は、アイフルの解約手続きは下記の通りなのです。

基本的には電話一本でアイフルの解約が完了します。

  1. アイフルに解約を申し出る
  2. 契約書を返却or破棄してもらう
  3. カードを処分する
  4. 解約証明書を発行してもらう

ここでは、ホームページには記載されていないアイフルの解約の流れや解約のメリット、解約時の疑問などを詳細にお伝えします。

1.アイフルに解約を申し出る

まずは、こちらからアイフルに対して解約の申し出を行ないましょう。

解約方法は『アイフル店舗』『電話』のいずれかです。

自動契約機やアイフルATM、インターネットの会員ページからは解約できません。

アイフル店舗で解約する

アイフル店舗で、解約をする際には、アイフルのカード、印鑑、身分証明書が必要です。

混んでいなければ、10分程度で手続きは完了します。

なお、アイフル店舗の営業時間は平日の10時~18時で、土日祝日は営業していないので注意しましょう。

電話で解約する

電話の場合には、会員専用ダイヤルに電話をしましょう。

【アイフル会員専用ダイヤル】

0570-000-417

電話の場合は、会員番号または名前、生年月日を伝えて本人確認をした上で、解約希望の旨を伝えれば大丈夫です。

会員専用ダイヤルの受付時間は平日9時~18時です。

意外と短いので注意が必要です。

2.契約書を返却or破棄してもらう

アイフル店舗、または電話で解約を申し出たときに、アイフル側から申し込み時に作成した契約書をどうするか聞かれます。

契約書は過払い金の懸念がある方以外は、もう用がないものです。

返却してもらう場合は、アイフル店舗に受け取りに行くか郵送してもらう必要があります。

特に必要がなければ、アイフルに破棄するようにお願いできます。

家族や同居人にバレるのが嫌な人はアイフル側に破棄してもらうようにお願いしましょう。

なお、WEB上で申し込みから契約まで全て行った場合(WEB完結)は、紙の契約書がないため、契約書の取り扱いについては聞かれません。

契約ルームやアイフル店舗で契約した場合にのみ契約書を返却or破棄してもらいます。

3.カードを処分する

アイフル解約後はカードを使用することが出来ません。

悪用されたり、家族や同居人にばれないためにも、処分しましょう。

磁気部分をはさみで切ってゴミ箱に捨ててください。

4.解約証明書を発行してもらう

アイフルのお金を他社のおまとめローンで完済した場合。おまとめローンの会社から「解約証明書」を提出するよう求められることがあります。

必要な方は、解約の電話をする際に解約証明書を発行してもらうように依頼しましょう。

最寄りのアイフル店舗で受け取るか、自宅に郵送するかどちらかを選べます。

アイフルを解約するメリットとは

アイフル解約のメリット

住宅ローンやマイカーローンが借りやすくなる

『別にアイフルとの契約が残っていてもいいじゃないか』と考える人もいるでしょう。

しかし、今後他のローンを申し込む際に、使っていないアイフルとの契約が思わぬ障害となる可能性があります。

その際にアイフルとの契約が残っていると、住宅ローンやマイカーローンの審査に通らなくなります

教育ローンやブライダルローンも同様です。

アイフルを解約すれば、カードローンが原因で各種ローンの審査に通らなくなることはないでしょう。

他社のカードローンが借りやすくなる

再度お金に困ったときに、他の消費者金融でお金を借りようと申し込んでも、アイフルの契約が残っているせいで、審査落ちになってしまう可能性があります。

契約が残っていると、総量規制(年収の3分の1までしか借りられない決まり)に引っ掛かるためです。

例えばアイフルの限度額が100万円あれば、残高が0円であっても、総量規制では100万円借りているとみなします。

年収が300万円の人はアイフルだけで総量規制の枠が埋まってしまうのでもう借りることが出来ずに審査に落ちるのです。

アイフルを解約すれば、アイフルが原因で審査落ちすることがなくなり安心です。

お金に困ったときにカードローンに頼らなくなる

お金に困ったときに手元にローン用のカードがあると、つい使ってしまいがちです。

解約すれば、もうカードは使えないため、安易にカードローンに頼ることはなくなります。

『もう使わない!』と心に決めた人は解約した方が良いでしょう。

アイフル解約時に良くある質問

解約時の良くある質問

解約後に再契約は出来る?手続きは?

アイフルを解約した後、もう1度再契約をすることが可能です。

基本的な手続きは新規申し込みと同じで審査も行いますが、審査に関しては一部簡略化して行います。

前回申し込み時と状況が変わらなければ、審査に落ちることはないでしょう。

ただし、解約後に仕事が変わった、結婚した、引っ越ししたなど状況が変化した場合には、正直に申告して審査を受けましょう。

誰でも解約後に再契約できるの?

再契約時は再度審査を行うので審査に落ちる可能性があります。

特に下記に該当する場合は解約後に再契約できません。

  • 延滞、債務整理などの金融事故を起こした方
  • 解約は解約でも『強制解約』された方
  • アイフルに過払い金請求を起こした方

解約証明書って何?

解約証明書はアイフルを解約したことを証明する書類です。

おまとめローンや住宅ローン、マイカーローンなどの契約時にアイフルを解約した証明として提出を求められることがあります。

アイフルの会員専用ダイヤルに電話すればいつでも発行できますので、解約時にもらわなくても問題はありません。

完済しないと解約できないの?

「完済=解約」ではありませんが、完済は解約の必須条件です。

全額返済しないと、アイフルは解約できません。

使わなかったら、アイフル側で勝手に解約してくれる?

アイフルでは、完済後に5年間取引がないと自動的に解約となります。

会員規約にもその旨が記載されています。

まとめ

アイフルを解約するためには『アイフル店舗への来店』もしくは『会員専用ダイヤルへの電話』です。

どちらか好きな方で解約してください。

解約と言うといろいろ面倒な手続きがあるかと思いきや、電話一本で済んでしまいます。

仮に解約をしても、アイフルと再契約できますので、安心してください。

なお、アイフルでのご利用を検討されている方は、下記の記事をご参考にしてください。

カードローン初心者にも優しい!アイフルの特徴と申し込み方法

2017.09.20